モデルのプロパティ (SSAS テーブル)Model Properties (SSAS Tabular)

このトピックでは、テーブル モデル プロパティについて説明します。This topic describes tabular model properties. SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) の各テーブル モデル プロジェクトには、作成中のモデルの構築とバックアップの方法やワークスペース データベースの保存方法に影響するモデルのプロパティが含まれています。Each tabular model project in SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) has model properties that affect how the model you are authoring is built, how it is backed up, and how the workspace database is stored. ここで説明するモデルのプロパティは、既に配置されているモデルには適用されません。Model properties described here do not apply to models that have already been deployed.

このトピックのセクション:Sections in this topic:

モデルのプロパティModel Properties

詳細設定Advanced

プロパティProperty 既定の設定Default setting [説明]Description
ビルドアクションBuild Action コンパイルCompile このプロパティは、ビルドおよび配置プロセスとファイルとの関係を指定します。This property specifies how the file relates to the build and deployment process. このプロパティの設定には、以下のオプションがあります。This property setting has the following options:

Compile -通常のビルドアクションが発生します。Compile - A normal build action occurs. モデル オブジェクトの定義は、.asdatabase ファイルに書き込まれます。Definitions for model objects will be written to the .asdatabase file.

None -asdatabase ファイルへの出力は空になります。None - The output to the .asdatabase file will be empty.
出力ディレクトリにコピーCopy to Output Directory コピーしないDo Not Copy このプロパティは、ソース ファイルを出力ディレクトリにコピーするかどうかを指定します。This property specifies the source file will be copied to the output directory. このプロパティの設定には、以下のオプションがあります。This property setting has the following options:

コピーしない-出力ディレクトリにコピーが作成されません。Do not copy - No copy is created in the output directory.

常にコピーする-コピーは常に出力ディレクトリに作成されます。Copy always - A copy is always created in the output directory.

新しい場合はコピーする-モデルの bim ファイルが変更された場合にのみ、出力ディレクトリにコピーが作成されます。Copy if newer - A copy is created in the output directory only if there are changes to the model.bim file.

Miscellaneous

注意

モデルの作成時に自動的に設定され、変更できないプロパティもあります。Some properties are set automatically when the model is created and cannot be changed.

注意

ワークスペース サーバー、ワークスペースの保有期間、およびデータ バックアップの各プロパティには、新しいモデル プロジェクトを作成するときに既定の設定が適用されます。Workspace Server, Workspace Retention, and Data Backup properties have default settings applied when you create a new model project. [ツール] メニューから開く [オプション] ダイアログ ボックスで、[分析サーバー] 設定の [データ モデリング] ページを使用して、新しいモデルの既定の設定を変更できます。You can change the default settings for new models on the Data Modeling page in Analysis Server settings in the Tools\Options dialog box. 他のプロパティと同様に、これらのプロパティは [プロパティ] ウィンドウでモデルごとに設定することもできます。These properties, as well as others, can also be set for each model in the Properties window. 詳細については、「 既定のデータ モデルと配置プロパティの構成 (SSAS テーブル)をクリックします。For more information, see Configure Default Data Modeling and Deployment Properties (SSAS Tabular).

プロパティProperty 既定の設定Default setting [説明]Description
CollationCollation Visual Studio がインストールされているコンピューターの既定の照合順序。Default collation for the computer for which Visual Studio is installed. モデルの照合順序指定子。The collation designator for the model.
互換性レベルCompatibility Level 既定またはプロジェクト作成時に選択した他のレベルDefault or other selected when creating the project. SQL Server 2012 Analysis Services SP1 以降に適用されます。Applies to SQL Server 2012 Analysis Services SP1 or later. このモデルで利用できる機能と設定を指定します。Specifies the features and settings available for this model. 詳細については、「互換性レベル (SSAS 表形式 SP1)」を参照してください。For more information, see Compatibility Level (SSAS Tabular SP1).
データのバックアップData Backup ディスクにバックアップしないDo not back up to disk モデル データのバックアップをバックアップ ファイルに保存するかどうかを指定します。Specifies whether or not a backup of the model data is kept in a backup file. このプロパティの既定の設定は、[ツール] メニューから開く [オプション] ダイアログボックスの分析サーバー設定の [データモデリング] ページで変更できます。Note that the default setting for this property can be changed on the Data Modeling page in Analysis Server settings in the Tools\Options dialog box. このプロパティの設定には、以下のオプションがあります。This property setting has the following options:

