クイックスタート: Azure Data Studio を使用して Azure Synapse Analytics の専用 SQL プールに接続し、データにクエリを実行するQuickstart: Use Azure Data Studio to connect and query data using a dedicated SQL pool in Azure Synapse Analytics

このクイックスタートでは、Azure Data Studio を使用して Azure Synapse Analytics 内の専用 SQL プールに接続する方法を示します。This quickstart shows connecting to a dedicated SQL pool in Azure Synapse Analytics using Azure Data Studio.

前提条件Prerequisites

このクイックスタートを完了するには、Azure Data Studio、および Azure Synapse Analytics の専用 SQL プールが必要です。To complete this quickstart, you need Azure Data Studio, and a dedicated SQL pool in Azure Synapse Analytics.

専用 SQL プールがない場合は、専用 SQL プールの作成に関する記事を参照してください。If you don't already have a dedicated SQL pool, see Create a dedicated SQL pool.

サーバー名とログイン資格情報を覚えておいてください。Remember the server name, and login credentials!

専用 SQL プールに接続するConnect to your dedicated SQL pool

Azure Data Studio を使用して、Azure Synapse Analytics サーバーへの接続を確立します。Use Azure Data Studio to establish a connection to your Azure Synapse Analytics server.

  1. 最初に Azure Data Studio を実行すると、 [接続] ページが開きます。The first time you run Azure Data Studio the Connection page should open. [接続] ページが表示されない場合は、 [接続の追加] を選択するか、 [サーバー] サイドバーの [新しい接続] アイコンを選択します。If you don't see the Connection page, select Add Connection, or the New Connection icon in the SERVERS sidebar:

    [接続] ページのスクリーンショット。[新しい接続] アイコンが選択されています。

  2. この記事では、SQL ログイン を使用しますが、Windows 認証 もサポートされています。This article uses SQL Login, but Windows Authentication is also supported. ご利用の Azure SQL サーバーのサーバー名、ユーザー名、パスワードを使用して、次のようにフィールドに入力します。Fill in the fields as follows using the server name, user name, and password for your Azure SQL server:

    設定Setting 推奨値Suggested value 説明Description
    サーバー名Server name 完全修飾サーバー名The fully qualified server name たとえば、sqlpoolservername.database.windows.net のような名前を指定します。For example the name should look like to this: sqlpoolservername.database.windows.net.
    認証Authentication SQL ログインSQL Login このチュートリアルでは、SQL 認証を使用します。SQL Authentication is used in this tutorial.
    ユーザー名User name サーバー管理者アカウントThe server admin account これはサーバーを作成したときに指定したアカウントです。This is the account that you specified when you created the server.
    パスワード (SQL ログイン)Password (SQL Login) サーバー管理者アカウントのパスワードThe password for your server admin account これはサーバーを作成したときに指定したパスワードです。This is the password that you specified when you created the server.
    パスワードを保存しますか?Save Password? はい、いいえYes or No 毎回パスワードを入力したくない場合は、 [はい] を選択します。Select Yes if you don't want to enter the password each time.
    データベース名Database name 空白のままにするleave blank 接続先となるデータベースの名前。The name of the database to which to connect.
    サーバー グループServer Group を選択Select サーバー グループを作成した場合は、特定のサーバー グループに設定できます。If you created a server group, you can set to a specific server group.
  3. サーバーに Azure Data Studio の接続を許可するファイアウォール規則がない場合は、 [新しいファイアウォール規則の作成] フォームが開きます。If your server doesn't have a firewall rule allowing Azure Data Studio to connect, the Create new firewall rule form opens. フォームに入力して、新しいファイアウォール規則を作成します。Complete the form to create a new firewall rule. 詳細については、ファイアウォール規則に関するページを参照してください。For details, see Firewall rules.

  4. ご利用のサーバーに接続が正常に行われると、 [サーバー] サイドバーに表示されます。After successfully connecting your server opens in the Servers sidebar.

