多次元モデルのデータ アクセス (Analysis Services - 多次元データ)Multidimensional Model Data Access (Analysis Services - Multidimensional Data)

適用対象: はいSQL Server Analysis ServicesありませんAzure Analysis ServicesAPPLIES TO: yesSQL Server Analysis Services noAzure Analysis Services

このトピックには、 Analysis ServicesAnalysis Services の多次元データにアクセスするために役立つ情報が記載されています。ネットワーク上の Analysis ServicesAnalysis Services サーバーに接続するための機能が組み込まれたクライアント アプリケーションのほか、プログラミングによる手法やスクリプトを使用した方法を取り上げます。Use the information in this topic to learn how to access Analysis ServicesAnalysis Services multidimensional data using programmatic methods, script, or client applications that include built-in support for connecting to an Analysis ServicesAnalysis Services server on your network.

このトピックには、次のセクションが含まれます。This topic contains the following sections:

クライアント アプリケーションClient Applications

クエリ言語Query Languages

プログラミング インターフェイスProgrammatic Interfaces

クライアント アプリケーションClient Applications

Analysis Services は、多次元データベースをプログラムから構築または統合できるインターフェイスを備えていますが、実際には、Analysis Services のデータにアクセスするための機能が組み込まれた既存のクライアント アプリケーションが Microsoft やその他のソフトウェア ベンダーから提供されているため、そちらを利用する方が一般的です。Although Analysis Services provides interfaces that let you build or integrate multidimensional databases programmatically, a more common approach is to use existing client applications from Microsoft and other software vendors that have built-in data access to Analysis Services data.

次の Microsoft アプリケーションでは、多次元データへのネイティブ接続がサポートされます。The following Microsoft applications support native connections to multidimensional data.

[エクスポート]Excel

通常、Analysis Services の多次元データの表示には、Excel ブックのピボット テーブルとピボット グラフ コントロールが使用されます。Analysis Services multidimensional data is often presented using pivot tables and pivot chart controls in an Excel workbook. モデル内の階層と集計、ナビゲーション構造は、ピボットテーブルのデータ サマリー機能と相性がよいことから、ピボットテーブルは多次元データに適しています。PivotTables are suited to multidimensional data because the hierarchies, aggregations, and navigational constructs in the model pair well with the data summary features of a PivotTable. データ接続を簡単にセットアップできるように、Analysis Services OLE DB データ プロバイダーは Excel のインストールに含まれています。An Analysis Services OLE DB data provider is included in an Excel installation to make setting up data connections easier. 詳細については、「 SQL Server Analysis Services のデータに接続する、または SQL Server Analysis Services のデータをインポートする」を参照してください。For more information, see Connect to or import data from SQL Server Analysis Services.

Reporting Services レポートReporting Services Reports

レポート ビルダーまたはレポート デザイナーを使用すると、分析データを格納する Analysis Services データベースを利用したレポートを作成できます。You can use Report Builder or Report Designer to create reports that consume Analysis Services databases that contain analytical data. レポート ビルダーとレポート デザイナーにはどちらも MDX クエリ デザイナーが備わっており、利用可能なデータ ソースからデータを取得する MDX ステートメントを、このクエリ デザイナーを使用して入力、設計することができます。Both Report Builder and Report Designer include an MDX query designer that you can use to type or design MDX statements that retrieve data from an available data source. 詳細については、「Reporting Services でサポートされるデータ ソース (SSRS)」と「MDX のための Analysis Services の接続の種類 (SSRS)」を参照してください。For more information, see Data Sources Supported by Reporting Services (SSRS) and Analysis Services Connection Type for MDX (SSRS).

PerformancePoint ダッシュボードPerformancePoint Dashboards

PerformancePoint ダッシュボードは、あらかじめ定義された指標に対しての業績を表すスコアカードを SharePoint で作成するときに使用します。PerformancePoint Dashboards are used to create scorecards in SharePoint that communicate business performance against predefined measures. PerformancePoint は、Analysis Services 多次元データへのデータ接続をサポートします。PerformancePoint includes support for data connections to Analysis Services multidimensional data. 詳細については、「 Analysis Services のデータ接続を作成する (PerformancePoint Services)」を参照してください。For more information, Create an Analysis Services data connection (PerformancePoint Services).

SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools

モデル デザイナーとレポート デザイナーでは、SQL Server データ ツールを使用して、多次元モデルを含んだソリューションを構築します。Model and report designers use SQL Server Data Tools to build solutions that include multidimensional models. Analysis Services インスタンスにソリューションを配置するということは、後でビジネス インテリジェンス クライアント アプリケーション (Excel や Reporting Services など) から接続するためのデータベースを作成するということです。Deploying the solution to an Analysis Services instance is what creates the database that you subsequently connect to from Excel, Reporting Services, and other business intelligence client applications.

SQL Server データ ツールは Visual Studio のシェルをベースに構築されており、モデルの編成と格納にはプロジェクトが使用されます。SQL Server Data Tools is built on a Visual Studio shell and uses projects to organize and contain the model. 詳細については、「SQL Server データ ツール (SSDT) を使用した多次元モデルの作成」を参照してください。For more information, see Creating Multidimensional Models Using SQL Server Data Tools (SSDT).

SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio

データベース管理者にとって SQL Server Management Studio は、多次元データベースや Analysis Services のインスタンスを含む、SQL Server のインスタンスを管理するための統合環境です。For database administrators, SQL Server Management Studio is an integrated environment for managing your SQL Server instances, including instances of Analysis Services and multidimensional databases. 詳細については、「 SQL Server Management Studio 」と「 Analysis Services への接続」を参照してください。For more information, see SQL Server Management Studio and Connect to Analysis Services.

クエリ言語Query Languages

MDX は、OLAP データベースからデータを取得するための業界標準のクエリ/計算言語です。MDX is an industry standard query and calculation language used to retrieve data from OLAP databases. Analysis Services において、MDX は、データを取得するためのクエリ言語であると共に、データの定義とデータの操作にも対応しています。In Analysis Services, MDX is the query language used to retrieve data, but also supports data definition and data manipulation. SQL Server Management Studio、Reporting Services、および SQL Server データ ツールには MDX エディターが組み込まれています。MDX editors are built into SQL Server Management Studio, Reporting Services, and SQL Server Data Tools. 使用頻度の高いデータ操作については、MDX エディターを使用して、アドホック クエリや再利用可能なスクリプトを作成することができます。You can use the MDX editors to create ad hoc queries or reusable script if the data operation is repeatable.

Excel をはじめとする一部のツールやアプリケーションでは、Analysis Services データ ソースをクエリする際に MDX の構文が内部的に使用されています。Some tools and applications, such as Excel, use MDX constructs internally to query an Analysis Services data source. XMLA の Execute 要求に MDX ステートメントを含めることによって、プログラムから MDX を使用することもできます。You can also use MDX programmatically, by enclosing MDX statement in an XMLA Execute request.

MDX の詳細については、次のリンクを参照してください。The following links provide more information about MDX:

MDX による多次元データのクエリQuerying Multidimensional Data with MDX

MDX の主な概念 (Analysis Services)Key Concepts in MDX (Analysis Services)

MDX クエリの基礎 (Analysis Services)MDX Query Fundamentals (Analysis Services)

MDX スクリプティングの基礎 (Analysis Services)MDX Scripting Fundamentals (Analysis Services)

プログラミング インターフェイスProgrammatic Interfaces

多次元データを使用したカスタム アプリケーションを構築する場合のデータへのアクセス手段は、そのほとんどが、次のいずれかのカテゴリに該当します。If you are building a custom application that uses multidimensional data, your approach for accessing the data will most likely fall into one of the following categories:

  • XMLAXMLA. 広範なオペレーティング システムおよびプロトコルとの互換性を確保する必要がある場合は XMLA を使用します。Use XMLA when you require compatibility with a wide variety of operating systems and protocols. 柔軟性の点では XMLA に勝る手段はありませんが、その分、パフォーマンスの高さとプログラミングのしやすさが損なわれる場合があります。XMLA offers the greatest flexibility, but often at the cost of improved performance and ease of programming.

