Python ノートブックを作成して実行する

適用対象: はいSQL Server 2019 (15.x)

このチュートリアルでは、Python カーネルを使用して、Azure Data Studio でノートブックを作成し、実行する方法について説明します。

前提条件

ノートブックを作成する

次の手順では、Azure Data Studio でノートブック ファイルを作成する方法を示しています。

  1. Azure Data Studio を開きます。 SQL Server に接続するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、接続するか、 [キャンセル] をクリックします。

  2. [ファイル] メニューで [新しいノートブック] を選択します。

  3. [カーネル][Python 3] を選択します。 [アタッチ先] は "localhost" に設定されています。

    カーネルを設定する

ノートブックを保存するには、 [ファイル] メニューで [保存] または [名前を付けて保存...] コマンドを使用します。

ノートブックを開くには、 [ファイル] メニューで [ファイルを開く...] コマンドを使用して、 [ようこそ] ページで [ファイルを開く] を選択するか、コマンド パレットで File:Open コマンドを使用します。

Python カーネルを変更する

ノートブックの Python カーネルに初めて接続するときには、 [ノートブック用 Python の構成] ページが表示されます。 次のいずれかを選択できます。

  • [新しい Python インストール] を選択して、Azure Data Studio 用の Python の新しいコピーをインストールする
  • [既存の Python インストールを使用する] を選択して、Azure Data Studio で使用する既存の Python インストールのパスを指定する

アクティブな Python カーネルの場所とバージョンを表示するには、コード セルを作成し、次の Python コマンドを実行します。

import os
import sys
print(sys.version_info)
print(os.path.dirname(sys.executable))

別の Python インストールに接続するには、次の操作を実行します。

  1. [ファイル] メニューから、 [基本設定] を選択し、次に [設定] を選択します。
  2. [拡張機能] の下にある [Notebook 構成] までスクロールします。
  3. [Use Existing Python](既存の Python の使用) で、[Local path to a preexisting python installation used by Notebooks](Notebooks で使用する既存の Python インストールのローカル パス) オプションをオフにします。
  4. Azure Data Studio を再起動します。

Azure Data Studio が起動したら、Python カーネルに接続します。 [ノートブック用 Python の構成] ページが表示されたら、新しい Python インストールを作成するか、既存のインストールへのパスを指定するかを選択できます。

コード セルを実行する

その場で実行できる SQL コードを含むセルを作成するには、セルの左側にある [セルの実行] ボタン (黒の円矢印) をクリックします。 セルの実行が完了した後、結果がノートブックに表示されます。

次に例を示します。

  1. ツールバーの [+Code] コマンドを選択して、新しい Python コード セルを追加します。

    ノートブック ツール バー

  2. 次の例をコピーしてセルに貼り付け、 [セルの実行] をクリックします。 この例では、単純な数値演算を実行し、結果が下に表示されます。

    a = 1
    b = 2
    c = a/b
    print(c)
    

    ノートブック セルを実行する

次のステップ

ノートブックについてさらに学習します: