全般プロパティGeneral Properties

適用対象:○SQL Server Analysis Services×Azure Analysis ServicesAPPLIES TO:yesSQL Server Analysis ServicesnoAzure Analysis Services

Analysis ServicesAnalysis Services次の表に示すサーバー プロパティをサポートしています。 supports the server properties listed in the following tables. このトピックでは、Security、Network、ThreadPool など、個別のセクションで取り上げることのできなかった、msmdsrv.ini ファイル内のサーバー プロパティについて説明しています。This topic documents those server properties in the msmdsrv.ini file that are not otherwise included in a specific section, such as Security, Network, or ThreadPool. その他のサーバー プロパティとその設定方法の詳細については、「Analysis Services のサーバー プロパティ」を参照してください。For more information about additional server properties and how to set them, see Server Properties in Analysis Services.

適用対象: 特に記載のない限り、多次元サーバー モードおよびテーブル サーバー モードが対象となります。Applies to: Multidimensional and Tabular server mode, unless noted otherwise

不特定カテゴリNon-Specific Category

AdminTimeoutAdminTimeout
管理者のタイムアウトを秒単位で定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。A signed 32-bit integer property that defines the administrator timeout in seconds. これは詳細プロパティなので、 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。This is an advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

このプロパティの既定値は 0 であり、タイムアウトがないことを示します。The default value for this property is zero (0), which indicates there is no timeout.

AllowedBrowsingFoldersAllowedBrowsingFolders
Analysis Services のダイアログ ボックスでファイルを保存、開く、および検索するときに参照できるフォルダーを区切り記号で区切った一覧で指定する文字列プロパティです。A string property that specifies in a delimited list the folders that can be browsed when saving, opening, and finding files in Analysis Services dialog boxes. Analysis Services のサービス アカウントには、リストに追加するすべてのフォルダーの読み取り権限と書き込み権限が必要です。The Analysis Services service account must have read and write permissions to any folders that you add to the list.

BackupDirBackupDir
Backup コマンドでパスが指定されていない場合に、既定によりバックアップ ファイルが格納されるディレクトリの名前を指定する文字列プロパティです。A string property that identifies the name of the directory where backup files are stored by default, in the event a path is not specified as part of the the Backup command.

CollationNameCollationName
サーバーの照合順序を指定する文字列プロパティです。A string property that identifies the server collation. 詳細については、「言語および照合順序 (Analysis Services)」を参照してください。For more information, see Languages and Collations (Analysis Services).

CommitTimeoutCommitTimeout
サーバーがトランザクションをコミットする目的で書き込みロックの取得を待機する時間 (ミリ秒単位) を指定する整数のプロパティです。An integer property that specifies how long (in milliseconds) the server will wait to acquire a write lock for the purpose of committing a transaction. サーバーはトランザクションをコミットする書き込みロックを取得する前に他のロックが解放されるのを待機する必要があるため、待機期間が必要になることがあります。A waiting period is often required because the server must wait for other locks to be released before it can take a write lock that commits the transaction.

このプロパティの既定値は 0 であり、サーバーで無限に待機することを示します。The default value for this property is zero (0), which indicates that the server will wait indefinitely. ロックに関連したプロパティの詳細については、「 SQL Server 2008 R2 Analysis Services 操作ガイド」を参照してください。For more information about lock-related properties, see SQL Server 2008 R2 Analysis Services Operations Guide.

CoordinatorBuildMaxThreadsCoordinatorBuildMaxThreads
パーティション インデックスの作成に割り当てられるスレッドの最大数を定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。A signed 32-bit integer property that defines the maximum number of threads allocated to building partition indexes. パーティション インデックスの作成時間を短縮するには、この値を大きくしてください。ただし、メモリの使用量は増えます。Increase this value in order to speed-up partition indexing, at the cost of memory usage. このプロパティの詳細については、「 SQL Server 2008 R2 Analysis Services 操作ガイド」を参照してください。For more information about this property, see SQL Server 2008 R2 Analysis Services Operations Guide.

