Analysis Services のグローバリゼーションのシナリオGlobalization scenarios for Analysis Services

適用対象: はいSQL Server Analysis ServicesはいAzure Analysis ServicesAPPLIES TO: yesSQL Server Analysis Services yesAzure Analysis Services

Analysis ServicesAnalysis Services では、表形式データ モデルと多次元データ モデルの両方について、多言語データおよびメタデータを格納して操作できます。stores and manipulates multilingual data and metadata for both tabular and multidimensional data models. データは Unicode (UTF-16) で格納され、Unicode エンコードの文字セットを使用します。Data storage is Unicode (UTF-16), in character sets that use Unicode encoding. データ モデルに ANSI データを読み込むと、文字は Unicode の等価なコード ポイントを使用して格納されます。If you load ANSI data into a data model, characters are stored using Unicode equivalent code points.

Unicode をサポートしているということは、 Analysis ServicesAnalysis Services が、Windows のクライアント/サーバー オペレーティング システムによってサポートされている任意の言語でデータを格納できることを意味します。Windows コンピューターで使用されるどの文字セットでも読み取り、書き込み、並べ替え、およびデータ比較が可能です。The implications of Unicode support means that Analysis ServicesAnalysis Services can store data in any of the languages supported by the Windows client and server operating systems, allowing read, write, sort, and comparison of data in any character set used on a Windows computer. Analysis ServicesAnalysis Services データを使用する BI クライアント アプリケーションは、その言語でモデル内にデータが存在すれば、ユーザーの選択した任意の言語でデータを表現できます。BI client applications consuming Analysis ServicesAnalysis Services data can represent data in the user's language of choice, assuming the data exists in that language in the model.

言語のサポートは、ユーザーの立場に応じてさまざまな意味を持ちます。Language support can mean different things to different people. Analysis Services での言語サポートに関連するいくつかの一般的な事項を以下で説明します。The following list addresses a few common questions related to how Analysis Services supports languages.

  • 既に説明したとおり、データは、Windows クライアント オペレーティング システムにあるどの Unicode エンコードの文字セットでも格納できます。Data, as already noted, is stored in any Unicode-encoded character set found on a Windows client operating system.

  • オブジェクト名などのメタデータを翻訳できます。Metadata, such as object names, can be translated. モデルの種類によってサポートが異なりますが、多次元モデルと表形式モデルは両方とも、モデル内での翻訳文字列の追加をサポートしています。Although support varies by model type, both multidimensional and tabular models support the addition of translated strings inside the model. 複数の翻訳を定義し、クライアントに返される翻訳をロケール識別子で決定できます。You can define multiple translations, and then use a locale identifier to determine which translation is returned to the client. 詳細については、この後の 機能 に関するトピックを参照してください。See Features below for more details

  • Analysis ServicesAnalysis Services エンジン (msmdsrv) によって返されるエラー、警告、および情報メッセージは、Office および Office 365 でサポートされる 43 の言語にローカライズされています。Error, warning, and informational messages returned by the Analysis ServicesAnalysis Services engine (msmdsrv) are localized into the 43 languages supported by Office and Office 365. 特定の言語でメッセージを取得するために、特別な構成は必要ありません。No configuration is required to get messages in a specific language. クライアント アプリケーションのロケールにより、どの言語で文字列が返されるかが決まります。The locale of the client application determines which strings are returned.

  • 構成ファイル (msmdsrv.ini) および AMO PowerShell は英語のみです。Configuration file (msmdsrv.ini) and AMO PowerShell are in English only.

  • Analysis Services が実行される Windows サーバーに言語パックをインストールした場合、ログ ファイルには英語とローカライズされたメッセージが混在します。Log files will contain a mix of English and localized messages, assuming you have installed a language pack on the Windows server that Analysis Services runs on.

  • ドキュメントとツール (Management StudioManagement StudioSQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools など) は、次の言語に翻訳されています。中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、およびスペイン語。Documentation and tools, such as Management StudioManagement Studio and SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools, are translated into these languages: Chinese Simplified, Chinese Traditional, French, German, Italian, Japanese, Korean, Portuguese (Brazil), Russian, and Spanish. カルチャはインストール中に指定されます。Culture is specified during installation.

多次元モデルについては、Analysis Services で、言語、照合順序、および翻訳をオブジェクト階層全体で独立して設定できます。For multidimensional models, Analysis Services lets you set language, collation, and translations independently throughout the object hierarchy. 表形式モデルについては、翻訳のみを追加できます。言語と照合順序は、ホスト オペレーティング システムによって継承されます。For tabular models, you can only add translations: language and collation are inherited by the host operating system.

Analysis Services のグローバリゼーション機能を使用すると、次のようなシナリオが可能になります。Scenarios enabled through Analysis Services globalization features include:

  • 1 つのデータ モデルで複数の翻訳されたキャプションを提供することにより、ユーザーが選択した言語でフィールド名や値が表示されるようにできます。One data model provides multiple translated captions so that field names and values appear in the user's language of choice. カナダ、ベルギー、スイスなどのバイリンガル国で事業を行う企業では、クライアント/サーバー アプリケーション全体で複数の言語をサポートすることが標準的なコーディング要件になっています。For companies operating in bi-lingual countries such as Canada, Belgium, or Switzerland, supporting multiple languages across client and server applications is a standard coding requirement. このシナリオは、翻訳と通貨換算によって可能になります。This scenario is enabled through translations and currency conversions. 詳細と参考資料のリンクは、この後の「 機能 」を参照してください。See Features below for details and links.