専用 SQL プールにデータベースを作成するCreate a database in your dedicated SQL pool

  1. オブジェクト エクスプローラーでご利用のサーバーを右クリックし、 [新しいクエリ] を選択します。Right-click on your server, in the object explorer and select New Query.

  2. クエリ エディターに次のスニペットを貼り付けて、 [実行] を選択します。Paste the following snippet into the query editor and select Run:

     IF NOT EXISTS (
        SELECT name
        FROM sys.databases
        WHERE name = N'TutorialDB'
     )
     CREATE DATABASE [TutorialDB] (EDITION = 'datawarehouse', SERVICE_OBJECTIVE='DW100');
     GO  
    
     ALTER DATABASE [TutorialDB] SET QUERY_STORE=ON
     GO
    

テーブルを作成するCreate a table

クエリ エディターはまだ master データベースに接続されていますが、TutorialDB データベースにテーブルを作成する必要があります。The query editor is still connected to the master database, but we want to create a table in the TutorialDB database.

  1. 接続コンテキストを TutorialDB に変更します。Change the connection context to TutorialDB:

  2. クエリ エディターに次のスニペットを貼り付けて、 [実行] を選択します。Paste the following snippet into the query editor and select Run:

    注意

    これを追加したり、エディターで前のクエリを上書きしたりすることができます。You can append this to, or overwrite the previous query in the editor. [実行] を選択すると、選択されているクエリのみが実行されることに注意してください。Note that selecting Run executes only the query that is selected. 何も選択されていない場合、 [実行] を選択すると、エディター内のすべてのクエリが実行されます。If nothing is selected, selecting Run executes all queries in the editor.

    -- Create a new table called 'Customers' in schema 'dbo'
    -- Drop the table if it already exists
    IF OBJECT_ID('dbo.Customers', 'U') IS NOT NULL
    DROP TABLE dbo.Customers
    GO
    -- Create the table in the specified schema
    CREATE TABLE dbo.Customers
    (
       CustomerId        INT     NOT NULL,
       Name      [NVARCHAR](50)  NOT NULL,
       Location  [NVARCHAR](50)  NOT NULL,
       Email     [NVARCHAR](50)  NOT NULL
    );
    GO
    

    TutorialDB データベースにテーブルを作成する

行を挿入するInsert rows

  1. クエリ エディターに次のスニペットを貼り付けて、 [実行] を選択します。Paste the following snippet into the query editor and select Run:

    -- Insert rows into table 'Customers'
    INSERT INTO dbo.Customers
       ([CustomerId],[Name],[Location],[Email])
       SELECT 1, N'Orlando',N'Australia', N'' UNION ALL
       SELECT 2, N'Keith', N'India', N'keith0@adventure-works.com' UNION ALL
       SELECT 3, N'Donna', N'Germany', N'donna0@adventure-works.com' UNION ALL
       SELECT 4, N'Janet', N'United States', N'janet1@adventure-works.com'
    

    テーブルに行を作成する

結果を表示するView the result

  1. クエリ エディターに次のスニペットを貼り付けて、 [実行] を選択します。Paste the following snippet into the query editor and select Run:

    -- Select rows from table 'Customers'
    SELECT * FROM dbo.Customers;
    
  2. クエリの結果が表示されます:The results of the query are displayed:

    結果を確認する

リソースをクリーンアップするClean up resources

この記事で作成したサンプル データベースの操作を続行する予定がない場合は、リソース グループを削除してください。If you don't plan to continue working with the sample databases created in this article, then delete the resource group.

次のステップNext steps

詳細については、Azure Data Studio を使用した Synapse SQL への接続に関する記事を参照してください。For more information, visit Connecting to Synapse SQL with Azure Data Studio.

Azure Synapse Analytics に正常に接続してクエリを実行したので、コード エディターのチュートリアルを試してください。Now that you've successfully connected to an Azure Synapse Analytics and ran a query, try out the Code editor tutorial.