CoordinatorCancelCountCoordinatorCancelCount
キャンセル イベントが発生したかどうかを内部反復カウントに基づいてサーバーがチェックする頻度を定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。A signed 32-bit integer property that defines how frequently the server should check whether a Cancel event occurred (based on internal iteration count). キャンセルのチェック頻度を多くするには、この値を小さくしてください。ただし、全体的なパフォーマンスは低下します。Decrease this number in order to check for Cancel more frequently, at the expense of general performance. 表形式サーバー モードでは、このプロパティが無視されます。This property is ignored in tabular server mode.

CoordinatorExecutionModeCoordinatorExecutionMode
処理操作やクエリ操作など、サーバーによって試行される並列操作の最大数を定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。A signed 32-bit integer property that defines the maximum number of parallel operations the server will attempt, including processing and querying operations. 0 を指定すると、サーバーの内部アルゴリズムに基づいて決定されます。Zero (0) indicates that the server will decide, based on an internal algorithm. 正の数値は、操作の最大総数を示します。A positive number indicates the maximum number of operations in total. 負の数値 (反対の符号) は、プロセッサあたりの操作の最大数を示します。A negative number, with the sign reversed, indicates the maximum number of operations per processor.

このプロパティの既定値は -4 であり、サーバーのプロセッサあたりの並列操作が 4 に制限されることを示します。The default value for this property is -4, which indicates the server is limited to 4 parallel operations per processor. このプロパティの詳細については、「 SQL Server 2008 R2 Analysis Services 操作ガイド」を参照してください。For more information about this property, see SQL Server 2008 R2 Analysis Services Operations Guide.

CoordinatorQueryMaxThreadsCoordinatorQueryMaxThreads
クエリ解決時のパーティション セグメントあたりの最大スレッド数を定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。A signed 32-bit integer property that defines the maximum number of threads per partition segment during query resolution. 同時ユーザーの数が少なくなるほど大きい値を設定できますが、値を大きくするとメモリの使用量が増えます。The fewer the number of concurrent users, the higher this value can be, at the cost of memory. 逆に、同時ユーザーが多い場合は、この値を小さくする必要があります。Conversely, it may need to be lowered if there are a large number of concurrent users.

CoordinatorShutdownModeCoordinatorShutdownMode
コーディネーターのシャットダウン モードを定義するブール型プロパティです。A Boolean property that defines coordinator shutdown mode. これは詳細プロパティなので、 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。This is an advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

DataDirDataDir
データを保存するディレクトリの名前を指定する文字列プロパティです。A string property that identifies the name of the directory where data is stored.

DeploymentModeDeploymentMode
Analysis Services サーバー インスタンスの操作コンテキストを指定します。Determines the operational context of an Analysis Services server instance. このプロパティは、ダイアログ ボックス、メッセージ、およびドキュメントで "サーバー モード" と呼ばれます。This property is referred to as ‘server mode’ in dialog boxes, messages, and documentation. このプロパティは、Analysis Services のインストール時に選択したサーバー モードに基づいて、SQL Server セットアップによって構成されます。This property is configured by SQL Server Setup based on the server mode you selected when installing Analysis Services. このプロパティは内部使用のみと見なしてください。常にセットアップによって指定された値が使用されます。This property should be considered internal only, always using the value specified by Setup.

このプロパティの有効値を以下に示します。Valid values for this property include the following:

Value 説明Description
00 これが既定値です。This is the default value. MOLAP、HOLAP、ROLAP の各ストレージ、およびデータ マイニング モデルを使用する多次元データベースの処理に使用される多次元モードを指定します。It specifies multidimensional mode, used to service multidimensional databases that use MOLAP, HOLAP, and ROLAP storage, as well as data mining models.
11 Power PivotPower Pivot for SharePoint 配置の一部としてインストールされた Analysis Services インスタンスを指定します。Specifies Analysis Services instances that were installed as part of a Power PivotPower Pivot for SharePoint deployment. Power PivotPower Pivot for SharePoint インストールの一部である Analysis Services インスタンスの配置モード プロパティは変更しないでください。Do not change the deployment mode property of Analysis Services instance that is part of a Power PivotPower Pivot for SharePoint installation. Power PivotPower Pivot データは、モードを変更するとサーバー上で実行されなくなります。 data will no longer run on the server if you change the mode.
22 インメモリ ストレージまたは DirectQuery ストレージを使用するテーブル モデル データベースをホストするために使用するテーブル モードを指定します。Specifies Tabular mode used for hosting tabular model databases that use in-memory storage or DirectQuery storage.

