Azure Data Studio を使用して SQL Server ビッグ データ クラスターに接続する

適用対象:yesSQL Server 2019 (15.x)

この記事では、Azure Data Studio から SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターに接続する方法について説明します。

重要

Microsoft SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターのアドオンは廃止されます。 SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターのサポートは、2025 年 2 月 28 日に終了します。 詳細については、「Microsoft SQL Server プラットフォームのビッグ データ オプション」を参照してください。

前提条件

クラスターに接続する

Azure Data Studio を使用してビッグ データ クラスターに接続するには、クラスター内の SQL Server マスター インスタンスへの新しい接続を作成します。 次にその方法を示します。

  1. SQL Server マスター インスタンス エンドポイントを探します。

    azdata bdc endpoint list -e sql-server-master
    

    ヒント

    エンドポイントを取得する方法の詳細については、「エンドポイントを取得する」を参照してください。

  2. Azure Data Studio で、F1 キー>[新しい接続] から新しい接続を作成します。

  3. [接続の種類][Microsoft SQL Server] を選択します。

  4. SQL Server マスター インスタンスに対して見つかったエンドポイント名を [サーバー名] テキスト ボックスに入力します (例: <IP_Address>,31433)。

  5. 認証の種類を選択します。 ビッグ データ クラスターで実行されている SQL Server マスター インスタンスの場合は、Windows 認証SQL ログインのみがサポートされます。

  6. SQL ログインを使用している場合、SQL ログインの [ユーザー名][パスワード] を入力します。

    ヒント

    既定では、ユーザー名 SA は、ビッグ データ クラスターの展開の間に無効になります。 新しい sysadmin ユーザーは、展開前または展開時に設定される、AZDATA_USERNAME 環境変数に対応する名前と AZDATA_PASSWORD 環境変数に対応するパスワードを使用して、展開中にプロビジョニングされます。

  7. ターゲットの [データベース名] を、使用しているリレーショナル データベースのいずれかに変更します。

    Connect to the master instance

  8. [接続] をクリックすると、サーバー ダッシュボードが表示されます。

Azure Data Studio の 2019 年 2 月リリースでは、SQL Server マスター インスタンスに接続することで、HDFS/Spark ゲートウェイを操作することもできます。 これは、次のセクションで説明する HDFS および Spark 用に別の接続を使用する必要がないことを意味します。

  • オブジェクト エクスプローラーに、新しいノートブックの作成や Spark ジョブの送信などのビッグ データ クラスター タスクの右クリック サポートを備えた、新しい [Data Services] ノードが追加されました。

  • [Data Services] ノードには HDFS フォルダーも含まれていて、HDFS のコンテンツを調べ、HDFS に関連する共通タスク (外部テーブルの作成やノートブックを開いて HDFS のコンテンツを分析するなど) を実行できます。

  • 接続のサーバー ダッシュボードには、拡張機能がインストールされている場合、SQL Server ビッグ データ クラスターSQL Server 2019 のタブも含まれています。

    Azure Data Studio Data Services Node

次のステップ

SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターの詳細については、「SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターとは」を参照してください。