Provider プロパティ (ADO)Provider Property (ADO)

プロバイダーの名前を示します、接続オブジェクト。Indicates the name of the provider for a Connection object.

設定と戻り値Settings and Return Values

設定または取得を文字列プロバイダー名を示す値。Sets or returns a String value that indicates the provider name.

コメントRemarks

使用して、プロバイダープロパティを設定または接続プロバイダーの名前を取得します。Use the Provider property to set or return the name of the provider for a connection. 内容でこのプロパティを設定することできますも、 ConnectionStringプロパティまたはConnectionStringの引数、開くメソッドですただし、プロバイダーを指定します。呼び出し中に複数の場所で、開くメソッドは、予期しない結果を持つことができます。This property can also be set by the contents of the ConnectionString property or the ConnectionString argument of the Open method; however, specifying a provider in more than one place while calling the Open method can have unpredictable results. Msdasql プロパティが既定プロバイダーが指定されていない場合 (Microsoft OLE DB Provider for ODBC)。If no provider is specified, the property will default to MSDASQL (Microsoft OLE DB Provider for ODBC).

プロバイダープロパティは、開いているときに、接続が閉じており、読み取り専用と読み取り/書き込みです。The Provider property is read/write when the connection is closed and read-only when it is open. 設定が反映されませんするまで開くか、接続オブジェクトまたはアクセス、プロパティのコレクション、接続オブジェクト。The setting does not take effect until you either open the Connection object or access the Properties collection of the Connection object. 設定が有効でない場合は、エラーが発生します。If the setting is not valid, an error occurs.

適用対象Applies To

Connection オブジェクト (ADO)Connection Object (ADO)

参照See Also

Provider および DefaultDatabase プロパティの例 (VB) Provider and DefaultDatabase Properties Example (VB)
Provider および DefaultDatabase プロパティの例 (VB) Provider and DefaultDatabase Properties Example (VB)
Microsoft OLE DB Provider for ODBC Microsoft OLE DB Provider for ODBC
付録 A: プロバイダーAppendix A: Providers