各モードは、他のモードと相互に排他的です。Each mode is exclusive of the other. テーブル モード用に構成されたサーバーでは、キューブおよびディメンションを含む Analysis Services データベースを実行できません。A server that is configured for tabular mode cannot run Analysis Services databases that contain cubes and dimensions. 基になるコンピューターのハードウェアでサポートできる場合は、Analysis Services の複数のインスタンスを同じコンピューターにインストールし、さまざまな配置モードを使用するように各インスタンスを構成できます。If the underlying computer hardware can support it, you can install multiple instances of Analysis Services on the same computer and configure each instance to use a different deployment mode. Analysis Services はリソースを大量に消費するアプリケーションであることに注意してください。Remember that Analysis Services is a resource intensive application. 同じシステム上に複数のインスタンスを配置する構成は、ハイエンド サーバーの場合のみお勧めします。Deploying multiple instances on the same system is recommended only for high-end servers.

EnableFast1033LocaleEnableFast1033Locale
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

ExternalCommandTimeoutExternalCommandTimeout
リレーショナル データ ソースや外部 Analysis ServicesAnalysis Services サーバーなど、外部サーバーに対して発行されたコマンドのタイムアウトを秒単位で定義する整数のプロパティです。An integer property that defines the timeout, in seconds, for commands issued to external servers, including relational data sources and external Analysis ServicesAnalysis Services servers.

このプロパティの既定値は 3600 (秒) です。The default value for this property is 3600 (seconds).

ExternalConnectionTimeoutExternalConnectionTimeout
リレーショナル データ ソースや外部 Analysis ServicesAnalysis Services サーバーなど、外部サーバーへの接続確立のタイムアウトを秒単位で定義する整数のプロパティです。An integer property that defines the timeout, in seconds, for creating connections to external servers, including relational data sources and external Analysis ServicesAnalysis Services servers. このプロパティは、接続のタイムアウトが接続文字列に指定されている場合に無視されます。This property is ignored if a connection timeout is specified on the connection string.

このプロパティの既定値は 60 (秒) です。The default value for this property is 60 (seconds).

ForceCommitTimeoutForceCommitTimeout
処理中のクエリなど、現在のコマンドに先行する他のコマンドを取り消す前に書き込みコミット操作が待機する必要のある時間をミリ秒単位で指定する整数のプロパティです。An integer property that specifies how long, in milliseconds, a write commit operation should wait before canceling other commands that preceded the current command, including queries in progress. これにより、クエリなどの優先順位の低い操作を取り消すことでコミット トランザクションを続行できます。This allows the commit transaction to proceed by canceling lower priority operations, such as queries.

このプロパティの既定値は 30 秒 (30,000 ミリ秒) であり、コミット トランザクションが 30 秒間待機するまで他のコマンドはタイムアウトにならないことを示します。The default value for this property is 30 seconds (30000 milliseconds), which indicates that other commands will not be forced to timeout until the commit transaction has been waiting for 30 seconds.

注意

このイベントによってクエリやプロセスが取り消されると、"Server: The operation has been cancelled" というエラー メッセージが報告されます。Queries and processes cancelled by this event will report the following error message: "Server: The operation has been cancelled"

このプロパティの詳細については、「SQL Server 2008 R2 Analysis Services 操作ガイド」を参照してください。For more information about this property, see SQL Server 2008 R2 Analysis Services Operations Guide.

重要

ForceCommitTimeout は、キューブ処理コマンドと書き戻し操作に適用されます。ForceCommitTimeout applies to cube processing commands and to writeback operations.

IdleConnectionTimeoutIdleConnectionTimeout
アクティブでない接続のタイムアウトを秒単位で指定する整数のプロパティです。An integer property that specifies a timeout, in seconds, for connections that are inactive.

このプロパティの既定値は 0 であり、アイドル状態の接続がタイムアウトにならないことを示します。The default value for this property is zero (0), which indicates that idle connections will not be timed out.