  • クライアント ライブラリClient libraries. Microsoft Windows オペレーティング システム上のクライアント アプリケーションからプログラムによってデータにアクセスするには、ADOMD.NET、AMO、OLE DB など、Analysis Services のクライアント ライブラリを使用します。Use Analysis Services client libraries, such as ADOMD.NET, AMO, and OLE DB when you want to access data programmatically from client applications that run on a Microsoft Windows operating system. クライアント ライブラリでは、XMLA がオブジェクト モデルによってラップされ、より高いパフォーマンスを実現するために最適化されています。The client libraries wrap XMLA with an object model and optimizations that provide better performance.

    ADOMD.NET と AMO クライアント ライブラリは、マネージド コードで作成されたアプリケーション用です。ADOMD.NET and AMO client libraries are for applications written in managed code. アプリケーションがネイティブ コードで作成されている場合は、OLE DB for Analysis Services を使用してください。Use OLE DB for Analysis Services if your application is written in native code.

Analysis Services をカスタム アプリケーションに接続するためのクライアント ライブラリについて、より詳しい情報とリンクを次の表に示します。The following table provides additional detail and links about the client libraries used for connecting Analysis Services to a custom application.

インターフェイスInterface 説明Description
Analysis Services 管理オブジェクト (AMO)Analysis Services Management Objects (AMO) AMO は、Analysis Services のインスタンスと多次元データベースをコードで管理するための主要なオブジェクト モデルです。AMO is the primary object model for administering Analysis Services instances and multidimensional databases in code. たとえば、SQL Server Management Studio では、サーバーとデータベースの管理をサポートするために AMO が使用されています。For example, SQL Server Management Studio uses AMO to support server and database administration. 詳細については、「分析管理オブジェクト (AMO) による開発」を参照してください。For more information, see Developing with Analysis Management Objects (AMO).
ADOMD.NETADOMD.NET ADOMD.NET は、カスタム アプリケーションから多次元データを作成し、利用するための主要なオブジェクト モデルです。ADOMD.NET is the primary object model creating and accessing multidimensional data in custom applications. マネージド クライアント アプリケーションでは ADOMD.NET を使用して、共通の Microsoft .NET Framework データ アクセス インターフェイスを経由して Analysis ServicesAnalysis Services 情報を取得できます。You can use ADOMD.NET in a managed client application to retrieve Analysis ServicesAnalysis Services information using common Microsoft .NET Framework data access interfaces. 詳細については、「 ADOMD.NET での開発 」と「 ADOMD.NET クライアント プログラミング」を参照してください。For more information, see Developing with ADOMD.NET and ADOMD.NET Client Programming.
Analysis Services OLE DB Provider (MSOLAP.dll)Analysis Services OLE DB Provider (MSOLAP.dll) ネイティブ OLE DB プロバイダーを使用すると、プログラムで非マネージ API から Analysis ServicesAnalysis Services にアクセスすることができます。You can use the native OLE DB provider to access Analysis ServicesAnalysis Services programmatically from a non-managed API. 詳細については、「Analysis Services OLE DB Provider (Analysis Services - 多次元データ)」を参照してください。For more information, see Analysis Services OLE DB Provider (Analysis Services - Multidimensional Data).
スキーマ行セットSchema Rowsets スキーマ行セットのテーブルは、サーバーに配置された多次元モデルについての説明情報と、サーバー上の現在のアクティビティに関する情報を格納するデータ構造です。Schema rowset tables are data structures that contain descriptive information about a multidimensional model that is deployed on the server, as well as information about current activity on the server. プログラマは、クライアント アプリケーションからスキーマ行セットのテーブルをクエリすることによって、 Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスに格納されているメタデータを調べたり、サポート情報や監視情報を取得したりすることができます。As a programmer, you can query schema rowset tables in client applications to examine metadata stored on, and retrieve support and monitoring information from, an Analysis ServicesAnalysis Services instance. スキーマ行セットは、プログラム インターフェイスで使用できます。OLE DB、Analysis services OLE DB、OLE DB 用データ マイニング、または XMLA。You can use schema rowsets with these programmatic interfaces: OLE DB, OLE DB for Analysis Services, OLE DB for Data Mining, or XMLA. 詳細については、「 Analysis Services のスキーマ行セット」をご覧ください。For more information, see Analysis Services Schema Rowsets.

