Resync メソッドResync Method

現在のデータを更新しますレコード セットオブジェクト、またはフィールドのコレクションをレコード基になるデータベースからのオブジェクト。Refreshes the data in the current Recordset object, or Fields collection of a Record object, from the underlying database.

構文Syntax

  
Recordset.Resync AffectRecords, ResyncValues Record.Fields.Resync ResyncValues  

パラメーターParameters

AffectRecordsAffectRecords
任意。Optional. AffectEnumレコードの数を決定する値、再同期メソッドに影響されます。An AffectEnum value that determines how many records the Resync method will affect. 既定値はadAffectAllします。The default value is adAffectAll. この値で使用できますが、再同期のメソッド、フィールドのコレクションをレコードオブジェクト。This value is not available with the Resync method of the Fields collection of a Record object.

ResyncValuesResyncValues
任意。Optional. A ResyncEnum基になる値を上書きするかどうかを指定する値。A ResyncEnum value that specifies whether underlying values are overwritten. 既定値はadResyncAllValuesします。The default value is adResyncAllValues.

コメントRemarks

レコードセットRecordset

使用して、再同期メソッド、現在のレコードを再同期をレコード セットを基になるデータベース。Use the Resync method to resynchronize records in the current Recordset with the underlying database. これは、機能は、基になるデータベースのすべての変更を表示するか、静的または順方向専用カーソルを使用している場合に便利です。This is useful if you are using either a static or forward-only cursor, but you want to see any changes in the underlying database.

設定した場合、 CursorLocationプロパティをadUseClient再同期でのみ使用読み取り専用でないレコード セットオブジェクト。If you set the CursorLocation property to adUseClient, Resync is only available for non-read-only Recordset objects.

異なり、 Requeryメソッド、再同期メソッドは再実行されません、 Recordsetオブジェクトには、コマンドの基になります。Unlike the Requery method, the Resync method does not re-execute the Recordset object's underlying command. 基になるデータベース内の新しいレコードには表示されません。New records in the underlying database will not be visible.

基になるデータの競合があるため、再同期の試行が失敗したかどうか (たとえば、レコードが削除された他のユーザーによって)、プロバイダーに警告を返し、エラーコレクションと、実行時エラーが発生します。If the attempt to resynchronize fails because of a conflict with the underlying data (for example, a record has been deleted by another user), the provider returns warnings to the Errors collection and a run-time error occurs. 使用して、フィルタープロパティ (競合) および状態が競合しているレコードを検索するプロパティ。Use the Filter property (adFilterConflictingRecords) and the Status property to locate records with conflicts.

場合、一意テーブルResync Command動的プロパティが設定されて、レコード セット 、複数のテーブルに対して結合操作の実行の結果を示します。再同期メソッドがで指定されたコマンドを実行、 Resync Commandプロパティで指定したテーブルでのみ、一意テーブルプロパティ。If the Unique Table and Resync Command dynamic properties are set, and the Recordset is the result of executing a JOIN operation on multiple tables, then the Resync method will execute the command given in the Resync Command property only on the table named in the Unique Table property.

フィールドFields

使用して、再同期の値を再同期するメソッド、フィールドのコレクションをレコード基になるデータ ソースを持つオブジェクト。Use the Resync method to resynchronize the values of the Fields collection of a Record object with the underlying data source. カウントプロパティがこのメソッドによって影響を受けません。The Count property is not affected by this method.

場合ResyncValuesに設定されているadResyncAllValues (既定値)、 UnderlyingValue、およびOriginalValueプロパティのフィールドコレクション内のオブジェクトが同期されます。If ResyncValues is set to adResyncAllValues (the default value), the UnderlyingValue, Value, and OriginalValue properties of Field objects in the collection are synchronized. 場合ResyncValuesに設定されている処理、のみ、 UnderlyingValueプロパティが同期されています。If ResyncValues is set to adResyncUnderlyingValues, only the UnderlyingValue property is synchronized.

値、状態プロパティごとにフィールドの呼び出し時にオブジェクトの動作にも影響再同期します。The value of the Status property for each Field object at the time of the call also affects the behavior of Resync. フィールドを持つオブジェクト状態adFieldPendingUnknownまたはadFieldPendingInsert再同期も何も起こりません。For Field objects that have Status values of adFieldPendingUnknown or adFieldPendingInsert, Resync has no effect. 状態の値adFieldPendingChangeまたはadFieldPendingDelete再同期フィールドの値のデータを同期します。データ ソースに存在します。For Status values of adFieldPendingChange or adFieldPendingDelete, Resync synchronizes data values for fields that still exist at the data source.

再同期は変更されません状態の値フィールドエラーが発生しない限り、オブジェクトと再同期が呼び出されます。Resync will not modify Status values of Field objects unless an error occurs when Resync is called. たとえば、フィールドが存在しない場合、プロバイダーが返されます、適切な状態値、フィールドなどオブジェクトadFieldDoesNotExistします。For example, if the field no longer exists, the provider will return an appropriate Status value for the Field object, such as adFieldDoesNotExist. 返される状態内の値、値を論理的に結合できます、状態プロパティ。Returned Status values can be logically combined within the value of the Status property.

適用対象Applies To

Fields コレクション (ADO)Fields Collection (ADO) Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)

参照See Also

Resync メソッドの例 (VB) Resync Method Example (VB)
Resync メソッドの例 (vc++) Resync Method Example (VC++)
Clear メソッド (ADO) Clear Method (ADO)
UnderlyingValue プロパティUnderlyingValue Property