クイック スタート:Azure Data Studio を使用して、Azure SQL Database に接続してクエリを実行する

このクイック スタートでは、Azure Data Studio を使用して Azure SQL Database サーバーに接続します。 次に、Transact-SQL (T-SQL) ステートメントを実行して、他の Azure Data Studio チュートリアルで使用されている TutorialDB データベースを作成し、クエリを実行します。

前提条件

このクイック スタートを完了するには、Azure Data Studio と Azure SQL Database サーバーが必要です。

Azure SQL サーバーがない場合は、次のいずれかの Azure SQL Database クイック スタートを完了します。 後の手順のために、完全修飾サーバー名とサインイン資格情報を覚えておいてください。

Azure SQL Database サーバーへの接続

Azure Data Studio を使用して、Azure SQL Database サーバーへの接続を確立します。

  1. 最初に Azure Data Studio を実行すると、 [ようこそ] ページが開きます。 ウェルカム ページが表示されない場合は、 [ヘルプ] > [ようこそ] を選択します。 [新しい接続] を選択して、 [接続] ウィンドウを開きます。

    [次の接続] オプションが選択されている Azure Delta Studio の [ようこそ] ダイアログ ボックスを示すスクリーンショット。

  2. この記事では、SQL サインインを使用しますが、Windows 認証もサポートされています。 ご利用の Azure SQL サーバーのサーバー名、ユーザー名、パスワードを使用して、次のようにフィールドに入力します。

    設定 推奨値 説明
    サーバー名 完全修飾サーバー名 servername.database.windows.net のようなものです。
    認証 SQL ログイン このチュートリアルでは、SQL 認証を使用します。
    ユーザー名 サーバー管理者アカウントのユーザー名 サーバーの作成に使用したアカウントのユーザー名。
    パスワード (SQL ログイン) サーバー管理者アカウントのパスワード サーバーの作成に使用したアカウントのパスワード。
    パスワードを保存しますか? はい、いいえ 毎回パスワードを入力したくない場合は、 [はい] を選択します。
    データベース名 空白のままにする ここでは、サーバーに接続するだけです。
    サーバー グループ を選択 作成した特定のサーバー グループにフィールドを設定できます。

    Azure Data Studio のスクリーンショット - [接続] ページ。

  3. [接続] を選択します。

  4. サーバーに Azure Data Studio の接続を許可するファイアウォール規則がない場合は、 [新しいファイアウォール規則の作成] フォームが開きます。 フォームに入力して、新しいファイアウォール規則を作成します。 詳細については、ファイアウォール規則に関するページを参照してください。

    新しいファイアウォール規則

接続が正常に行われると、ご利用のサーバーが [サーバー] サイドバーに表示されます。

チュートリアル データベースの作成

次のセクションでは、他の Azure Data Studio チュートリアルで使用されている TutorialDB データベースを作成します。

  1. [サーバー] サイドバーで Azure SQL サーバーを右クリックし、 [新しいクエリ] を選択します。

  2. この SQL をクエリ エディターに貼り付けます。

    IF NOT EXISTS (
       SELECT name
       FROM sys.databases
       WHERE name = N'TutorialDB'
    )
    CREATE DATABASE [TutorialDB]
    GO
    
    ALTER DATABASE [TutorialDB] SET QUERY_STORE=ON
    GO
    
  3. ツール バーで [実行] を選択します。 通知が、 [メッセージ] ウィンドウに表示され、クエリの進行状況が表示されます。

テーブルを作成する

クエリ エディターは master データベースに接続されていますが、TutorialDB データベースにテーブルを作成する必要があります。

  1. TutorialDB データベースに接続します。

    変更コンテキスト

  2. Customers テーブルを作成します。

    クエリ エディターで前のクエリをこのクエリに置き換え、 [実行] を選択します。

    -- Create a new table called 'Customers' in schema 'dbo'
    -- Drop the table if it already exists
    IF OBJECT_ID('dbo.Customers', 'U') IS NOT NULL
    DROP TABLE dbo.Customers
    GO
    -- Create the table in the specified schema
    CREATE TABLE dbo.Customers
    (
       CustomerId        INT    NOT NULL   PRIMARY KEY, -- primary key column
       Name      [NVARCHAR](50)  NOT NULL,
       Location  [NVARCHAR](50)  NOT NULL,
       Email     [NVARCHAR](50)  NOT NULL
    );
    GO
    

テーブルに行を挿入する

前のクエリをこのクエリに置き換えて、 [実行] を選択します。

-- Insert rows into table 'Customers'
INSERT INTO dbo.Customers
   ([CustomerId],[Name],[Location],[Email])
VALUES
   ( 1, N'Orlando', N'Australia', N''),
   ( 2, N'Keith', N'India', N'keith0@adventure-works.com'),
   ( 3, N'Donna', N'Germany', N'donna0@adventure-works.com'),
   ( 4, N'Janet', N'United States', N'janet1@adventure-works.com')
GO

結果を表示する

前のクエリをこのクエリに置き換えて、 [実行] を選択します。

-- Select rows from table 'Customers'
SELECT * FROM dbo.Customers;

クエリ結果が表示されます。

結果の選択

リソースをクリーンアップする

この後のクイック スタートの記事は、ここで作成したリソースに基づいています。 これらの記事を使用する場合は、これらのリソースを削除しないようにしてください。 それ以外の場合は、Azure portal で、不要になったリソースを削除します。 詳細については、「リソースのクリーンアップ」を参照してください。

次のステップ

Azure SQL データベースに正常に接続してクエリを実行したので、コード エディターのチュートリアルをお試しください。