SQL Server ビッグ データ クラスターSQL Server Big Data Clustersをアップグレードする方法How to upgrade SQL Server ビッグ データ クラスターSQL Server Big Data Clusters

適用対象:Applies to: はいSQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x)yesSQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x)適用対象:Applies to: はいSQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x)yesSQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x)

アップグレード パスは、SQL Server ビッグ データ クラスター (BDC) の現在のバージョンによって異なります。The upgrade path depends on the current version of SQL Server Big Data Cluster (BDC). 一般配布リリース (GDR)、累積的な更新プログラム (CU)、または Quick Fix Engineering (QFE) 更新プログラムを含め、サポートされているリリースからアップグレードするには、インプレース アップグレードを行うことができます。To upgrade from a supported release, including general distribution release (GDR), cumulative update (CU), or quick fix engineering (QFE) update, you can upgrade in place. Customer Technology Preview (CTP) またはリリース候補バージョンの BDC からのインプレース アップグレードはサポートされていません。In-place upgrade from a customer technology preview (CTP) or release candidate version of BDC is not supported. クラスターを削除し、再作成する必要があります。You need to remove and recreate the cluster. 次のセクションでは、各シナリオの手順について説明します。The following sections describe the steps for each scenario:

注意

ビッグ データ クラスターの最初のサポートされるリリースは、SQL Server 2019 GDR1 です。The first supported release of Big Data Clusters is SQL Server 2019 GDR1.

アップグレードのリリース ノートUpgrade release notes

次に進む前に、既知の問題に関するアップグレードのリリース ノートを確認します。Before you proceed, check the upgrade release notes for known issues.

サポートされているリリースからのアップグレードUpgrade from supported release

このセクションでは、SQL Server BDC を、サポートされているリリース (SQL Server 2019 GDR1 以降) から新しいサポートされているリリースにアップグレードする方法について説明します。This section explains how to upgrade a SQL Server BDC from a supported release (starting with SQL Server 2019 GDR1) to a newer supported release.

  1. アクティブな Livy セッションがないことを確認します。Verify no active Livy sessions.

    Azure Data Studio でアクティブな Livy セッションまたはバッチ ジョブが実行されていないことを確認します。Make sure no active Livy sessions or batch jobs are running in Azure Data Studio. これを確認する簡単な方法は、curl コマンドまたはブラウザーを使用して、次の URL を要求するというものです。An easy way to confirm this is either through curl command or a browser to request these URLs:

    • <your-gateway-endpoint>/gateway/default/livy/v1/sessions
    • <your-gateway-endpoint>/gateway/default/livy/v1/batches
  2. SQL Server マスター インスタンスをバックアップします。Back up SQL Server master instance.

  3. HDFS をバックアップします。Back up HDFS.

    azdata bdc hdfs cp --from-path <path> --to-path <path>
    

    たとえば、次のように入力します。For example:

    azdata bdc hdfs cp --from-path hdfs://user/hive/warehouse/%%D --to-path ./%%D
    
  4. azdata を更新します。Update azdata.

    azdata のインストール手順に従います。Follow the instructions for installing azdata.

    注意

    azdatapip と共にインストールされている場合は、Windows インストーラーまたは Linux パッケージ マネージャーを使ってインストールする前に、手動で削除する必要があります。If azdata was installed with pip you need to manually remove it before installing with the Windows installer or the Linux package manager.

  5. ビッグ データ クラスターを更新します。Update the Big Data Cluster.

    azdata bdc upgrade -n <clusterName> -t <imageTag> -r <containerRegistry>/<containerRepository>
    

    たとえば、次のスクリプトでは 2019-CU6-ubuntu-16.04 イメージ タグを使用しています。For example, the following script uses 2019-CU6-ubuntu-16.04 image tag:

    azdata bdc upgrade -n bdc -t 2019-CU6-ubuntu-16.04 -r mcr.microsoft.com/mssql/bdc
    

注意

最新のイメージ タグは、SQL Server 2019 ビッグ データ クラスターのリリース ノートで入手できます。The latest image tags are available at SQL Server 2019 Big Data Clusters release notes.

重要

プライベート リポジトリを使用して BDC を展開またはアップグレードするためにイメージを事前にプルする場合は、現在のビルド イメージとターゲット ビルド イメージがプライベート リポジトリ内にあることを確認します。If you use a private repository to pre-pull the images for deploying or upgrading BDC, ensure that the current build images as well as >the target build images are in the private repository. これにより、必要な場合に正常にロールバックすることが可能になります。This enables successful rollback, if necessary. また、最初の展開以降にプライベート リポジトリの >資格情報を変更した場合は、対応する環境変数 DOCKER_PASSWORD および >DOCKER_USERNAME を更新します。Also, if you changed the >credentials of the private repository since the original deployment, update the corresponding environment variables DOCKER_PASSWORD and >DOCKER_USERNAME. 現在のビルドとターゲット ビルドに異なるプライベート リポジトリを使用したアップグレードはサポートされていません。Upgrading using different private repositories for current and target builds is not supported.

