配置スクリプト ファイル - ソリューションの展開の構成設定Deployment Script Files - Solution Deployment Config Settings

適用対象: はいSQL Server Analysis ServicesはいAzure Analysis ServicesAPPLIES TO: yesSQL Server Analysis Services yesAzure Analysis Services

Analysis ServicesAnalysis Services展開ウィザードから、配置スクリプトで使用する展開オプション パーティションおよびロールを読み取り、 <プロジェクト名> >.configsettings ファイル。The Analysis ServicesAnalysis Services Deployment Wizard reads the partition and role deployment options that you use in the deployment script from the <project name>.configsettings file. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) は、 MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server Analysis ServicesAnalysis Services プロジェクトの作成時にこのファイルを作成します。creates this file when you build the MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server Analysis ServicesAnalysis Services project. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) 現在のプロジェクトの構成設定を使用して、作成、 <プロジェクト名> >.configsettings ファイル。uses the configuration settings of the current project to create the <project name>.configsettings file.

配置に関する構成設定の確認Reviewing the Configuration Settings for Deployment

格納されている構成設定を次に、 <プロジェクト名> >.configsettings ファイル。The following are the configuration settings stored in the <project name>.configsettings file:

  • データ ソース接続文字列 これは、 Analysis ServicesAnalysis Services プロジェクトで指定されている値に基づいた各データ ソースの接続文字列です。Data Source Connection Strings These are the connection strings for each data source based on the values specified in the Analysis ServicesAnalysis Services project. このファイルに接続文字列が保存される際には、常にユーザー ID とパスワードが削除されます。The user id and password are always removed from the connection string before the remainder of the string is stored in this file. ただし、配置ウィザードで Analysis Services インスタンスに直接配置を行う場合は、ウィザードで適切なユーザー ID とパスワードを入力して、配置するデータベースを正常に処理することができます。However, if the Deployment Wizard is deploying directly to an Analysis Services instance, you can add the appropriate user id and password information within the wizard to enable a successful processing of the deployment database. 配置ウィザードで配置スクリプトを保存する場合、この接続情報は配置スクリプト内に保存されません。This connection information will not be stored in the deployment script itself if one is saved by the Deployment Wizard.

  • 権限借用アカウント この設定では、 Analysis ServicesAnalysis Services が各データ ソースでステートメントを実行するために使用するユーザー名を指定します。Impersonation Accounts This setting specifies the user name that Analysis ServicesAnalysis Services uses to run statements in each data source. 権限借用アカウントが指定されていない場合、 Analysis ServicesAnalysis Services のログオン アカウントを使用してステートメントが実行されます。If no impersonation account is specified, Analysis ServicesAnalysis Services uses its logon account to run statements. Analysis ServicesAnalysis Services ログオン アカウントがデータ ソース内で権限を直接与えられている場合、 Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスのすべてのデータベース内のデータベース管理者は、だれでもそのログオン アカウントを使用してデータ ソースにアクセスできます。If the Analysis ServicesAnalysis Services logon account is granted permissions directly in the data source, all database administrators in all databases in the Analysis ServicesAnalysis Services instance have access to the data source through the logon account. ユーザー アカウントとパスワードが指定された場合、このファイルに権限借用情報が保存される前に常にこの情報は削除されます。If a user account and password is specified, this information is always removed before the impersonation information is stored in this file. ただし、配置ウィザードで Analysis Services インスタンスに直接配置を行う場合は、ウィザードで適切なユーザー ID とパスワードを入力して、配置するデータベースを正常に処理することができます。However, if the Deployment Wizard is deploying directly to an Analysis Services instance, you can add the appropriate user id and password information within the wizard to enable a successful processing of the deployment database. 配置ウィザードで配置スクリプトを保存する場合、この権限借用情報は配置スクリプト内に保存されません。This impersonation information will not be stored in the deployment script itself if one is saved by the Deployment Wizard.

  • キーのエラー ログ ファイル この設定では、データベース内の各キューブ、メジャー グループ、パーティション、およびディメンションのキー エラー ログ ファイルのファイル名とパスを指定します。Key Error Log Files This setting specifies the file name and path of the key error log file for each cube, measure group, partition, and dimension in the database.

