Azure Data Studio 用の Azure SQL Migration 拡張機能 (プレビュー)

Azure Data Studio 用の Azure SQL Migration 拡張機能により、Azure Data Studio で SQL Server の評価機能と移行機能を使用できます。

Azure Data Studio の Azure SQL Migration 拡張機能を使用して、SQL Server データベースを Azure SQL Managed Instance (サービスとしてのプラットフォーム) または Azure Virtual Machines 上の SQL Server (サービスとしてのインフラストラクチャ) に移行できます。

Azure Data Studio の Azure SQL Migration 拡張機能には、次の機能を提供する、簡略化された評価、Azure の推奨事項、移行エクスペリエンスが組み込まれます。

  • 応答性の高いユーザー インターフェイス。統合された評価、Azure の推奨事項、移行エクスペリエンスを提供する、簡単に移動できるステップ バイ ステップ ウィザードを提供します。
  • SQL Server のインスタンスを評価し、Azure SQL Managed Instance や Azure Virtual Machines 上の SQL Server に移行する準備ができているデータベースを特定できる、強化された評価エンジン。
  • 最小限のコストでデータベースのパフォーマンス要件を満たすために、Azure SQL Managed Instance SKU または Azure Virtual Machines SKU 上の SQL Server に対して適切なサイズの推奨事項を生成する Azure レコメンダー。
  • データ移動アクティビティを調整し、最小限のダウンタイムでシームレスな移行エクスペリエンスを実現する、Azure Database Migration サービスによって提供される信頼性の高い Azure サービス。
  • ビジネスの要件に合わせて、オンライン (最小限のダウンタイムが求められる移行) モードまたはオフライン (移行の期間全体を通してダウンタイムが継続する移行) モードのいずれかで移行を実行できる。
  • オンプレミス環境のソース SQL Server とバックアップにアクセスするための独自のコンピューティングを提供する、自己ホスト型統合ランタイムをインストールできる柔軟性。
    Azure Data Studio で Azure SQL Migration 拡張機能を使用してデータベースを移行することに関する概念の詳細については、Azure Data Studio を使用したデータベースの移行に関するページを参照してください。

この記事では、Azure Data Studio を通じて Azure SQL Migration 拡張機能をインストールする方法について説明します。

前提条件

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料の Azure アカウントを作成してください。

この拡張機能をインストールするには、次の前提条件も満たす必要があります。

Azure SQL Migration 拡張機能をインストールする

Azure Data Studio に Azure SQL Migration 拡張機能をインストールするには、以下の手順に従います。

  1. Azure Data Studio で拡張機能マネージャーを開きます。 拡張機能アイコンを選択するか、[表示] メニューの [拡張機能] を選択できます。

    Extension icon

  2. 検索バーに「Azure SQL Migration」と入力します。

  3. Azure SQL Migration 拡張機能を選択し、その詳細を表示します。

  4. [インストール] を選択します。

    Azure SQl Migration extension from market place

  5. Azure SQL Migration 拡張機能は、インストール後に拡張機能の一覧に表示されます。

    Azure SQL migration extension

  6. Azure Data Studio で SQL Server インスタンスに接続できます。 インスタンス名を右クリックし、 [管理] を選択すると、インスタンスのダッシュボードと Azure SQL Migration 拡張機能のランディング ページが表示されます。

    Landing page

拡張機能の自動更新を設定する

Azure Data Studio の設定で自動更新を構成することで、拡張機能の更新プログラムを確認し、それらが自動的に適用されるよう設定できます。

自動更新を有効にするには、次のようにします。

  1. Azure Data Studio の [設定] アイコンを選択します。
  2. [ユーザー機能 拡張機能更新プログラム自動 チェック ] の > チェック ボックスをオンにします
  3. [ユーザー>機能拡張機能自動更新] >下のドロップダウンを選択し、[すべての拡張機能] または [有効な拡張機能のみ] を選択します

auto update the extension

Note

拡張機能を手動で更新する場合は、自動更新をオフにして、マーケットプレースの拡張機能から更新プログラムをインストールすることができます。

機能

Azure SQL のターゲット対応性評価とデータベースの移行

Azure SQL Migration 拡張機能では、評価がサポートされ、次の Azure のターゲットに対する Azure の推奨事項とデータベースの移行SQLされます。

  • Azure Virtual Machines 上の SQL Server (SQL VM)
  • Azure SQL Managed Instance (SQL MI)

移行モード

対応する Azure SQL ターゲットでは、次の移行モードがサポートされています。

  • オンライン - ソース SQL Server を読み取りと書き込みアクティビティに使用できる一方で、データベースのバックアップは継続的にターゲットの Azure SQL で復元されます。 アプリケーションのダウンタイムは、移行の最後の切り替えの期間に限定されます。
  • オフライン - ソース データベースを書き込みアクティビティには使用できない一方で、データベースのバックアップ ファイルはターゲットの Azure SQL データベースで復元されます。 アプリケーションのダウンタイムは、移行プロセスの開始から完了まで通して継続されます。

サポート マトリックス

Azure SQL ターゲット 移行モード
Azure SQL Managed Instance オンライン
Azure SQL Managed Instance オフライン
Azure VM 上の SQL Server オンライン
Azure VM 上の SQL Server オフライン

ヒント

前提条件、機能、移行ワークフローの詳細については、「Azure Data Studio を使用した移行」を参照してください。

Microsoft サポートから支援を受ける

データベースの移行に関する問題やエラーが発生した場合は、この拡張機能を使用して、Microsoft エンジニアにサポート リクエストを提出できます。

拡張機能の [新しいサポート リクエスト] を選択して、Azure portal のサポート リクエストを提出できる場所に移動します。 Get help from Microsoft support for the extension

Note

拡張機能を改善するための提案やフィードバックがある場合は、 [フィードバック] ボタンを選択します。

次の手順