ディスクへのバックアップ-モデルデータのバックアップをディスク上に保持するように指定します。Back up to disk - Specifies to keep a backup of model data on disk. モデルを保存すると、バックアップ (ABF) ファイルにもデータが保存されます。When the model is saved, the data will also be saved to the backup (ABF) file. このオプションを選択すると、モデルの保存と読み込みが低速化する可能性があります。Selecting this option can cause slower model save and load times

ディスクにバックアップしない-モデルデータのバックアップをディスク上に保持しないように指定します。Do not back up to disk - Specifies to not keep a backup of model data on disk. 保存時間とモデルの読み込み時間が最小限で済みます。This option will minimize save and model loading time.
DirectQuery モードDirectQuery Mode オフOff このモデルを DirectQuery モードで動作させるかどうかを指定します。Specifies whether or not this model operates in DirectQuery Mode. 詳細については、「DirectQuery モード (SSAS テーブル)」を参照してください。For more information, see DirectQuery Mode (SSAS Tabular).
ファイル名File Name Model.bimModel.bim .bim ファイルの名前を指定します。Specifies the name of the .bim file. このファイル名は変更しないでください。The file name should not be changed.
完全なパスFull Path プロジェクトを作成したときに指定したパス。Path specified when the project was created. model.bim ファイルの場所。The model.bim file location. このプロパティを [プロパティ] ウィンドウで設定することはできません。This property cannot be set in the Properties window.
LanguageLanguage 英語English モデルの既定の言語。The default language of the model. 既定の言語は Visual Studio の言語によって決まります。The default language is determined by the Visual Studio language. このプロパティを [プロパティ] ウィンドウで設定することはできません。This property cannot be set in the Properties window.
ワークスペース データベースWorkspace Database プロジェクト名の後にアンダースコア、GUID が続きます。The project name, followed by an underscore, followed by a GUID. 選択した model.bim ファイルに対するインメモリ モデルを格納および編集する際に使用されるワークスペース データベースの名前です。The name of the workspace database used for storing and editing the in-memory model for the selected model.bim file. このデータベースは、ワークスペース サーバー プロパティで指定された Analysis Services インスタンスに表示されます。This database will appear in the Analysis Services instance specified in the Workspace Server property. このプロパティを [プロパティ] ウィンドウで設定することはできません。This property cannot be set in the Properties window. 詳細については、「ワークスペース データベース (SSAS テーブル)」を参照してください。For more information, see Workspace Database (SSAS Tabular).
ワークスペースのリテンション期間Workspace Retention メモリからアンロードUnload from memory モデルが閉じられた後でワークスペース データベースを保持する方法を指定します。Specifies how a workspace database is retained after a model is closed. ワークスペース データベースには、モデル メタデータ、モデルにインポートされたデータ、および権限借用の資格情報 (暗号化) が含まれます。A workspace database includes model metadata, the data imported into a model, and impersonation credentials (encrypted). 場合によっては、ワークスペース データベースは非常に大きくなり、大量のメモリを消費することがあります。In some cases, the workspace database can be very large and consume a significant amount of memory. 既定では、ワークスペース データベースはメモリからアンロードされます。By default, workspace databases are unloaded from-memory. この設定を変更するときには、使用可能なメモリ リソースと、モデルに対する作業を行う頻度を考慮することが重要です。When changing this setting, it is important to consider your available memory resources as well as how often you plan to work on the model. このプロパティの既定の設定は、[ツール] メニューから開く [オプション] ダイアログボックスの分析サーバー設定の [データモデリング] ページで変更できます。Note that the default setting for this property can be changed on the Data Modeling page in Analysis Server settings in the Tools\Options dialog box. このプロパティの設定には、以下のオプションがあります。This property setting has the following options:

メモリに保持-モデルを閉じた後、ワークスペースデータベースをメモリ内に保持するように指定します。Keep in memory - Specifies to keep the workspace database in memory after a model is closed. このオプションはより多くのメモリを消費しますが、 SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)でモデルを開くときのリソース消費が少なくて済み、ワークスペース データベースの読み込みも高速になります。This option will consume more memory; however, when opening a model in SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), fewer resources are consumed and the workspace database will load faster.