  • ストレージの場所 この設定では、データベース内の各キューブ、メジャー グループ、およびパーティションのストレージの場所を指定します。Storage Locations This setting specifies the storage location for each cube, measure group, and partition in the database. オブジェクトの値が指定されていない場合、 Analysis ServicesAnalysis Services 配置ウィザードではオブジェクトの既定の場所が使用されます。If no value is provided for an object, the Analysis ServicesAnalysis Services Deployment Wizard uses the default location for the object. たとえば、パーティションにはメジャー グループの場所が使用され、メジャー グループにはキューブの場所が使用され、キューブには Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスのオブジェクトの既定の場所が使用されます。For example, partitions use the location for the measure group, measure groups use the location for the cube, and cubes use the default location for objects on the Analysis ServicesAnalysis Services instance. ストレージの場所には、ローカルまたは汎用名前付け規則 (UNC) のどちらかのパスを指定できます。The storage location can be a local or a Universal Naming Convention (UNC) path.

  • レポート サーバー この設定では、データベース内の各キューブで定義されている各レポート アクションのレポート サーバーとフォルダーの場所を指定します。Report Server This setting specifies the report server and folder location for each report action defined in each cube in the database.

配置に関する構成設定の変更Modifying the Configuration Settings for Deployment

場合によっては、展開する必要があります、Analysis ServicesAnalysis Servicesプロジェクトに格納されているものと異なる構成設定を使用して、 <プロジェクト名> >.configsettings ファイル。In some cases, you may need to deploy the Analysis ServicesAnalysis Services project using different configuration settings than those stored in the <project name>.configsettings file. たとえば、1 つまたは複数のデータ ソースへの接続文字列を変更するか、特定のパーティションまたはメジャー グループのストレージの場所を指定する必要が生じることがあります。For example, you may want to change the connection string to one or more data sources, or specify storage locations for specific partitions or measure groups.

パーティションおよびロールの配置を変更する、Analysis ServicesAnalysis Servicesプロジェクト内のこの情報を変更する必要があります、 <プロジェクト名> >.configsettings ファイルを次の手順で説明します。To modify the deployment of partitions and roles in an Analysis ServicesAnalysis Services project, you must change this information within the <project name>.configsettings file, as described in the procedure below. に、プロジェクト内のパーティションおよびロールの設定を変更することはできません、 <プロジェクト名 > プロパティ ページ ダイアログ ボックスでSQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)これらのオプションは表示されません。You cannot change the partition and roles settings within the project because the <project name> Properties Pages dialog box in SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) does not display these options.

注意

構成設定は、すべてのオブジェクトに適用することも、新たに作成したオブジェクトのみに適用することもできます。Configuration settings can apply to all objects or only to newly created objects. 以前に配置した Analysis ServicesAnalysis Services データベースに追加のオブジェクトを配置し、既存のオブジェクトを上書きしないようにする場合は、新たに作成したオブジェクトのみに構成設定を適用します。Apply configuration settings to newly created objects only when you are deploying additional objects to a previously deployed Analysis ServicesAnalysis Services database and do not want to overwrite existing objects. 構成設定がすべてのオブジェクトに適用またはのみ新たに作成した、このオプションで設定するかどうかを指定する、 <プロジェクト名> >.deploymentoptions ファイル。To specify whether configuration settings apply to all objects or only to newly created ones, set this option in the <project name>.deploymentoptions file. 詳細については、「 パーティションおよびロールの配置オプションの指定」を参照してください。For more information, see Specifying Partition and Role Deployment Options.

入力ファイルの生成後に構成設定を変更するにはTo change configuration settings after the input files have been generated

  • Analysis ServicesAnalysis Services 配置ウィザードを対話形式で実行し、 [構成設定] ページで配置するオブジェクトの構成設定を指定します。Run the Analysis ServicesAnalysis Services Deployment Wizard interactively, and on the Configuration Settings page, specify the configuration setting for the objects being deployed.

    - または --or-

  • Analysis ServicesAnalysis Services 配置ウィザードをコマンド プロンプトで実行し、ウィザードを応答ファイル モードで実行するように設定します。Run the Analysis ServicesAnalysis Services Deployment Wizard at the command prompt and set the wizard to run in answer file mode. 応答ファイル モードの詳細については、「 Analysis Services 配置ウィザードの実行」を参照してください。For more information about answer file mode, see Running the Analysis Services Deployment Wizard.

    - または --or-

  • 変更、 <プロジェクト名> 任意のテキスト エディターを使用して、>.configsettings ファイル。Modify the <project name>.configsettings file by using any text editor.

参照See Also

インストール先の指定 Specifying the Installation Target
パーティションおよびロールの配置オプションの指定 Specifying Partition and Role Deployment Options
処理オプションの指定Specifying Processing Options