UpdateBatch メソッドUpdateBatch Method

すべての保留中のバッチ更新プログラムをディスクに書き込みます。Writes all pending batch updates to disk.

構文Syntax

  
recordset.UpdateBatch AffectRecords, PreserveStatus  

パラメーターParameters

AffectRecordsAffectRecords
任意。Optional. AffectEnumレコードの数を示す値、 UpdateBatchメソッドに影響されます。An AffectEnum value that indicates how many records the UpdateBatch method will affect.

PreserveStatusPreserveStatus
任意。Optional. Aブールによって示されるローカルが変更されたかどうかを指定する値、状態プロパティをコミットする必要があります。A Boolean value that specifies whether or not local changes, as indicated by the Status property, should be committed. この値設定されている場合True状態更新が完了したら、各レコードのプロパティは変更されません。If this value is set to True, the Status property of each record remains unchanged after the update is completed.

コメントRemarks

使用して、 UpdateBatchメソッドを変更する場合、レコード セットで行われたすべての変更を送信するバッチ更新モードでのオブジェクトをレコード セット基になるデータベース オブジェクト。Use the UpdateBatch method when modifying a Recordset object in batch update mode to transmit all changes made in a Recordset object to the underlying database.

場合、 Recordsetオブジェクトは、バッチ更新をサポートしているを呼び出すまで、ローカルでは、1 つまたは複数のレコードに複数の変更をキャッシュすることができます、 UpdateBatchメソッド。If the Recordset object supports batch updating, you can cache multiple changes to one or more records locally until you call the UpdateBatch method. 現在のレコードを編集または呼び出すときに新しいレコードを追加する場合、 UpdateBatchメソッド、ADO の呼び出しが自動的に、 Updateメソッドの前に、現在のレコードに保留中の変更を保存するにはプロバイダーにバッチ処理された変更を送信します。If you are editing the current record or adding a new record when you call the UpdateBatch method, ADO will automatically call the Update method to save any pending changes to the current record before transmitting the batched changes to the provider. バッチ更新を keyset または static カーソルのみを使用する必要があります。You should use batch updating with either a keyset or static cursor only.

注意

指定するadAffectGroup 、現在のレコードの表示がない場合にエラーで、このパラメーターの値が結果としてRecordset (レコードが一致しないフィルター) など。Specifying adAffectGroup as the value for this parameter will result in an error when there are no visible records in the current Recordset (such as a filter for which no records match).

基になるデータとの競合またはすべてのレコードの変更の転送に失敗した場合 (たとえば、レコードが別のユーザーが既に削除されている場合)、プロバイダーに警告を返し、エラーコレクションと、実行時エラーが発生します。If the attempt to transmit changes fails for any or all records because of a conflict with the underlying data (for example, a record has already been deleted by another user), the provider returns warnings to the Errors collection and a run-time error occurs. 使用して、フィルタープロパティ (adFilterAffectedRecords) および状態が競合しているレコードを検索するプロパティ。Use the Filter property (adFilterAffectedRecords) and the Status property to locate records with conflicts.

バッチ更新保留中のすべてをキャンセルするには、使用、 CancelBatchメソッド。To cancel all pending batch updates, use the CancelBatch method.

場合、一意テーブルUpdate Resync動的プロパティが設定されて、レコード セットは複数のテーブルに対して結合操作を実行した結果、実行、 UpdateBatchメソッドが暗黙的に続けて、再同期の設定によって、メソッド、 Update Resyncプロパティ。If the Unique Table and Update Resync dynamic properties are set, and the Recordset is the result of executing a JOIN operation on multiple tables, then the execution of the UpdateBatch method is implicitly followed by the Resync method, depending on the settings of the Update Resync property.

データ ソースでのバッチの個々 の更新プログラムの実行順序は必ずしもそれらがローカルに実行された順序と同じRecordsetします。The order in which the individual updates of a batch are performed on the data source is not necessarily the same as the order in which they were performed on the local Recordset. 更新順序は、プロバイダーによって異なります。Update order is dependent upon the provider. するは、insert または update に対する外部キー制約など、相互に関連する更新プログラムをコーディングするときなど、考慮します。Take this into account when coding updates that are related to one another, such as foreign key constraints on an insert or update.

適用対象Applies To

Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)

関連項目See Also

UpdateBatch および CancelBatch メソッドの例 (VB) UpdateBatch and CancelBatch Methods Example (VB)
UpdateBatch および CancelBatch メソッドの例 (vc++) UpdateBatch and CancelBatch Methods Example (VC++)
CancelBatch メソッド (ADO) CancelBatch Method (ADO)
Clear メソッド (ADO) Clear Method (ADO)
LockType プロパティ (ADO) LockType Property (ADO)
Update メソッドUpdate Method