Value プロパティ (ADO)

Field、Parameter、またはProperty オブジェクトに割り当てられた値をします。

設定と戻り値

オブジェクトの値を 示す Variant 値を設定または返します。 既定値は Type プロパティ によって異 なります。

解説

Value プロパティ を使用 して 、Field オブジェクトのデータを設定または返したり 、Parameter オブジェクトを使用してパラメーター値を設定または返したり 、Property オブジェクトを使用してプロパティ設定を設定または返したりします。 Value プロパティが 読み取 り/書き込みか読み取り専用かは、さまざまな要因によって異なります。 詳細については、それぞれのオブジェクト トピックを参照してください。

ADO では 、Value プロパティを使用して長いバイナリ データを設定して返します。

注意

Parameter オブジェクトの 場合、ADO はプロバイダーから Value プロパティを 1 回だけ読み取ります。 Value プロパティが空の パラメーター がコマンドに含まれている場合、コマンドから レコードセットを作成する場合は 、Value プロパティを取得する前に、まず レコード セットを閉じてください。 そうしないと、プロバイダーによっては 、Value プロパティが空で、正しい値が含まれるとは限らない場合があります。

Record オブジェクトの Fields コレクションに追加された 新しい Field オブジェクトの場合、の Field プロパティを指定する前に Value プロパティを設定する必要があります。 最初に 、Value プロパティの特定の値が割り当て済みで、 び出された Fields コレクション に対して Update が割り当てられている必要があります。 その後、Type や Attributesなどののプロパティにアクセスできます。

適用対象

参照

Value プロパティの例 (VB) Value プロパティの例 (VC++)