IdleOrphanSessionTimeoutIdleOrphanSessionTimeout
孤立したセッションをサーバー メモリに保持しておく時間を秒単位で定義する整数のプロパティです。An integer property that defines how long, in seconds, orphaned sessions will be retained in server memory. 孤立セッションとは、関連付けられている接続がなくなったセッションです。An orphaned session is one that no longer has an associated connection. 既定値は 120 秒です。The default is 120 seconds.

InstanceVisibleInstanceVisible
SQL Server Browser サービスからのインスタンス要求を検出するためにサーバー インスタンスを表示するかどうかを指定するブール型プロパティです。A Boolean property that indicates whether the server instance is visible to discover instance requests from SQL Server Browser service. 既定値は True です。The default is True. false に設定した場合、インスタンスは SQL Server Browser に表示されません。If you set it to false, the instance is not visible to SQL Server Browser.

言語Language
エラー メッセージや数値書式などの言語を定義する文字列プロパティです。A string property that defines the language, including error messages and number formatting. このプロパティは CollationName プロパティに優先します。This property overrides the CollationName property.

このプロパティの既定値は空白であり、CollationName プロパティによって言語が定義されることを示します。The default value for this property is blank, which indicates that the CollationName property defines the language.

LogDirLogDir
サーバー ログを保存するディレクトリの名前を指定する文字列プロパティです。A string property that identifies the name of the directory that contains server logs. このプロパティは、データベース テーブル (既定の動作) ではなく、ディスク ファイルがログ記録に使用される場合にのみ適用されます。This property only applies when disk files are used for logging, as opposed to database tables (the default behavior).

MaxIdleSessionTimeoutMaxIdleSessionTimeout
アイドル状態のセッションの最大タイムアウトを秒単位で定義する整数のプロパティです。An integer property that defines the maximum idle session timeout, in seconds. 既定値は 0 (ゼロ) で、セッションがタイムアウトにならないことを示します。ただし、サーバーにリソースの制約がある場合はアイドル状態のセッションが削除されます。The default is zero (0), indicating that sessions are never timed out. However, idle sessions will still be removed if the server is under resource constraints.

MinIdleSessionTimeoutMinIdleSessionTimeout
アイドル状態のセッションがタイムアウトになるまでの最短時間を秒単位で定義する整数のプロパティです。An integer property that defines the minimum time, in seconds, that idle sessions will timeout. 既定値は 2700 秒です。The default is 2700 seconds. この時間を経過すると、メモリが必要な場合に限り、アイドル状態のセッションがサーバーによって終了されます。After this time expires, the server is permitted to end the idle session, but will only do so as memory is needed.

ポートPort
サーバーがクライアント接続をリッスンするポート番号を定義する整数のプロパティです。An integer property that defines the port number on which server will listen for client connections. このプロパティを設定しない場合、サーバーは最初の未使用ポートを動的に検出します。If not set, server dynamically finds first unused port.

このプロパティの既定値は 0 であり、ポート 2383 が既定により使用されます。The default value for this property is zero (0), which in turn defaults to port 2383. ポートの構成の詳細については、「 Analysis Services のアクセスを許可するための Windows ファイアウォールの構成」をご覧ください。For more information about port configuration, see Configure the Windows Firewall to Allow Analysis Services Access.

ServerTimeoutServerTimeout
クエリのタイムアウトを秒単位で定義する整数です。An integer that defines the timeout, in seconds, for queries. 既定値は 3600 秒 (60 分) です。The default is 3600 seconds (or 60 minutes). ゼロ (0) はクエリがタイムアウトにならないことを指定します。Zero (0) specifies that no queries will timeout.

TempDirTempDir
処理、復元、その他の操作時に使用する一時ファイルの格納場所を指定する文字列プロパティです。A string property that specifies the location for storing temporary files used during processing, restoring, and other operations. このプロパティの既定値は、セットアップによって指定されます。The default value for this property is determined by setup. このプロパティを指定しない場合、既定値は Data ディレクトリです。If not specified, the default is the Data directory.

要求の優先順位付けカテゴリRequestPrioritization Category

有効Enabled
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

StatisticsStoreSizeStatisticsStoreSize
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

参照See Also

Analysis Services のサーバー プロパティ Server Properties in Analysis Services
Analysis Services インスタンスのサーバー モードの決定Determine the Server Mode of an Analysis Services Instance