次の一覧では、スキーマ行セットを使用するためのいくつかの方法について説明します。The following list explains several approaches for using schema rowsets:

- SQL Server Management Studio またはカスタム レポートから、SQL 構文を使用して DMV クエリを実行し、スキーマ行セットにアクセスする。-Run DMV queries in SQL Server Management Studio or in custom reports to access schema rowsets using SQL syntax. 詳細については、「動的管理ビュー (DMV) を使用した Analysis Services の監視」を参照してください。For more information, see Use Dynamic Management Views (DMVs) to Monitor Analysis Services.

- スキーマ行セットを呼び出す ADOMD.NET コードを作成する。-Write ADOMD.NET code that calls a schema rowset.

- XMLA Discover メソッドを Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスに対して直接実行し、スキーマ行セット情報を取得する。-Run the XMLA Discover method directly against an Analysis ServicesAnalysis Services instance to retrieve schema rowset information. 詳細については、「Discover メソッド (XMLA)」を参照してください。For more information, see Discover Method (XMLA).
XMLAXMLA XMLA は、Analysis Services のプログラマが利用できる最下層の API であり、Analysis Services データに対するあらゆるアクセス手法の下に横たわる共通の基盤です。XMLA is the lowest level API available to an Analysis Services programmer, and is the common denominator that underlies all Analysis Services data access methodologies. XMLA は、SOAP ベースの業界標準の XML プロトコルで、HTTP 接続で利用できるあらゆる標準的な多次元データ ソースへの汎用データ アクセスをサポートします。XMLA is an industry standard, SOAP based XML protocol that supports universal data access to any standard multidimensional data source available over an HTTP connection. 多次元データの要求と応答は SOAP を使用して作成されます。It uses SOAP to formulate requests and responses for multidimensional data. アプリケーションが Windows 以外のプラットフォームで実行されている場合は、ネットワーク上の Windows サーバーで運用されている多次元データベースに、XMLA を使用してアクセスできます。If your application runs on a non-Windows platform, you can use XMLA to access a multidimensional database that is running on a Windows server on your network. 詳細については、「 Analysis Services での XMLA による開発」を参照してください。For more information, see Developing with XMLA in Analysis Services.
Analysis Services スクリプト言語 (ASSL)Analysis Services Scripting Language (ASSL) ASSL は、XMLA プロトコルの Analysis Services 拡張機能を指す概念的な用語です。ASSL is a descriptive term that applies to Analysis Services extensions of the XMLA protocol. XMLA プロトコルには Execute メソッドと Discover メソッドが定義されていますが、ASSL によって、次の機能が加わります。Whereas the Execute and Discover methods are described by the XMLA protocol, ASSL adds the following capability:

- XMLA スクリプト-XMLA script

- XMLA オブジェクト定義-XMLA object definitions

- XMLA コマンド-XMLA commands

ASSL 拡張機能によってデータ定義、データ操作、データ制御への対応が可能となり、Analysis Services は、XMLA プロトコルに備わっている基本機能の枠を超えて XMLA の構成要素を使用することができます。ASSL extensions enable Analysis Services to use XMLA constructs beyond the basic provisions of the protocol, adding data definition, data manipulation, and data control support. 詳細については、「 Analysis Services スクリプト言語 (ASSL) での開発」を参照してください。For more information, see Developing with Analysis Services Scripting Language (ASSL).

参照See Also

Analysis Services への接続 Connect to Analysis Services
Analysis Services スクリプト言語 (ASSL) での開発 Developing with Analysis Services Scripting Language (ASSL)
Analysis Services での XMLA による開発Developing with XMLA in Analysis Services