SQL Server 2019 のビッグ データ ツールをインストールする

適用対象:yesSQL Server 2019 (15.x)

重要

Microsoft SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターのアドオンは廃止されます。 SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターのサポートは、2025 年 2 月 28 日に終了します。 詳細については、「Microsoft SQL Server プラットフォームのビッグ データ オプション」を参照してください。

この記事では、SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターを作成、管理、使用するためにインストールする必要があるクライアント ツールについて説明します。 次のセクションでは、ツールおよびインストール手順へのリンクの一覧を示します。 ビッグ データ クラスターを配置する前に、必須とマークされているツールを Windows または Linux で構成します。

ビッグ データ クラスターのツール

次の表では、一般的なビッグ データ クラスター ツールとそのインストール方法を示します。

ツール 必須 説明 インストール
python はい Python は、動的なセマンティクスを備えた、インタープリター方式でオブジェクト指向の高水準プログラミング言語です。 SQL Server 用のビッグ データ クラスターの多くの部分で、Python が使われています。 Python のインストール
Azure Data CLI (azdata) はい ビッグ データ クラスターをインストールして管理するためのコマンドライン ツールです。 インストール
kubectl1 はい 基になる Kubernetes クラスターを監視するためのコマンドライン ツールです (詳細情報)。 Windows | Linux
Azure Data Studio はい SQL Server のクエリを実行するためのクロスプラットフォーム グラフィック ツールです。 インストール
データ仮想化の拡張機能 はい データ仮想化ウィザードを提供する Azure Data Studio の拡張機能。 インストール
Azure CLI2 AKS の場合 Azure のサービスを管理するための最新のコマンドライン インターフェイスです。 AKS ビッグ データ クラスターの展開で使われます (詳細情報)。 インストール
mssql-cli 省略可能 SQL Server のクエリを実行するための最新のコマンドライン インターフェイスです (詳細情報)。 Windows | Linux
sqlcmd 一部のスクリプトの場合 SQL Server のクエリを実行するための従来のコマンドライン ツールです (詳細情報)。 SQLCMD パッケージをインストールする前に、Microsoft ODBC Driver 11 for SQL Server のインストールが必要になる場合があります。 Windows | Linux
curlcurl 一部のスクリプトの場合 URL でデータを転送するためのコマンドライン ツールです。 Windows | Linux: curl パッケージのインストール
oc Red Hat OpenShift と Azure Redhat OpenShift の展開に必要です。 oc は、Open Shift コマンド ライン インターフェイス (CLI) です。 CLI のインストール

1kubectl バージョン 1.13 以降を使う必要があります。 また、kubectl のバージョンは、Kubernetes クラスターより 1 つ上または下のマイナー バージョンにする必要があります。 kubectl クライアントに特定のバージョンをインストールする場合は、curl を使用した kubectl バイナリのインストールに関するページを参照してください (Windows 10 と Windows 11 では、Windows PowerShell ではなく cmd.exe を使って、curl を実行してください)。

ヒント

Azure Kubernetes Service (AKS) に以前に展開されたクラスターで kubectl を使うには、次の Azure CLI コマンドを使ってクラスター コンテキストを設定する必要があります。

az aks get-credentials --name <aks_cluster_name> --resource-group <azure_resource_group_name>

2 Azure CLI バージョン 2.0.4 以降を使う必要があります。 バージョンを確認する必要がある場合は、az --version を実行します。

3 Windows 10 または Windows 11 で実行している場合は、コマンド プロンプトから実行すると、既に PATH に curl が存在します。 他のバージョンの Windows では、リンクを使って curl をダウンロードし、PATH に配置します。

必要なツール

上の表では、ビッグ データ クラスターで使われる一般的なツールがすべて示されています。 どのツールが必要かは、実際のシナリオによって異なります。 ただし、一般に、クラスターの管理、接続、クエリを行うには、次のツールが最も重要です。

  • Azure Data CLI (azdata)
  • kubectl
  • Azure Data Studio
  • データ仮想化の拡張機能

残りのツールは、特定のシナリオでのみ必要です。 Azure CLI を使って、AKS の展開に関連付けられている Azure サービスを管理できます。 mssql-cli は必須ではありませんが便利なツールです。これを使うと、クラスター内の SQL Server マスター インスタンスに接続し、コマンド ラインからクエリを実行できます。 そして、GitHub スクリプトでサンプル データをインストールする予定の場合は、sqlcmdcurl が必要です。

Python をオフラインでインストールする

  1. インターネットにアクセスできるコンピューターで、Python が含まれる次のいずれかの圧縮ファイルをダウンロードします。

    オペレーティング システム ダウンロード
    Windows https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2074021
    Linux https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2065975
    OSX https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2065976
  2. 圧縮されたファイルをターゲット コンピューターにコピーし、任意のフォルダーに抽出します。

  3. Windows の場合にのみ、そのフォルダーから installLocalPythonPackages.bat を実行して、パラメーターと同じフォルダーへの完全なパスを渡します。

    installLocalPythonPackages.bat "C:\python-3.6.6-win-x64-0.0.1-offline\0.0.1"
    

Azure Data Studio のダウンロードとインストール

Azure Data Studio には、SQL Server ビッグ データ クラスター専用の機能が用意されています。

最新の Azure Data Studio を取得します

最新リリースに関する詳細については、リリース ノートをご覧ください。

次のステップ

ツールを構成した後、クラウドまたはオンプレミスの Kubernetes に SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターを配置します。 詳しくは、展開に関する次の記事をご覧ください。

ビッグ データ クラスターの詳細については、「SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターとは」を参照してください。