メモリからアンロード-モデルを閉じた後、ワークスペースデータベースをディスク上に保持し、メモリ内に保持しないように指定します。Unload from memory - Specifies to keep the workspace database on disk, but no longer in memory after a model is closed. このオプションはメモリの消費量は比較的少なくて済みますが、 SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)でモデルを開くときのリソース消費が増え、ワークスペース データベースをメモリ内に保持した場合と比べて、モデルの読み込みにも時間がかかるようになります。This option will consume less memory; however, when opening a model in SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), additional resources are consumed and the model will load more slowly than if the workspace database is kept in memory. メモリ内のリソースが制限されている場合、またはリモートのワークスペース データベースで作業する場合に、このオプションを使用します。Use this option when in-memory resources are limited or when working on a remote workspace database.

ワークスペースの削除-モデルを閉じた後で、メモリからワークスペースデータベースを削除し、ディスク上にワークスペースデータベースを保持しないように指定します。Delete workspace - Specifies to delete the workspace database from memory and not keep the workspace database on disk after the model is closed. このオプションはメモリとストレージ領域の消費量が比較的少なくて済みますが、 SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)でモデルを開くときのリソース消費が増え、ワークスペース データベースをメモリ内やディスク上に保持した場合と比べて、モデルの読み込みにも時間がかかるようになります。This option will consume less memory and storage space; however, when opening a model in SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), additional resources are consumed and the model will load more slowly than if the workspace database is kept in memory or on-disk. このオプションは、モデルに対する作業の頻度が低い場合に使用してください。Use this option when only occasionally working on models.
ワークスペースサーバーWorkspace Server localhostlocalhost このプロパティは、 SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)でモデルが作成されるときにワークスペース データベースをホストするのに使用される既定のサーバーを指定します。This property specifies the default server that will be used to host the workspace database while the model is being authored in SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT). ローカル コンピューターで実行されている Analysis Services の使用可能なすべてのインスタンスが、このボックスの一覧に表示されます。All available instances of Analysis Services running on the local computer are included in the list box.

注: 常にローカル Analysis Services サーバーをワークスペース サーバーとして指定することをお勧めします。Note: It is recommended that you always specify a local Analysis Services server as the workspace server. リモート サーバー上のワークスペース データベースでは、PowerPivot からのインポートはサポートされておらず、データはローカルにバックアップされず、クエリ中にユーザー インターフェイスで遅延が発生する場合があります。For workspaces databases on a remote server, importing from PowerPivot is not supported, data cannot be backed up locally, and the user interface may experience latency during queries.

このプロパティの既定の設定は、[ツール] メニューから開く [オプション] ダイアログ ボックスで、[分析サーバー] 設定の [データ モデリング] ページを使用して変更できます。The default setting for this property can be changed on the Data Modeling page in Analysis Server settings in the Tools\Options dialog box.

モデルプロパティの設定を構成するにはTo configure model property settings

SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)の **ソリューション エクスプローラー**で、 **Model.bim** ファイルをクリックします。In SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), in Solution Explorer, click the Model.bim file.

**[プロパティ]** ウィンドウでプロパティをクリックし、値を入力するか、下矢印をクリックして、設定オプションを選択します。In the Properties window, click a property, and then type a value or click the down arrow to select a setting option.

参照See Also

SSAS 表形式)(既定のデータモデルと配置プロパティの構成 Configure Default Data Modeling and Deployment Properties (SSAS Tabular)
SSAS 表形式)のプロジェクトプロパティ (Project Properties (SSAS Tabular)