クイック スタート:Azure Data Studio を使用して、SQL Server に接続してクエリを実行するQuickstart: Use Azure Data Studio to connect and query SQL Server

このクイック スタートでは、Azure Data Studio を使用して SQL Server に接続した後、Transact-SQL (T-SQL) ステートメントを使用して、Azure Data Studio チュートリアルで使用される TutorialDB を作成する方法を示します。This quickstart shows how to use Azure Data Studio to connect to SQL Server, and then use Transact-SQL (T-SQL) statements to create the TutorialDB used in Azure Data Studio tutorials.

前提条件Prerequisites

このクイックスタートを完了するには、Azure Data Studio と、SQL Server へのアクセス権が必要です。To complete this quickstart, you need Azure Data Studio, and access to SQL Server.

SQL Server へのアクセス権がない場合は、次のリンクからご利用のプラットフォームを選択してください (SQL ログインとパスワードを忘れないでください)。If you don't have access to a SQL Server, select your platform from the following links (make sure you remember your SQL Login and Password!):

SQL Server に接続するConnect to a SQL Server

  1. Azure Data Studio を起動します。Start Azure Data Studio.

  2. 最初に Azure Data Studio を実行すると、 [ようこそ] ページが開きます。The first time you run Azure Data Studio the Welcome page should open. ウェルカム ページが表示されない場合は、 [ヘルプ] > [ようこそ] を選択します。If you don't see the Welcome page, select Help > Welcome. [新しい接続] を選択して、 [接続] ウィンドウを開きます。Select New Connection to open the Connection pane:

    新しい接続アイコン

  3. この記事では、SQL ログインを使用しますが、Windows 認証はサポートされています。This article uses SQL Login, but Windows Authentication is supported. 次のようにフィールドに入力します。Fill in the fields as follows:

    • サーバー名: ここにサーバー名を入力します。Server Name: Enter server name here. たとえば、localhost です。For example, localhost.
    • 認証の種類: SQL ログインAuthentication Type: SQL Login
    • ユーザー名: SQL Server のユーザー名User name: User name for the SQL Server
    • パスワード: SQL Server のパスワードPassword: Password for the SQL Server
    • データベース名: <Default>Database Name: <Default>
    • サーバー グループ: <Default>Server Group: <Default>

    新しい接続画面

データベースを作成するCreate a database

次の手順では、TutorialDB という名前のデータベースを作成します。The following steps create a database named TutorialDB:

  1. ご利用のサーバー (localhost) を右クリックし、 [新しいクエリ] を選択します。Right-click on your server, localhost, and select New Query.

  2. クエリ ウィンドウに次のスニペットを貼り付けてから、 [実行] を選択します。Paste the following snippet into the query window: and then select Run.

    USE master
    GO
    IF NOT EXISTS (
     SELECT name
     FROM sys.databases
     WHERE name = N'TutorialDB'
    )
     CREATE DATABASE [TutorialDB];
    GO
    IF SERVERPROPERTY('ProductVersion') > '12'
     ALTER DATABASE [TutorialDB] SET QUERY_STORE=ON;
    GO
    

    クエリが完了すると、新しい TutorialDB がデータベースの一覧に表示されます。After the query completes, the new TutorialDB appears in the list of databases. 表示されない場合は、 [データベース] ノードを右クリックして [最新の情報に更新] を選択します。If you don't see it, right-click the Databases node and select Refresh.

    データベースの作成

テーブルを作成するCreate a table

クエリ エディターはまだ master データベースに接続されていますが、TutorialDB データベースにテーブルを作成する必要があります。The query editor is still connected to the master database, but we want to create a table in the TutorialDB database.

  1. 接続コンテキストを TutorialDB に変更します。Change the connection context to TutorialDB:

    変更コンテキスト

  2. クエリ ウィンドウに次のスニペットを貼り付けて、 [実行] をクリックします。Paste the following snippet into the query window and click Run:

    注意

    これを付け加えても、またはエディターで前のクエリを上書きしてもかまいません。You can append this too, or overwrite the previous query in the editor. [実行] をクリックすると、選択されているクエリのみが実行されることに注意してください。Note that clicking Run executes only the query that is selected. 何も選択されていない場合、 [実行] をクリックすると、エディター内のすべてのクエリが実行されます。If nothing is selected, clicking Run executes all queries in the editor.

    -- Create a new table called 'Customers' in schema 'dbo'
    -- Drop the table if it already exists
    IF OBJECT_ID('dbo.Customers', 'U') IS NOT NULL
     DROP TABLE dbo.Customers;
    GO
    -- Create the table in the specified schema
    CREATE TABLE dbo.Customers
    (
     CustomerId int NOT NULL PRIMARY KEY, -- primary key column
     Name nvarchar(50) NOT NULL,
     Location nvarchar(50) NOT NULL,
     Email nvarchar(50) NOT NULL
    );
    GO
    

クエリが完了すると、テーブルの一覧に新しい Customers テーブルが表示されます。After the query completes, the new Customers table appears in the list of tables. 場合によっては、 [TutorialDB] > [Tables] ノードを右クリックして、 [最新の情報に更新] を選択します。You might need to right-click the TutorialDB > Tables node and select Refresh.

行を挿入するInsert rows

  • クエリ ウィンドウに次のスニペットを貼り付けて、 [実行] をクリックします。Paste the following snippet into the query window and click Run:

    -- Insert rows into table 'Customers'
    INSERT INTO dbo.Customers
     ([CustomerId], [Name], [Location], [Email])
    VALUES
     ( 1, N'Orlando', N'Australia', N''),
     ( 2, N'Keith', N'India', N'keith0@adventure-works.com'),
     ( 3, N'Donna', N'Germany', N'donna0@adventure-works.com'),
     ( 4, N'Janet', N'United States', N'janet1@adventure-works.com')
    GO
    

クエリによって返されるデータを表示するView the data returned by a query

  • クエリ ウィンドウに次のスニペットを貼り付けて、 [実行] をクリックします。Paste the following snippet into the query window and click Run:

    -- Select rows from table 'Customers'
    SELECT * FROM dbo.Customers;
    

    結果の選択

次のステップNext steps

正常に SQL Server に接続し、クエリを実行することができたので、コード エディターのチュートリアルをお試しいただけます。Now that you've successfully connected to SQL Server and run a query try out the Code editor tutorial.