Write メソッドWrite Method

バイナリ データを書き込みます、 Streamオブジェクト。Writes binary data to a Stream object.

構文Syntax

  
Stream.Write Buffer  

パラメーターParameters

BufferBuffer
Aバリアント書き込むバイトの配列を格納しています。A Variant that contains an array of bytes to be written.

コメントRemarks

指定したバイトを書き込む、 Stream各バイトの介在するスペースを入れずオブジェクト。Specified bytes are written to the Stream object without any intervening spaces between each byte.

現在位置書き込まれたデータに続くバイトに設定されます。The current Position is set to the byte following the written data. 書き込みメソッドでは、ストリーム内のデータの残りの部分は切り捨てられません。The Write method does not truncate the rest of the data in a stream. これらのバイトを切り捨てる場合は、呼び出すSetEOSします。If you want to truncate these bytes, call SetEOS.

現在過去を記述する場合EOS 、位置、サイズStreamが高く、新しいバイトを格納してEOS移動新しい最後のバイトをStreamします。If you write past the current EOS position, the Size of the Stream will be increased to contain any new bytes, and EOS will move to the new last byte in the Stream.

注意

書き込みメソッドを使用するバイナリ ストリーム (adTypeBinary)。The Write method is used with binary streams (Type is adTypeBinary). テキスト ストリーム (adTypeText) を使用して、 WriteTextします。For text streams (Type is adTypeText), use WriteText.

適用対象Applies To

Stream オブジェクト (ADO)Stream Object (ADO)

関連項目See Also

WriteText メソッドWriteText Method