CubeDef オブジェクト (ADO MD)

多次元スキーマから、関連するディメンションのセットを含むキューブを表します。

解説

CubeDef オブジェクトのコレクションとプロパティを使用して、次の操作を行うことができます。

  • Nameプロパティを使用して CubeDef を識別します。

  • Descriptionプロパティを持つキューブを説明する文字列を返します。

  • ディメンションコレクションを持つキューブを構成するディメンションを返します。

  • 標準の ADO プロパティコレクションを使用して、 CubeDef に関する追加情報を取得します。

Properties コレクションには、プロバイダーが提供するプロパティが含まれています。 次の表に、使用可能なプロパティを示します。 実際のプロパティリストは、プロバイダーの実装によって異なる場合があります。 使用できるプロパティの詳細な一覧については、プロバイダーのドキュメントを参照してください。

名前 説明
CatalogName このキューブが所属するカタログの名前。
CreatedOn キューブ作成の日付と時刻。
CubeGUID キューブ GUID。
CubeName キューブの名前。
CubeType キューブの種類。
DataUpdatedBy 前回のデータ更新を行っているユーザーのユーザー ID。
説明 キューブについてのわかりやすい説明。
LastSchemaUpdate スキーマの最終更新日時。
SchemaName このキューブが所属するスキーマの名前です。
SchemaUpdatedBy 前回のスキーマ更新を行っているユーザーのユーザー ID。

ここでは、次のトピックについて説明します。

参照

CubeDef の例 (VBScript)
Catalog オブジェクト (ADO MD)
CubeDefs コレクション (ADO MD)
Dimensions コレクション (ADO MD)
Properties コレクション (ADO)