Refresh メソッド (ADO)

コレクション内のオブジェクトを更新して、プロバイダーから使用できるオブジェクトと、プロバイダーに固有のオブジェクトを反映します。

構文

  
collection.Refresh  

解説

Refresh メソッド は、呼び出すコレクションに応じて異なるタスクを実行します。

パラメーター

Command オブジェクトの Parameters コレクションで Refresh メソッドを使用すると 、Commandオブジェクトで指定されたストアド プロシージャまたはパラメーター化されたクエリのプロバイダー側パラメーター情報が 取得 されます。 ストアド プロシージャ呼び出しまたはパラメーター化されたクエリをサポートしていないプロバイダーのコレクションは空になります。

Refresh メソッドを呼び出す前に 、Command オブジェクトの ActiveConnectionプロパティを有効な Connection オブジェクト 、CommandTextプロパティを有効なコマンド 、CommandTypeプロパティを adCmdStoredProc に設定する 必要 があります。

Refresh メソッドを呼び 出す 前に Parameters コレクションにアクセスすると、ADO によってメソッドが自動的に呼び出され、コレクションが自動的に設定されます。

注意

Refresh メソッドを使用してプロバイダーからパラメーター情報を取得し、1 つ以上の可変長データ型 Parameterオブジェクトを返す場合、ADO は、潜在的な最大サイズに基づいてパラメーターにメモリを割り当て、実行中にエラーが発生する可能性があります。 エラーを防ぐために Execute メソッドを呼 出す前に、これらのパラメーターの Size プロパティを明示的に設定する必要があります。

フィールド

Fields コレクション で Refresh メソッドを 使用 した場合、表示される効果はありません。 基になるデータベース構造から変更を取得するには 、Requery メソッドを使用するか 、Recordset オブジェクトがブックマークをサポートしていない場合は MoveFirst メソッドを使用する必要があります。

Properties

一部の オブジェクトの Properties コレクションで Refresh メソッドを使用すると、プロバイダーが公開する動的プロパティをコレクションに設定します。 これらのプロパティは、ADO がサポートする組み込みのプロパティを超えて、プロバイダーに固有の機能に関する情報を提供します。

適用対象

参照

Refresh メソッドの例 (VB)
Refresh メソッドの例 (VC++)
Count プロパティ (ADO)
Refresh メソッド (RDS)