Stream オブジェクト (ADO)Stream Object (ADO)

バイナリ データまたはテキストのストリームを表します。Represents a stream of binary data or text.

ファイル システムや、電子メール システムなどのツリー構造の階層で、レコードファイルや電子メールの内容を含む既定のバイナリ関連付けられているビット ストリームがあります。In tree-structured hierarchies such as a file system or an e-mail system, a Record may have a default binary stream of bits associated with it that contains the contents of the file or the e-mail. A Streamオブジェクトは、これらのデータ ストリームを含むフィールドやレコードを操作するために使用できます。A Stream object can be used to manipulate fields or records containing these streams of data. A Streamオブジェクトは、次の方法で取得できます。A Stream object can be obtained in these ways:

  • バイナリまたはテキスト データを格納しているオブジェクト (通常はファイル) を指す URL。From a URL pointing to an object (typically a file) containing binary or text data. このオブジェクトは、単純なドキュメント、レコード構造のドキュメントまたはフォルダーを表すオブジェクト。This object can be a simple document, a Record object representing a structured document, or a folder.

  • 既定値を開いてStreamオブジェクトに関連付けられている、レコードオブジェクト。By opening the default Stream object associated with a Record object. 関連付けられている既定のストリームを取得することができます、レコードオブジェクトと、レコードストリームを開くだけへのラウンドト リップの排除を開きます。You can obtain the default stream associated with a Record object when the Record is opened, to eliminate a round-trip just to open the stream.

  • インスタンス化して、 Streamオブジェクト。By instantiating a Stream object. これらStreamアプリケーションの目的でデータを格納するオブジェクトを使用できます。These Stream objects can be used to store data for the purposes of your application. 異なり、 Stream URL、または既定値に関連付けられているStreamレコード、インスタンス化されたStreamとの関連付けを持たない、既定では基になるソース。Unlike a Stream associated with a URL, or the default Stream of a Record, an instantiated Stream has no association with an underlying source by default.

メソッドとプロパティの使用、 Streamオブジェクトを次を行うことができます。With the methods and properties of a Stream object, you can do the following:

  • 開く、 Streamオブジェクトから、レコードまたは URL をオープンメソッド。Open a Stream object from a Record or URL with the Open method.

  • 閉じる、 Streamで、閉じるメソッド。Close a Stream with the Close method.

  • 入力バイトまたはテキストをStreamで、書き込みWriteTextメソッド。Input bytes or text to a Stream with the Write and WriteText methods.

  • バイトを読み取り、 Streamで、読み取りReadTextメソッド。Read bytes from the Stream with the Read and ReadText methods.

  • いずれかを記述Stream 、ADO ではまだデータ バッファーを基になるオブジェクトへ、フラッシュメソッド。Write any Stream data still in the ADO buffer to the underlying object with the Flush method.

  • 内容をコピー、 StreamStreamで、 CopyToメソッド。Copy the contents of a Stream to another Stream with the CopyTo method.

  • ソース ファイルから行を読み取る方法を制御、 SkipLineメソッドとLineSeparatorプロパティ。Control how lines are read from the source file with the SkipLinemethod and the LineSeparator property.

  • ストリームの位置での最後の判断、 EOSプロパティとSetEOSメソッド。Determine the end of stream position with the EOSproperty and SetEOS method.

  • 保存し、ファイル内のデータの復元、 SaveToFileLoadFromFileメソッド。Save and restore data in files with the SaveToFileand LoadFromFile methods.

  • 格納するために使用する文字セットの指定、 Streamで、 Charsetプロパティ。Specify the character set used for storing the Stream with the Charset property.

  • 非同期の中止Streamと操作、キャンセルメソッド。Halt an asynchronous Stream operation with the Cancel method.

  • 内のバイト数を決定するStreamで、サイズプロパティ。Determine the number of bytes in a Stream with the Size property.

  • 内の現在位置を制御するStreamで、位置プロパティ。Control the current position within a Stream with the Position property.

  • 内のデータの種類を決定するStreamで、プロパティ。Determine the type of data in a Stream with the Type property.

  • 現在の状態を判断、 Stream (閉じる、開くには、またはを実行する) で、状態プロパティ。Determine the current state of the Stream (closed, open, or executing) with the State property.

  • 指定のアクセス モード、 Streamで、モードプロパティ。Specify the access mode for the Stream with the Mode property.

注意

Http スキームを使用して Url が自動的に呼び出さ、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishingします。URLs using the http scheme will automatically invoke the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing. 詳細については、次を参照してください。絶対と相対 Urlします。For more information, see Absolute and Relative URLs.

Streamオブジェクトがスクリプトを実行します。The Stream object is safe for scripting.

このセクションでは、次のトピックを扱います。This section contains the following topics.

参照See Also

レコードとストリームRecords and Streams