配置スクリプト ファイル - 処理オプションの指定Deployment Script Files - Specifying Processing Options

適用対象: ○SQL Server Analysis Services ○Azure Analysis Services XPower BI PremiumAPPLIES TO: yesSQL Server Analysis Services yesAzure Analysis Services noPower BI Premium

Analysis ServicesAnalysis Services展開ウィザードの処理オプションの読み取り、 <プロジェクト名> >.deploymentoptions ファイル。The Analysis ServicesAnalysis Services Deployment Wizard reads the processing options from the <project name>.deploymentoptions file. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) は、 MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server Analysis ServicesAnalysis Services プロジェクトの作成時にこのファイルを作成します。creates this file when you build the MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server Analysis ServicesAnalysis Services project. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) 指定された処理オプションを使用して、展開のページ <プロジェクト名 > プロパティ ページを作成する ダイアログ ボックス、 <プロジェクト名> >.deploymentoptions ファイル。uses the processing options specified on the Deployment page of <project name> Properties Pages dialog box to create the <project name>.deploymentoptions file.

配置に関する処理オプションの確認Reviewing the Processing Options for Deployment

内で格納されている構成設定、 <プロジェクト名> >.deploymentoptions ファイルは、次のとおり。The configuration settings stored within the <project name>.deploymentoptions file are as follows:

  • 処理方法 この設定では、配置するオブジェクトを配置後に処理するかどうかと、実行する処理の種類を制御します。Processing Method This setting controls whether the deployed objects are processed after deployment and the type of processing that will be performed. 処理オプションには次の 3 つがあります。There are three processing options:

    • 既定の処理 (既定値) は、データベース オブジェクトの処理状態を検出し、未処理または部分的に処理されたオブジェクトを完全に処理された状態に配信するために必要な処理を実行します。Default processing (default) detects the process state of database objects, and performs processing necessary to deliver unprocessed or partially processed objects to a fully processed state.

    • 完全処理では、オブジェクトとそれに含まれるすべてのオブジェクトを処理します。Full processing processes an object and all the objects that it contains. 既に処理されているオブジェクトに対して完全処理を実行すると、Analysis Services によってそのオブジェクトに含まれているすべてのデータが削除されてから、オブジェクトの処理が開始されます。When Process Full is executed against an object that has already been processed, Analysis Services drops all data in the object, and then processes the object.

    • [なし] は、処理は実行されませんを意味します。None means no processing is performed.

  • 書き戻しテーブル オプション Analysis ServicesAnalysis Services プロジェクトで書き戻しが有効になっている場合、この設定では書き戻しの処理方法を定義します。Writeback Table Options If writeback is enabled in the Analysis ServicesAnalysis Services project, this setting defines how writeback is handled. 書き戻しテーブル オプションには次の 3 つがあります。There are three writeback table options:

    • 既定では、書き戻しテーブルが存在する場合、そのテーブルが使用されます。By default, if a writeback table exists, it will be used. 書き戻しテーブルが存在しない場合は、新しい書き戻しテーブルが作成されます。If a writeback table does not exist, a new writeback table will be created.

    • 書き戻しテーブルが既に存在する場合、配置は失敗します。If a writeback table already exists, the deployment fails. 書き戻しテーブルが存在しない場合は、新しい書き戻しテーブルが作成されます。If a writeback table does not exist, a new writeback table will be created.

    • 書き戻しテーブルが既に存在するかどうかにかかわらず、新しい書き戻しテーブルが作成されます。Regardless of whether a writeback table already exists, a new writeback table will be created. この場合、 Analysis ServicesAnalysis Services 配置ウィザードによって既存のテーブルが削除され、新しい書き戻しテーブルに置き換えられます。In this case, the Analysis ServicesAnalysis Services Deployment Wizard will delete any existing table and replace it with a new writeback table.

  • トランザクション配置 この設定では、メタデータ変更および処理コマンドの配置を 1 つのトランザクションで行うか、別々のトランザクションで行うかを制御します。Transactional Deployment This setting controls whether the deployment of metadata changes and process commands occurs in a single transaction or in separate transactions.

    • このオプションが True (既定) の場合、 Analysis ServicesAnalysis Services ではすべてのメタデータ変更およびすべての処理コマンドが 1 つのトランザクションで配置されます。If this option is True (default), Analysis ServicesAnalysis Services deploys all metadata changes and all process commands within a single transaction.

    • このオプションが Falseの場合、 Analysis ServicesAnalysis Services ではメタデータ変更が 1 つのトランザクションで配置され、各処理コマンドがそれぞれ別個のトランザクションで配置されます。If this option is False, Analysis ServicesAnalysis Services deploys the metadata changes in a single transaction, and deploys each processing command in its own transaction.

配置に関する処理オプションの変更Modifying the Processing Options for Deployment

ただし、デプロイする必要があります、Analysis ServicesAnalysis Servicesプロジェクトに格納されている別の処理オプションを使用して、 <プロジェクト名> >.deploymentoptions ファイル。However, you may need to deploy the Analysis ServicesAnalysis Services project using different processing options than those stored in the <project name>.deploymentoptions file. たとえば、すべてのオブジェクトを完全に処理するか、既定の処理オプションを使用して処理するか、まったく処理しないようにする必要が生じることがあります。For example, you may want to have all objects fully processed, or processed using the default processing option, or have no processing occur. キューブまたはディメンションが書き込み可能である場合は、新しい書き戻しテーブルまたは既存の書き戻しテーブルのどちらを使用するかを指定できます。If the cubes or dimensions are write-enabled, you can specify whether a new or existing writeback table be used.

配置時に使用する処理オプションを変更するには、プロジェクトを編集して再作成するか、次の手順のいずれかの方法に従って入力ファイル内の処理オプションを変更できます。To modify the processing options used during deployment, you can either edit and rebuild the project, or change the processing options in the input file by using one of the methods as described in the following procedure.

入力ファイルの生成後に処理オプションを変更するにはTo change processing options after the input files have been generated

  • Analysis ServicesAnalysis Services 配置ウィザードを対話形式で実行します。Run the Analysis ServicesAnalysis Services Deployment Wizard interactively. [処理オプション] ページで、配置するプロジェクトの処理オプションを指定します。On the Processing Options page, specify the processing options for the project being deployed.

    - または --or-

  • Analysis ServicesAnalysis Services 配置ウィザードをコマンド プロンプトで実行し、ウィザードを応答ファイル モードで実行するように設定します。Run the Analysis ServicesAnalysis Services Deployment Wizard at the command prompt and set the wizard to run in answer file mode. 応答ファイル モードの詳細については、「 Analysis Services 配置ウィザードの実行」を参照してください。For more information about answer file mode, see Running the Analysis Services Deployment Wizard.

    - または --or-

  • 変更、 <プロジェクト名> 任意のテキスト エディターを使用して、>.deploymentoptions ファイル。Modify the <project name>.deploymentoptions file by using any text editor.

関連項目See Also

インストール先の指定 Specifying the Installation Target
パーティションおよびロールの配置オプションの指定 Specifying Partition and Role Deployment Options
ソリューションの配置に関する構成設定の指定Specifying Configuration Settings for Solution Deployment