ワークスペース データベース (SSAS テーブル)Workspace Database (SSAS Tabular)

モデルの作成時に使用されるテーブル モデル ワークスペース データベースは、 SQL Server Data Tools (SSDT )SQL Server Data Tools (SSDT)で新しいテーブル モデル プロジェクトを作成したときに作成されます。The tabular model workspace database, used during model authoring, is created when you create a new tabular model project in SQL Server Data Tools (SSDT )SQL Server Data Tools (SSDT). ワークスペース データベースはテーブル モードで実行されている Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスのメモリ内に存在します。通常は、SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools と同じコンピューター上です。The workspace database resides in-memory on an Analysis ServicesAnalysis Services instance running in Tabular mode; typically on the same computer as SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools.

このトピックのセクションは次のとおりです。This topic includes the following sections:

ワークスペース データベースの概要Workspace Database Overview

ワークスペース データベースは、 Analysis ServicesAnalysis Services のいずれかのテーブル モデル プロジェクト テンプレートを使用して新しい Business Intelligence プロジェクトを作成するときに、ワークスペース サーバーで指定された SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsインスタンスに作成されます。A workspace database is created on the Analysis ServicesAnalysis Services instance, specified in the Workspace Server property, when you create a new Business Intelligence project by using one of the tabular model project templates in SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools. 各テーブル モデル プロジェクトには独自のワークスペース データベースがあります。Each tabular model project will have its own workspace database. [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio を使用して、 Analysis ServicesAnalysis Services でワークスペース データベースを表示できます。You can use [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio to view the workspace database on the Analysis ServicesAnalysis Services server. ワークスペース データベースの名前には、プロジェクト名、アンダースコア、ユーザー名、アンダースコア、GUID がこの順序で含まれています。The workspace database name includes the project name, followed by an underscore, followed by the username, followed by an underscore, followed by a GUID.

ワークスペース データベースは、テーブル モデル プロジェクトを SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsで開いているときにメモリ内に存在します。The workspace database resides in-memory while the tabular model project is open in SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools. プロジェクトを閉じると、ワークスペース データベースは、メモリ内に保持されディスクに格納されてメモリから削除される (既定) か、ワークスペースの保有期間のプロパティで決められているとおりにメモリから削除されてディスクに格納されません。When you close the project, the workspace database is either kept in-memory, stored to disk and removed from memory (default), or removed from memory and not stored on disk, as determined by the Workspace Retention property. ワークスペースの保有期間のプロパティの詳細については、このトピックの「 ワークスペース データベースのプロパティ 」を参照してください。For more information about the Workspace Retention property, see Workspace Database Properties later in this topic.

テーブルのインポート ウィザードを使用するか、コピー/貼り付けを行って、モデル プロジェクトにデータを追加後、モデル デザイナーでテーブル、列、およびデータを表示すると、ワークスペース データベースが表示されます。After you have added data to your model project by using the Table Import Wizard or by using copy/paste, when you view the tables, columns, and data in the model designer, you are viewing the workspace database. 追加のテーブル、列、リレーションシップなどを追加すると、ワークスペース データベースも変更されます。If you add additional tables, columns, relationships, etc. you are changing the workspace database.

重要

膨大な数の行を格納するテーブルがモデルに存在する場合、モデルの作成中はデータの一部だけをインポートするようにお勧めします。If any of the tables in your model will contain a large number of rows, consider importing only a subset of the data during model authoring. データの一部のみをインポートすることによって、処理時間を短縮し、ワークスペース データベースのサーバー リソースの消費を抑えることができます。By importing a subset of the data, you can reduce processing time and consumption of workspace database server resources.

注意

テーブルのインポート ウィザード、[テーブルのプロパティの編集] ダイアログ ボックス、および [パーティション マネージャー] ダイアログ ボックスの [テーブルとビューの選択] ページのプレビュー ウィンドウには、データ ソースのテーブル、列、および行が表示されますが、ワークスペース データベースと同じテーブル、列、および行が表示されない場合があります。The preview window in the Select Tables and Views page in the Table Import Wizard, Edit Table Properties dialog box, and Partition Manager dialog box show tables, columns, and rows at the data source, and may not show the same tables, columns, and rows as the workspace database.

テーブル モデル プロジェクトを配置すると、基本的にワークスペース データベースのコピーである配置済みのモデル データベースが、配置サーバー プロパティに指定された Analysis Services サーバー インスタンスに作成されます。When you deploy a tabular model project, the deployed model database, which is essentially a copy of the workspace database, is created on the Analysis Services server instance specified in the Deployment Server property. 配置サーバー プロパティの詳細については、「プロジェクトのプロパティ (SSAS テーブル)」を参照してください。For more information about the Deployment Server property, see Project Properties (SSAS Tabular).

通常、モデル ワークスペース データベースは Analysis ServicesAnalysis Services サーバーの localhost またはローカルの名前付きインスタンスに存在します。The model workspace database typically resides on localhost or a local named instance of an Analysis ServicesAnalysis Services server. Analysis ServicesAnalysis Services のリモート インスタンスを使用してワークスペース データベースをホストできますが、データのクエリ中の待機時間とその他の制約のため、この構成はお勧めしません。You can use a remote instance of Analysis ServicesAnalysis Services to host the workspace database, however, this configuration is not recommended due to latency during data queries and other restrictions. 最適に、ワークスペース データベースをホストする Analysis ServicesAnalysis Services のインスタンスが SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsと同じコンピューター上にあります。Optimally, the instance of Analysis ServicesAnalysis Services that will host the workspace databases is on the same computer as SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools. ワークスペース データベースをホストする Analysis ServicesAnalysis Services インスタンスと同じコンピューター上にモデル プロジェクトを作成すると、パフォーマンスが向上します。Authoring model projects on the same computer as the Analysis ServicesAnalysis Services instance that hosts the workspace database can improve performance.

リモートのワークスペース データベースには、次の制約があります。Remote workspace databases have the following restrictions:

  • クエリ中に待機時間が発生する可能性があります。Potential latency during queries.

  • データ バックアップ プロパティを [ディスクにバックアップする] に設定できません。The Data Backup property cannot be set to Backup to disk.

  • PowerPivot からのインポート プロジェクト テンプレートを使用して新しいテーブル モデル プロジェクトを作成するときに、PowerPivot ブックからデータをインポートすることはできません。You cannot import data from a PowerPivot workbook when creating a new tabular model project by using the Import from PowerPivot project template.

ワークスペース データベースのプロパティWorkspace Database Properties

ワークスペース データベースのプロパティは、モデルのプロパティに含まれます。Workspace database properties are included in the model properties. モデルのプロパティを表示するには、 SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsソリューション エクスプローラーModel.bim ファイルをクリックします。To view model properties, in SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools, in Solution Explorer, click the Model.bim file. モデルのプロパティは [プロパティ] ウィンドウを使用して構成できます。Model properties can be configured using the Properties window. ワークスペース データベース固有のプロパティには、次のものが含まれます。Workspace database specific properties include:

注意

[ワークスペース サーバー][ワークスペースの保有期間] 、および [データ バックアップ] の各プロパティには、新しいモデル プロジェクトを作成するときに既定の設定が適用されます。Workspace Server, Workspace Retention, and Data Backup properties have default settings applied when you create a new model project. [ツール] メニューから開く [オプション] ダイアログ ボックスで、 [分析サーバー] 設定の [データ モデリング] ページを使用して、新しいモデル プロジェクトの既定の設定を変更できます。You can change the default settings for new model projects on the Data Modeling page in Analysis Server settings in the Tools\Options dialog box. 他のプロパティと同様に、これらのプロパティは [プロパティ] ウィンドウでモデル プロジェクトごとに設定することもできます。These properties, as well as others, can also be set for each model project in the Properties window. 既定の設定の変更は、作成済みのモデル プロジェクトには適用されません。Changing default settings will not apply to model projects already created. 詳細については、「既定のデータ モデルと配置プロパティの構成 (SSAS テーブル)」を参照してください。For more information, see Configure Default Data Modeling and Deployment Properties (SSAS Tabular).

プロパティProperty 既定の設定Default Setting 説明Description
ワークスペース データベースWorkspace Database プロジェクト名、アンダースコア、ユーザー名、アンダースコア、GUID がこの順序で含まれています。The project name, followed by an underscore, followed by the username, followed by an underscore, followed by a GUID. インメモリ モデル プロジェクトを格納および編集する際に使用されるワークスペース データベースの名前です。The name of the workspace database used for storing and editing the in-memory model project. テーブル モデル プロジェクトの作成後、このデータベースは Analysis ServicesAnalysis Services [ワークスペース サーバー] プロパティに指定された インスタンスに表示されます。After a tabular model project is created, this database will appear in the Analysis ServicesAnalysis Services instance specified in the Workspace Server property. このプロパティを [プロパティ] ウィンドウで設定することはできません。This property cannot be set in the Properties window.
ワークスペースの保有期間Workspace Retention メモリ内でアンロードUnload in memory モデル プロジェクトが閉じられた後でワークスペース データベースを保持する方法を指定します。Specifies how a workspace database is retained after a model project is closed. ワークスペース データベースには、モデル メタデータとインポートされたデータが含まれています。A workspace database includes model metadata and imported data. 場合によっては、ワークスペース データベースは非常に大きくなり、大量のメモリを消費することがあります。In some cases, the workspace database can be very large and consume a large amount of memory. 既定では、 SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsでモデル プロジェクトを閉じると、ワークスペース データベースはメモリからアンロードされます。By default, when you close a model project in SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools, the workspace database is unloaded from memory. この設定を変更するときには、使用可能なメモリ リソースと、モデル プロジェクトに対する作業を行う頻度を考慮することが重要です。When changing this setting it is important to consider your available memory resources as well as how often you plan to work on the model project. このプロパティの設定には、以下のオプションがあります。This property setting has the following options:

メモリに保持 - モデル プロジェクトを閉じた後もワークスペース データベースをメモリ内に保持するように指定します。Keep in memory - Specifies to keep the workspace database in memory after a model project is closed. このオプションはより多くのメモリを消費しますが、 SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsでモデル プロジェクトを開くときのリソース消費が少なくて済み、ワークスペース データベースの読み込みも高速になります。This option will consume more memory; however, when opening a model project in SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools, fewer resources are consumed and the workspace database will load faster.

メモリからアンロード - モデル プロジェクトを閉じた後、ワークスペース データベースをディスク上に保持し、メモリには残さないように指定します。Unload from memory - Specifies to keep the workspace database on disk, but no longer in memory after a model project is closed. このオプションはメモリの消費量は比較的少なくて済みますが、 SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsでモデル プロジェクトを開くときにワークスペース データベースを再度接続する必要があるため、リソース消費が増え、ワークスペース データベースをメモリ内に保持した場合と比べて、モデル プロジェクトの読み込みにも時間がかかるようになります。This option will consume less memory; however, when opening a model project in SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools, the workspace database must be re-attached; additional resources are consumed and the model project will load more slowly than if the workspace database is kept in memory. メモリ内のリソースが制限されている場合、またはリモートのワークスペース データベースで作業する場合に、このオプションを使用します。Use this option when in-memory resources are limited or when working on a remote workspace database.

ワークスペースの削除 - モデル プロジェクトを閉じた後、メモリからワークスペース データベースを削除し、ディスク上にもワークスペース データベースを保持しないように指定します。Delete workspace - Specifies to delete the workspace database from memory and not keep the workspace database on disk after the model project is closed. このオプションはメモリとストレージ領域の消費量が比較的少なくて済みますが、 SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsでモデル プロジェクトを開くときのリソース消費が増え、ワークスペース データベースをメモリ内やディスク上に保持した場合と比べて、モデル プロジェクトの読み込みにも時間がかかるようになります。This option will consume less memory and storage space; however, when opening a model project in SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools, additional resources are consumed and the model project will load more slowly than if the workspace database is kept in memory or on-disk. このオプションは、モデル プロジェクトの使用時、必要な場合にのみ使用してください。Use this option when only occasionally working on model projects.



