ログのプロパティLog Properties

適用対象: はいSQL Server Analysis ServicesはいAzure Analysis ServicesAPPLIES TO: yesSQL Server Analysis Services yesAzure Analysis Services

Analysis ServicesAnalysis Services では、次の表に示すログ サーバー プロパティがサポートされています。supports the log server properties listed in the following tables. その他のサーバー プロパティとその設定方法の詳細については、「 Analysis Services のサーバー プロパティ」を参照してください。For more information about additional server properties and how to set them, see Server Properties in Analysis Services.

注意

すべてのプロパティは、Azure Analysis Services に適用されます。Not all properties apply to Azure Analysis Services.

全般General

[最近使ったファイル]File
サーバーのログ ファイルの名前を識別する文字列プロパティです。A string property that identifies the name of the server log file. このプロパティは、データベース テーブル (既定の動作) ではなく、ディスク ファイルがログ記録に使用される場合にのみ適用されます。This property only applies when a disk file is used for logging, as opposed to a database table (the default behavior).

このプロパティの既定値は msmdsrv.log です。The default value for this property is msmdsrv.log.

FileBufferSizeFileBufferSize
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

MessageLogsMessageLogs
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

エラー ログError Log

次のプロパティをサーバー インスタンス レベルで設定し、他のツールとデザイナーに表示されるエラーの構成の既定値を変更できます。You can set these properties at the server instance level to modify the default values for Error Configuration that appear in other tools and designers. 参照してくださいキューブ、パーティション、およびディメンションの処理のエラー構成(SSAS - 多次元)ErrorConfiguration詳細についてはします。See Error Configuration for Cube, Partition, and Dimension Processing (SSAS - Multidimensional) and ErrorConfiguration for more information.

ErrorLog\ErrorLogFileNameErrorLog\ErrorLogFileName
サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。A property used as a default during processing operation performed by the server.

ErrorLog\ErrorLogFileSizeErrorLog\ErrorLogFileSize
サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。A property used as a default during processing operation performed by the server.

ErrorLog\KeyErrorActionErrorLog\KeyErrorAction
KeyNotFound エラーが発生した場合に、サーバーが実行するアクションを指定します。Specifies the action taken by the server when a KeyNotFound error occurs. このエラーへの有効な応答は次のとおりです。Valid responses to this error include:

  • ConvertToUnknown は、不明なメンバーにエラーのキー値を割り当てるようにサーバーに指示します。ConvertToUnknown tells the server to allocate the error key value to the unknown member.

  • DiscardRecord は、レコードを除外するようにサーバーに指示します。DiscardRecord tells the server to exclude the record.

ErrorLog\KeyErrorLogFileErrorLog\KeyErrorLogFile
サービス アカウントが読み取り/書き込み権限を持つフォルダーにある、.log ファイル拡張子を持つ必要があるユーザー定義のファイル名です。This is a user-defined filename that must have a .log file extension, located in a folder on which the service account has read-write permissions. このログ ファイルには、処理中に生成されたエラーのみが含まれます。This log file will only contain errors generated during processing. 詳細情報が必要な場合はフライト レコーダーを使用します。Use the Flight Recorder if you require more detailed information.

ErrorLog\KeyErrorLimitErrorLog\KeyErrorLimit
処理が失敗するまでにサーバーが許可するデータ整合性エラーの最大数です。This is the maximum number of data integrity errors that the server will allow before failing the processing. 値が 1 の場合は、数に制限がないことを示します。A value of -1 indicates that there is no limit. 既定値は 0 です。これは、最初のエラーが発生した後に処理が停止することを意味します。The default is 0, which means processing stops after the first error occurs. 整数に設定することもできます。You can also set it to a whole number.

ErrorLog\KeyErrorLimitActionErrorLog\KeyErrorLimitAction
キー エラー数が上限に達した場合にサーバーが実行するアクションを指定します。Specifies the action taken by the server when the number of key errors has reached the upper limit. このアクションへの有効な応答は次のとおりです。Valid responses to this action include:

  • StopProcessing は、エラーの上限に到達した場合に処理を停止するようにサーバーに指示します。StopProcessing tells the server to stop processing when the error limit is reached.

  • StopLogging は、エラーの上限に到達した場合にエラーの記録を停止するものの、処理を継続するようにサーバーに指示します。StopLogging tells the server to stop logging errors when the error limit is reached, but allow processing to continue.

ErrorLog\ LogErrorTypes\KeyNotFoundErrorLog\ LogErrorTypes\KeyNotFound
KeyNotFound エラーが発生した場合に、サーバーが実行するアクションを指定します。Specifies the action taken by the server when a KeyNotFound error occurs. このエラーへの有効な応答は次のとおりです。Valid responses to this error include:

  • IgnoreError は、エラーを記録せずに処理を継続するか、キー エラーの上限に達するまでカウントするようにサーバーに指示します。IgnoreError tells the server to continue processing without logging the error or counting it towards the key error limit. エラーを無視すると、エラー カウントに追加したり画面またはログ ファイルに記録することなく、処理を継続します。By ignoring the error, you simply allow processing to continue without adding to the error count or logging it to the screen or log file. レコードにデータの整合性の問題があり、データベースに追加できません。The record in question has a data integrity problem and cannot be added to the database. レコードは、 KeyErrorAction プロパティで指定されているとおりに、破棄されるか、不明なメンバーに集計されます。The record will either be discarded or aggregated to Unknown Member, as determined by the KeyErrorAction property.

