Procedure オブジェクト (ADOX)

ストアドプロシージャを表します。 ADO コマンド オブジェクトと共に使用する場合、 プロシージャ オブジェクトを使用して、ストアドプロシージャの追加、削除、または変更を行うことができます。

注釈

プロシージャ オブジェクトを使用すると、プロバイダーの "create Procedure" 構文を知らない場合や使用しなくても、ストアドプロシージャを作成できます。

プロシージャ オブジェクトのプロパティを使用すると、次の操作を実行できます。

  • Nameプロパティを使用してプロシージャを識別します。

  • Commandプロパティを使用してプロシージャを作成または実行するために使用できる ADO コマンド オブジェクトを指定します。

  • DateCreatedプロパティとDateModifiedプロパティを使用して日付情報を返します。

ここでは、次のトピックについて説明します。

参照

Command プロパティと CommandText プロパティの例 (VB)
Parameters Collection、Command プロパティの例 (VB)
Procedures Append メソッドの例 (VB)
Procedures Delete メソッドの例 (VB)
Procedures コレクション (ADOX)