Save メソッドSave Method

保存、レコード セットファイルまたはStreamオブジェクト。Saves the Recordset in a file or Stream object.

構文Syntax

  
recordset.Save Destination, PersistFormat  

パラメーターParameters

Destination (公開先)Destination
任意。Optional. Aバリアントファイルの完全なパス名を表す場所、 Recordsetを保存するまたはへの参照、 Streamオブジェクト。A Variant that represents the complete path name of the file where the Recordset is to be saved, or a reference to a Stream object.

PersistFormatPersistFormat
任意。Optional. A PersistFormatEnum形式を指定する値、 Recordset (XML または adtg 形式) に保存します。A PersistFormatEnum value that specifies the format in which the Recordset is to be saved (XML or ADTG). 既定値はadPersistADTGします。The default value is adPersistADTG.

コメントRemarks

Save メソッドメソッドは、オープンでのみ呼び出すことRecordsetします。The Save Method method can only be invoked on an open Recordset. 使用して、 Open メソッド (ADO Recordset)後で復元する方法、レコード セットからします。Use the Open Method (ADO Recordset) method to later restore the Recordset from Destination.

場合、フィルター プロパティプロパティはに対して有効で、レコード セットフィルターでアクセス可能な行のみが保存されます。If the Filter Property property is in effect for the Recordset, then only the rows accessible under the filter are saved. 場合、レコード セットは階層構造を持つ現在の子、レコード セットと親を含む、その子が保存レコード セットします。If the Recordset is hierarchical, then the current child Recordset and its children are saved, including the parent Recordset. 場合、子の Save メソッドレコード セットは子とそのすべての子を保存すると、呼び出されるが、親はありません。If the Save method of a child Recordset is called, the child and all its children are saved, but the parent is not.

初めて保存するとき、レコード セットを指定する省略可能します。The first time you save the Recordset, it is optional to specify Destination. 省略した場合の Source プロパティの値に設定の名前を持つ新しいファイルを作成するが、レコード セットIf you omit Destination, a new file will be created with a name set to the value of the Source property of the Recordset.

省略関数を呼び出すと保存後、最初の保存または実行時エラーが発生します。Omit Destination when you subsequently call Save after the first save, or a run-time error will occur. 後で呼び出す場合保存を新しいレコード セット新しい変換先に保存されます。If you subsequently call Save with a new Destination, the Recordset is saved to the new destination. ただし、新しい変換先および元の送信先両方開かれます。However, the new destination and the original destination will both be open.

保存が閉じない、レコード セットまたはで作業を続行することができますので、レコード セットして最新の変更を保存します。Save does not close the Recordset or Destination, so you can continue to work with the Recordset and save your most recent changes. 移行先されるまで開いたまま、 Recordsetが閉じられました。Destination remains open until the Recordset is closed.

セキュリティ上の理由から、保存メソッドは、Microsoft Internet Explorer によって実行されるスクリプトから低、カスタムのセキュリティ設定の使用のみを許可します。For reasons of security, the Save method permits only the use of low and custom security settings from a script executed by Microsoft Internet Explorer.

場合、保存中に、非同期メソッドが呼び出されるレコード セットフェッチ、実行、または更新し、操作が進行中は保存まで非同期の操作の待機完了しました。If the Save method is called while an asynchronous Recordset fetch, execute, or update operation is in progress, then Save waits until the asynchronous operation is complete.

最初の行で始まるレコードの保存、 Recordsetします。Records are saved beginning with the first row of the Recordset. ときに、保存メソッドが終了したらの最初の行に現在の行位置を移動、レコード セットします。When the Save method is finished, the current row position is moved to the first row of the Recordset.

最適な結果を設定、 CursorLocation プロパティ (ADO)プロパティをadUseClient保存します。For best results, set the CursorLocation Property (ADO) property to adUseClient with Save. かどうか、プロバイダーがサポートしないすべての機能を保存するために必要なレコード セットオブジェクトの場合、カーソル サービスが機能を提供します。If your provider does not support all of the functionality necessary to save Recordset objects, the Cursor Service will provide that functionality.

