SQL Server Analysis Services サーバーの管理SQL Server Analysis Services server management

適用対象: ○SQL Server Analysis Services XAzure Analysis Services XPower BI PremiumAPPLIES TO: yesSQL Server Analysis Services noAzure Analysis Services noPower BI Premium

Azure Analysis Services では、次を参照してください。 Azure Analysis Services の管理します。For Azure Analysis Services, see Manage Azure Analysis Services.

インスタンスInstances

Analysis Services のサーバー インスタンスのコピーである、 msmdsrv.exeオペレーティング システム サービスとして実行される実行可能ファイルです。A server instance of Analysis Services is a copy of the msmdsrv.exe executable that runs as an operating system service. 各インスタンスは同じサーバー上の他のインスタンスから完全に独立しており、固有の構成設定、権限、ポート、開始アカウント、ファイル ストレージ、およびサーバー モード プロパティを持ちます。Each instance is fully independent of other instances on the same server, having its own configuration settings, permissions, ports, startup accounts, file storage, and server mode properties.

各インスタンスは、Windows サービスとして、Msmdsrv.exe、定義されているログオン アカウントのセキュリティ コンテキストで実行されます。Each instance runs as Windows service, Msmdsrv.exe, in the security context of a defined logon account.

  • 既定のインスタンスのサービス名は MSSQLServerOLAPService です。The service name of default instance is MSSQLServerOLAPService.

  • 各名前付きインスタンスのサービス名は、MSOLAP$ InstanceName です。The service name of each named instance of is MSOLAP$InstanceName.

注意

セットアップが統合されているリダイレクター サービスもインストールされます複数のインスタンスがインストールされている場合、 SQL ServerSQL Server Browser サービス。If multiple instances are installed, Setup also installs a redirector service, which is integrated with the SQL ServerSQL Server Browser service. リダイレクター サービスは、クライアントを Analysis ServicesAnalysis Servicesの適切な名前付きインスタンスにリダイレクトします。The redirector service is responsible for directing clients to the appropriate named instance of Analysis ServicesAnalysis Services. SQL ServerSQL Server Browser サービスは常に、ローカル サービス アカウントのセキュリティ コンテキストに従って実行されます。ローカル システム アカウントは、ローカル コンピューター外部のリソースにアクセスしないサービスを実行するために Windows で使用される制限付きのユーザー アカウントです。The SQL ServerSQL Server Browser service always runs in the security context of the Local Service account, a limited user account used by Windows for services that do not access resources outside the local computer.

複数インスタンスとは、同じハードウェアに複数のサーバー インスタンスをインストールしてスケールアップできることを意味します。Multi-instance means that you can scale-up by installing multiple server instances on the same hardware. Analysis Services では、同じサーバー上に複数のインスタンスを置き、各インスタンスを特定のモードで実行するように構成することで、異なるサーバー モードをサポートできることも意味します。For Analysis Services in particular, it also means that you can support different server modes by having multiple instances on the same server, each one configured to run in a specific mode.

サーバー モードServer mode

サーバー モードは、そのインスタンスに使用するストレージおよびメモリ アーキテクチャを決定するサーバー プロパティです。Server mode is a server property that determines which storage and memory architecture is used for that instance. 多次元モードで稼働するサーバーは、多次元キューブ データベースおよびデータ マイニング モデル用に構築されたリソース管理レイヤーを使用します。A server that runs in Multidimensional mode uses the resource management layer that was built for multidimensional cube databases and data mining models. これに対して、表形式サーバー モードでは、VertiPaq メモリ内分析エンジンとデータ圧縮を使用してデータを要求に応じて集計します。In contrast, Tabular server mode uses the VertiPaq in-memory analytics engine and data compression to aggregate data as it is requested.

ストレージ アーキテクチャとメモリ アーキテクチャの違いは、Analysis Services の単一インスタンスが表形式データベースと多次元データベースの両方ではなくどちらか一方で稼働することを意味します。Differences in storage and memory architecture mean that a single instance of Analysis Services will run either tabular databases or multidimensional databases, but not both. サーバー モード プロパティは、インスタンス上で実行されるデータベースの種類を決定します。The server mode property determines which type of database runs on the instance.

サーバー モードは、インストール時に、サーバーで実行されるデータベースの種類を指定するときに設定します。Server mode is set during installation when you specify the type of database that will run on the server. 使用可能なすべてのモードをサポートするには、Analysis Services の複数のインスタンスをインストールし、構築しているプロジェクトに対応するサーバー モードで各インスタンスを配置します。To support all available modes, you can install multiple instances of Analysis Services, each deployed in a server mode that corresponds to the projects you are building.

原則として、実行する必要のある管理タスクの大部分はモードによって異なりません。As a general rule, most of the administrative tasks you must perform do not vary by mode. Analysis Services システム管理者は、インストール方法にかかわらず同じ手順とスクリプトを使用して、ネットワーク上で任意の Analysis Services インスタンスを管理できます。As an Analysis Services system administrator, you can use the same procedures and scripts to manage any Analysis Services instance on your network regardless of how it was installed.

注意

Power PivotPower Pivot for SharePoint は例外です。The exception is Power PivotPower Pivot for SharePoint. Power PivotPower Pivot の配置のサーバー管理は、常に SharePoint ファームのコンテキスト内で行われます。Server administration of a Power PivotPower Pivot deployment is always within the context of a SharePoint farm. Power PivotPower Pivot は、常に単一インスタンスであり、常に SharePoint サーバーの全体管理または Power PivotPower Pivot 構成ツールを使用して管理されるという点が他のサーバー モードと異なります。differs from other server modes in that it is always single-instance, and always managed through SharePoint Central Administration or the Power PivotPower Pivot Configuration Tool. SQL Server Management Studio または Power PivotPower PivotSQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)for SharePoint に接続することもできますが、この操作は望ましくありません。Although it is possible to connect to Power PivotPower Pivot for SharePoint in SQL Server Management Studio or SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), it is not desirable. SharePoint ファームには、サーバーの状態を同期し、サーバーの可用性を監視するインフラストラクチャが含まれます。A SharePoint farm includes infrastructure that synchronizes server state and oversees server availability. 他のツールを使用すると、これらの操作と競合する可能性があります。Using other tools can interfere with these operations. 詳細についてはPower PivotPower Pivotサーバーの管理を参照してくださいPower Pivot for SharePointします。For more information about Power PivotPower Pivot server administration, see Power Pivot for SharePoint.

関連項目See also

テーブルと多次元ソリューションのソリューションの比較 Comparing Tabular and Multidimensional Solutions
Analysis Services インスタンスのサーバー モードの決定Determine the Server Mode of an Analysis Services Instance