  • ReportAndContinue は、エラーを記録して、キー エラーの上限に達するまでカウントし、処理を継続するようにサーバーに指示します。ReportAndContinue tells the server to log the error, count it towards the key error limit, and continue processing. エラーをトリガーするレコードは、破棄されるか、不明メンバーに変換されます。The record triggering the error is discarded or converted to Unknown Member.

  • ReportAndStop は、エラーを記録し、キー エラーの上限に関係なく処理を直ちに停止するようにサーバーに指示します。ReportAndStop tells the server to log the error and stop processing immediately, regardless of the key error limit. エラーをトリガーするレコードは、破棄されるか、不明メンバーに変換されます。The record triggering the error is discarded or converted to Unknown Member.

ErrorLog\ LogErrorTypes\KeyDuplicateErrorLog\ LogErrorTypes\KeyDuplicate
重複したキーが見つかった場合に、サーバーが実行するアクションを指定します。Specifies the action taken by the server when a duplicate key is found. 有効な値は、エラーが発生しなかったかのように処理を継続する IgnoreError 、エラーを記録して処理を継続する ReportAndContinue 、エラー数がエラーの上限に達していなくてもエラーを記録して直ちに処理を停止する ReportAndStop です。Valid values include IgnoreError to continue processing as if the error did not occur, ReportAndContinue to log the error and continue processing, and ReportAndStop to log the error and stop processing immediately, even if the error count is below the error limit.

ErrorLog\ LogErrorTypes\NullKeyConvertedToUnknownErrorLog\ LogErrorTypes\NullKeyConvertedToUnknown
NULL キーが不明なメンバーに変換された場合にサーバーが実行する操作を指定します。Specifies the action taken by the server when a null key has been converted to Unknown Member. 有効な値は、エラーが発生しなかったかのように処理を継続する IgnoreError 、エラーを記録して処理を継続する ReportAndContinue 、エラー数がエラーの上限に達していなくてもエラーを記録して直ちに処理を停止する ReportAndStop です。Valid values include IgnoreError to continue processing as if the error did not occur, ReportAndContinue to log the error and continue processing, and ReportAndStop to log the error and stop processing immediately, even if the error count is below the error limit.

ErrorLog\ LogErrorTypes\NullKeyNotAllowedErrorLog\ LogErrorTypes\NullKeyNotAllowed
NullProcessing がディメンション属性の Error に設定されている場合にサーバーが実行するアクションを指定します。Specifies the action taken by the server when NullProcessing is set to Error for a dimension attribute. エラーは、指定された属性で NULL 値が許可されていない場合に生成されます。An error is generated when a null value is not allowed in a given attribute. このエラー構成プロパティは、次の手順を通知します。つまり、エラーを報告してエラーの上限に達するまで処理を継続します。This error configuration property informs the next step, which is to report the error and continue processing until the error limit is reached. 有効な値は、エラーが発生しなかったかのように処理を継続する IgnoreError 、エラーを記録して処理を継続する ReportAndContinue 、エラー数がエラーの上限に達していなくてもエラーを記録して直ちに処理を停止する ReportAndStop です。Valid values include IgnoreError to continue processing as if the error did not occur, ReportAndContinue to log the error and continue processing, and ReportAndStop to log the error and stop processing immediately, even if the error count is below the error limit.

ErrorLog\ LogErrorTypes\CalculationErrorErrorLog\ LogErrorTypes\CalculationError
サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。A property used as a default during processing operation performed by the server.

ErrorLog\IgnoreDataTruncationErrorLog\IgnoreDataTruncation
サーバーによる処理操作の実行時に既定値として使用されるプロパティです。A property used as a default during processing operation performed by the server.

例外Exception

Exception\CreateAndSendCrashReportsException\CreateAndSendCrashReports
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Exception\CrashReportsFolderException\CrashReportsFolder
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Exception\SQLDumperFlagsOnException\SQLDumperFlagsOn
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Exception\SQLDumperFlagsOffException\SQLDumperFlagsOff
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Exception\MiniDumpFlagsOnException\MiniDumpFlagsOn
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Exception\MinidumpErrorListException\MinidumpErrorList
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

フライト レコーダーFlight Recorder

FlightRecorder\EnabledFlightRecorder\Enabled
フライト レコーダー機能が有効かどうかを示すブール型プロパティです。A Boolean property that indicates whether the flight recorder feature is enabled.