ときに、レコード セットに保存されて、 CursorLocationプロパティに設定adUseServer、更新プログラムの機能、 Recordsetは制限されています。When a Recordset is persisted with the CursorLocation property set to adUseServer, the update capability for the Recordset is limited. 通常、のみ単一テーブルの更新、挿入、および削除が (プロバイダーの機能に依存する) を使用できます。Typically, only single-table updates, insertions, and deletions are allowed (dependant upon provider functionality). メソッドの再同期メソッドもこの構成では使用できません。The Resync Method method is also unavailable in this configuration.

注意

保存、レコード セットフィールド型のadVariant追加、またはしようとするはADO でサポートされずに、予期しない結果が発生することができます。Saving a Recordset with Fields of type adVariant, adIDispatch, or adIUnknown is not supported by ADO and can cause unpredictable results.

のみがフィルター条件文字列の形式で (例: OrderDate > ' 12/31/1999 ')、永続化の内容に影響を与えるレコード セットします。Only Filters in the form of Criteria Strings (e.g. OrderDate > '12/31/1999') affect the contents of a persisted Recordset. 配列が作成されたフィルターブックマークまたはからの値を使用して、 FilterGroupEnum 、永続化の内容には影響しませんRecordsetします。Filters created with an Array of Bookmarks or using a value from the FilterGroupEnum will not affect the contents of the persisted Recordset. これらの規則を適用するRecordsetクライアント側またはサーバー側のカーソルで作成されました。These rules apply to Recordsets created with either client-side or server-side cursors.

パラメーターは、OLE DB IStream インターフェイスをサポートする任意のオブジェクトを受け入れることができます、保存することができます、レコード セットASP 応答オブジェクトに直接します。Because the Destination parameter can accept any object that supports the OLE DB IStream interface, you can save a Recordset directly to the ASP Response object. 詳細についてを参照してください、 XML レコード セットの保持シナ リオします。For more details, please see the XML Recordset Persistence Scenario.

保存することも、 Recordset MSXML の DOM オブジェクトのインスタンスには、XML の形式で次の Visual Basic コードに示すようには。You can also save a Recordset in XML format to an instance of an MSXML DOM object, as is shown in the following Visual Basic code:

Dim xDOM As New MSXML.DOMDocument  
Dim rsXML As New ADODB.Recordset  
Dim sSQL As String, sConn As String  
  
sSQL = "SELECT customerid, companyname, contactname FROM customers"  
sConn="Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=Northwind.mdb"  
rsXML.Open sSQL, sConn  
rsXML.Save xDOM, adPersistXML   'Save Recordset directly into a DOM tree.  
...  

注意

階層レコード セット (データ図形) を XML 形式で保存するときに、2 つの制限が適用されます。Two limitations apply when saving hierarchical Recordsets (data shapes) in XML format. 場合は、XML に保存することはできません、階層レコード セット保留中の更新プログラムが含まれています。 パラメーター化されたを保存することはできませんと階層レコード セットします。You cannot save into XML if the hierarchical Recordset contains pending updates, and you cannot save a parameterized hierarchical Recordset.

A Recordset保存 utf-8 形式を使用して XML の形式が保存されます。A Recordset saved in XML format is saved using UTF-8 format. このようなファイルが、ADO Stream に読み込まれると、Stream オブジェクトが開こうとしていない、レコード セットストリームからストリームの文字セット プロパティが utf-8 形式の適切な値に設定されていない限り。When such a file is loaded into an ADO Stream, the Stream object will not attempt to open a Recordset from the stream unless the Charset property of the stream is set to the appropriate value for UTF-8 format.

適用対象Applies To

Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO) Stream オブジェクト (ADO)Stream Object (ADO)

関連項目See Also

Save および Open メソッドの例 (VB) Save and Open Methods Example (VB)
保存および開く方法の例 (vc++) Save and Open Methods Example (VC++)
Open メソッド (ADO Recordset) Open Method (ADO Recordset)
Open メソッド (ADO Stream) Open Method (ADO Stream)
SaveToFile メソッドSaveToFile Method