このプロパティの既定の設定は、[ツール] メニューから開く [オプション] ダイアログ ボックスで、 [分析サーバー] 設定の [データ モデリング] ページを使用して変更できます。The default setting for this property can be changed on the Data Modeling page in Analysis Server settings in the Tools\Options dialog box.
Workspace ServerWorkspace Server localhostlocalhost このプロパティは、 SQL Server Data ToolsSQL Server Data Toolsでモデル プロジェクトが作成されるときにワークスペース データベースをホストするのに使用される既定のサーバーを指定します。This property specifies the default server that will be used to host the workspace database while the model project is being authored in SQL Server Data ToolsSQL Server Data Tools. ローカル コンピューターで実行されている Analysis ServicesAnalysis Services の使用可能なすべてのインスタンスが、このボックスの一覧に表示されます。All available instances of Analysis ServicesAnalysis Services running on the local computer are included in the listbox.

テーブル モードで実行されている別の Analysis ServicesAnalysis Services サーバーを指定するには、サーバー名を入力します。To specify a different Analysis ServicesAnalysis Services server (running in Tabular mode), type the server name. ログオンするユーザーは Analysis ServicesAnalysis Services サーバーの管理者である必要があります。The user logged on must be an Administrator on the Analysis ServicesAnalysis Services server.

注ことは、ローカルの指定をお勧めAnalysis ServicesAnalysis Servicesワークスペース サーバーとしてのサーバー。Note that it is recommended you specify a local Analysis ServicesAnalysis Services server as the workspace server. リモート サーバー上のワークスペース データベースでは、PowerPivot からのインポートはサポートされておらず、データはローカルにバックアップされず、クエリ中にユーザー インターフェイスで遅延が発生する場合があります。For workspace databases on a remote server, importing from PowerPivot is not supported, data cannot be backed up locally, and the user interface may experience latency during queries.

[データ モデリング] ページで、このプロパティの既定の設定を変更できることにも注意してくださいAnalysis ServicesAnalysis Services[オプション] ダイアログ ボックスで設定します。Also note that the default setting for this property can be changed on the Data Modeling page in Analysis ServicesAnalysis Services settings in the Tools\Options dialog box.

SSMS を使用したワークスペース データベースの管理Using SSMS to Manage the Workspace Database

[SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して、ワークスペース データベースをホストする Analysis ServicesAnalysis Services サーバーに接続できます。You can use [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio (SSMS) to connect to the Analysis ServicesAnalysis Services server that hosts the workspace database. 通常、ワークスペース データベースは必ずしも管理されません。例外は、 [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studioから実行する必要のあるワークスペース データベースのデタッチまたは削除です。Typically, there is no management of the workspace database necessary; the exception, is to detach or delete a workspace database, which must be done from [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio.

警告

モデル デザイナーでプロジェクトを開いているときに、 [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio を使用してワークスペース データベースを管理しないでください。Do not use [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio to manage the workspace database while the project is open in the model designer. このような操作により、データが失われることがあります。Doing so could lead to data loss.

トピックTopic 説明Description
モデルのプロパティ (SSAS テーブル)Model Properties (SSAS Tabular) 説明と構成手順モデルのワークスペース データベースのプロパティ。Provides descriptions and configuration steps for a model's workspace database properties.

関連項目See Also

既定のデータ モデルと配置プロパティの構成 (SSAS テーブル) Configure Default Data Modeling and Deployment Properties (SSAS Tabular)
プロジェクトのプロパティ (SSAS テーブル)Project Properties (SSAS Tabular)