FlightRecorder\FileSizeMBFlightRecorder\FileSizeMB
フライト レコーダーのディスク ファイルのサイズを MB 単位で定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。A signed 32-bit integer property that defines the size of the flight recorder disk file, in megabytes.

FlightRecorder\LogDurationSecFlightRecorder\LogDurationSec
フライト レコーダーがロール オーバーされる頻度を秒単位で定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。A signed 32-bit integer property that defines the frequency that the flight recorder is rolled over, in seconds.

FlightRecorder\SnapshotDefinitionFileFlightRecorder\SnapshotDefinitionFile
スナップショット定義ファイルの名前を定義する文字列プロパティです。このファイルには、スナップショットの取得時にサーバーに発行される検出コマンドが含まれています。A string property that defines the name of the snapshot definition file, containing discover commands that are issued to the server when a snapshot is taken.

このプロパティの既定値は空白です。その場合、既定で使用されるファイル名は FlightRecorderSnapshotDef.xml になります。The default value for this property is blank, which in turn defaults to file name FlightRecorderSnapshotDef.xml.

FlightRecorder\SnapshotFrequencySecFlightRecorder\SnapshotFrequencySec
スナップショットの頻度を秒単位で定義する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。A signed 32-bit integer property that defines the snapshot frequency, in seconds.

FlightRecorder\TraceDefinitionFileFlightRecorder\TraceDefinitionFile
フライト レコーダーのトレース定義ファイルの名前を指定する文字列プロパティです。A string property that specifies the name of the flight recorder trace definition file.

このプロパティの既定値は空白です。その場合、既定で使用されるファイル名は FlightRecorderTraceDef.xml になります。The default value for this property is blank, which in turn defaults to FlightRecorderTraceDef.xml.

クエリ ログQuery Log

適用対象: 多次元サーバー モードのみApplies to: Multidimensional server mode only

QueryLog\QueryLogFileNameQueryLog\QueryLogFileName
クエリ ログ ファイルの名前を指定する文字列プロパティです。A string property that specifies the name of the query log file. このプロパティは、データベース テーブル (既定の動作) ではなく、ディスク ファイルがログ記録に使用される場合にのみ適用されます。This property only applies when a disk file is used for logging, as opposed to a database table (the default behavior).

QueryLog\QueryLogSamplingQueryLog\QueryLogSampling
クエリ ログのサンプリング レートを指定する、符号付き 32 ビット整数のプロパティです。A signed 32-bit integer property that specifies the query log sampling rate.

このプロパティの既定値は 10 であり、10 回のサーバー クエリごとに 1 回がログ記録されることを意味します。The default value for this property is 10, meaning that 1 out of every 10 server queries is logged.

QueryLog\QueryLogFileSizeQueryLog\QueryLogFileSize
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

QueryLog\QueryLogConnectionStringQueryLog\QueryLogConnectionString
クエリ ログ データベースへの接続を指定する文字列プロパティです。A string property that specifies the connection to the query log database.

QueryLog\QueryLogTableNameQueryLog\QueryLogTableName
クエリ ログ テーブルの名前を指定する文字列プロパティです。A string property that specifies the name of the query log table.

このプロパティの既定値は OlapQueryLog です。The default value for this property is OlapQueryLog.

QueryLog\CreateQueryLogTableQueryLog\CreateQueryLogTable
クエリ ログ テーブルを作成するかどうかを指定するブール型プロパティです。A Boolean property that specifies whether to create the query log table.

このプロパティの既定値は False であり、サーバーによってログ テーブルが自動的に作成されず、クエリ イベントがログ記録されないことを示します。The default value for this property is false, which indicates the server will not automatically create the log table and will not log query events.

TraceTrace

Trace\TraceBackgroundDistributionPeriodTrace\TraceBackgroundDistributionPeriod
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Trace\TraceBackgroundFlushPeriodTrace\TraceBackgroundFlushPeriod
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Trace\TraceFileBufferSizeTrace\TraceFileBufferSize
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Trace\TraceFileWriteTrailerPeriodTrace\TraceFileWriteTrailerPeriod
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Trace\TraceMaxRowsetSizeTrace\TraceMaxRowsetSize
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Trace\TraceProtocolTrafficTrace\TraceProtocolTraffic
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Trace\TraceQueryResponseTextChunkSizeTrace\TraceQueryResponseTextChunkSize
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Trace\TraceReportFQDNTrace\TraceReportFQDN
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Trace\TraceRequestParametersTrace\TraceRequestParameters
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

Trace\TraceRowsetBackgroundFlushPeriodTrace\TraceRowsetBackgroundFlushPeriod
詳細プロパティです。 MicrosoftMicrosoft サポートの指示がない限り、変更しないでください。An advanced property that you should not change, except under the guidance of MicrosoftMicrosoft support.

参照See Also

Analysis Services のサーバー プロパティ Server Properties in Analysis Services
Analysis Services インスタンスのサーバー モードの決定Determine the Server Mode of an Analysis Services Instance