  • 開発および運用環境を、地理的にさまざまな国に分散して設置できます。Development and production environments are geo-located in different countries. ある国で開発したソリューションを別の国に配置するというシナリオは、ますます一般化しています。It's increasingly common to develop a solution in one country and then deploy it another. 1 つの言語で開発したソリューションを、別の言語パックを使用するサーバーに配置できるように準備するには、言語および照合順序のプロパティを設定する方法についての知識が不可欠です。Knowing how to set language and collation properties is essential if you are tasked with preparing a solution developed in one language, for deployment on a server that uses a different language pack. これらのプロパティを適切に設定すると、元のホスト システムから取得する継承された既定値をオーバーライドすることができます。Setting these properties allows you to override the inherited defaults that you get from the original host system. 詳細については、この後の 言語および照合順序 (Analysis Services) 」をご覧ください。See Languages and Collations (Analysis Services) for details about setting properties.

グローバル化された多言語ソリューションを構築するための機能Features for building a globalized multi-lingual solution

クライアント レベルでは、 Analysis ServicesAnalysis Services の多次元データを使用または操作するグローバル化されたアプリケーションで、 Analysis ServicesAnalysis Servicesの多言語機能および複数カルチャ機能を使用できます。At the client level, globalized applications that consume or manipulate Analysis ServicesAnalysis Services multidimensional data can use the multilingual and multicultural features in Analysis ServicesAnalysis Services.

翻訳が自動的に定義された Analysis ServicesAnalysis Services オブジェクトのデータおよびメタデータは、 Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスへの接続時にロケール識別子を指定することによって取得できます。You can retrieve data and metadata from Analysis ServicesAnalysis Services objects on which translations have been defined automatically by providing a locale identifier when connecting to an Analysis ServicesAnalysis Services instance.

多言語データに関連する問題の回避に役立つ設計およびコーディング手法については、「グローバリゼーションのヒントとベスト プラクティス (Analysis Services)」をご覧ください。See Globalization Tips and Best Practices (Analysis Services) for design and coding practices that can help you avoid problems related to multi-language data.

機能Capability テーブルTabular 多次元Multidimensional
言語および照合順序 (Analysis Services)Languages and Collations (Analysis Services) オペレーティング システムから継承されます。Inherited from the operating system. モデル階層で主要オブジェクトの言語と照合順序の両方をオーバーライドする機能と共に継承されます。Inherited, but with the ability to override both language and collation for major objects in the model hierarchy.
翻訳サポートのスコープScope of translation support キャプションと説明。Captions and descriptions. オブジェクトの名前、キャプション、識別子、および説明の翻訳を、どの Unicode 言語およびスクリプトでも作成できます。Translations can be created for object names, captions, identifiers, and descriptions, can also be in any Unicode language and script. これは、ツールや環境が別の言語の場合にも当てはまります。This is true even when the tools and environment are in another language. たとえば、スタック全体で英語およびラテン文字の照合順序を使用する開発環境で、名前にキリル文字を使用したオブジェクトをモデルに含めることができます。For example, in a development environment that uses English language and a Latin collation throughout the stack, you can include in your model an object that uses Cyrillic characters in its name.
翻訳サポートの実装Implementing translation support SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) を使用して作成し、入力する翻訳ファイルを生成して、モデルにインポートし直します。Create using SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) to generate translation files that you fill in and then import back into the model.

詳しくは、「表形式モデルでの翻訳 (Analysis Services)」をご覧ください。See Translations in Tabular models (Analysis Services) for details.
SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) を使用して作成し、キューブ、メジャー、ディメンション、および属性のキャプション、説明、およびアカウントの種類の翻訳を定義します。Create usingSQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) to define the translations for the caption, description, and account types for cubes and measures, dimension and attributes.

詳しくは、「多次元モデルの翻訳 (Analysis Services)」をご覧ください。See Translations in Multidimensional Models (Analysis Services) for more information. この機能を使用する方法が記載レッスン 9。パースペクティブと翻訳の定義Analysis ServicesAnalysis Servicesチュートリアル。A lesson on how to use this feature can be found in Lesson 9: Defining Perspectives and Translations of the Analysis ServicesAnalysis Services tutorial.
通貨換算Currency conversion 使用できません。Not available. 通貨換算は、通貨データを含むメジャーを変換する専用の MDX スクリプトで行います。Currency conversion is through specialized MDX scripts that convert measures containing currency data. SQL Server Data Tools - Business IntelligenceSQL Server Data Tools - Business Intelligence のビジネス インテリジェンス ウィザードを使用すると、属性、メジャー グループのデータおよびメタデータの組み合わせを使用して通貨データを含むメジャーを換算する MDX スクリプトディメンションを生成できます。You can use the Business Intelligence Wizard in SQL Server Data Tools - Business IntelligenceSQL Server Data Tools - Business Intelligence to generate an MDX script that uses a combination of data and metadata from dimensions, attributes, and measure groups to convert measures containing currency data. 通貨換算 (Analysis Services)」をご覧ください。See Currency Conversions (Analysis Services).

参照See Also

Analysis Services での翻訳のサポート Translation support in Analysis Services
Windows アプリケーションの国際化 Internationalization for Windows Applications
グローバリゼーション Globalization
ロケールに基づくアダプティブ デザインを使用した Windows ストア アプリの作成 Writing Windows Store apps with locale-based adaptive design
C# と XAML によるユニバーサル Windows アプリの開発Developing Universal Windows Apps with C# and XAML