アップグレードのタイムアウトを増やすIncrease the timeout for the upgrade

割り当てられた時間内に特定のコンポーネントがアップグレードされない場合、タイムアウトが発生する可能性があります。A timeout can occur if certain components are not upgraded in the allocated time. 次のコードにエラー例を示します。The following code shows what the failure might look like:

>azdata.EXE bdc upgrade --name <mssql-cluster>
Upgrading cluster to version 15.0.4003

NOTE: Cluster upgrade can take a significant amount of time depending on
configuration, network speed, and the number of nodes in the cluster.

Upgrading Control Plane.
Control plane upgrade failed. Failed to upgrade controller.

アップグレードのタイムアウトを増やすには、 --controller-timeout--component-timeout パラメーターを使用して、アップグレードの発行時に高い値を指定します。To increase the timeouts for an upgrade, use --controller-timeout and --component-timeout parameters to specify higher values when you issue the upgrade. このオプションは、SQL Server 2019 CU2 リリース以降でのみ使用できます。This option is only available starting with SQL Server 2019 CU2 release. たとえば、次のように入力します。For example:

azdata bdc upgrade -t 2019-CU6-ubuntu-16.04 --controller-timeout=40 --component-timeout=40 --stability-threshold=3

--controller-timeout では、コントローラーまたはコントローラー db のアップグレードが完了するまでの待機時間を分単位で指定します。--controller-timeout designates the number of minutes to wait for the controller or controller db to finish upgrading. --component-timeout では、これ以降のアップグレードの各フェーズの完了時間を指定します。--component-timeout designates the amount of time that each subsequent phase of the upgrade has to complete.

SQL Server 2019 CU2 リリースより前の場合にアップグレードのタイムアウトを増やすには、アップグレード構成マップを編集します。To increase the timeouts for an upgrade before the SQL Server 2019 CU2 release, edit the upgrade config map. アップグレード構成マップを編集するには:To edit the upgrade config map:

次のコマンドを実行します。Run the following command:

kubectl edit configmap controller-upgrade-configmap

次のフィールドを編集します。Edit the following fields:

controllerUpgradeTimeoutInMinutes コントローラーまたはコントローラー db のアップグレードが完了するまでの待機時間を分単位で指定します。controllerUpgradeTimeoutInMinutes Designates the number of minutes to wait for the controller or controller db to finish upgrading. 既定値は 5 です。Default is 5. 20 以上に更新します。Update to at least 20. totalUpgradeTimeoutInMinutes:コントローラーとコントローラー db の両方のアップグレード (コントローラー + コントローラー db のアップグレード) が完了するまでの合計時間を指定します。既定値は 10 です。totalUpgradeTimeoutInMinutes: Designates the combined amount of time for both the controller and controller db to finish upgrading (controller + controller db upgrade).Default is 10. 40 以上に更新します。Update to at least 40. componentUpgradeTimeoutInMinutes:アップグレードの後続の各フェーズが完了するまでの時間を指定します。componentUpgradeTimeoutInMinutes: Designates the amount of time that each subsequent phase of the upgrade has to complete. 既定値は 30 です。Default is 30. 45 に更新します。Update to 45.

保存して終了します。Save and exit.

CTP またはリリース候補からの BDC 展開の更新Update a BDC deployment from CTP or release candidate

SQL Server ビッグ データ クラスターの CTP またはリリース候補ビルドからのインプレース アップグレードはサポートされていません。In-place upgrade from a CTP or release candidate build of SQL Server Big Data Clusters is not supported. 次のセクションでは、クラスターを手動で削除し、再作成する方法について説明します。The following section explains how to manually remove and recreate the cluster.

以前のクラスターをバックアップして削除するBackup and delete the old cluster

SQL Server 2019 GDR1 リリースの前に展開されたビッグ データ クラスターのインプレース アップグレードはありません。There is no in place upgrade for big data clusters deployed before SQL Server 2019 GDR1 release. 新しいリリースにアップグレードする唯一の方法は、クラスターを手動で削除して再作成することです。The only way to upgrade to a new release is to manually remove and recreate the cluster. 各リリースには、以前のバージョンと互換性のない固有のバージョンの azdata があります。Each release has a unique version of azdata that is not compatible with the previous version. また、別の以前のバージョンで展開されたクラスターに新しいコンテナー イメージをダウンロードした場合、最新のイメージはクラスター上の以前のイメージと互換性がない可能性があります。Also, if a newer container image is downloaded on cluster deployed with different older version, the latest image might not be compatible with the older images on the cluster. コンテナー設定の展開構成ファイルで latest イメージ タグを使用している場合は、新しいイメージがプルされます。The newer image is pulled if you are using the latest image tag for in the deployment configuration file for the container settings. 既定では、各リリースには、SQL Server のリリース バージョンに対応する固有のイメージ タグがあります。By default, each release has a specific image tag corresponding to the SQL Server release version. 最新のリリースにアップグレードするには、次の手順に従います。To upgrade to the latest release, use the following steps:

  1. 以前のクラスターを削除する前に、SQL Server マスター インスタンス上と HDFS 上のデータをバックアップします。Before deleting the old cluster, back up the data on the SQL Server master instance and on HDFS. SQL Server マスター インスタンスの場合は、SQL Server のバックアップと復元を使用できます。For the SQL Server master instance, you can use SQL Server backup and restore. HDFS の場合は、curl を使用してデータをコピーできますFor HDFS, you can copy out the data with curl.

  2. azdata delete cluster コマンドを使用して、古いクラスターを削除します。Delete the old cluster with the azdata delete cluster command.

     azdata bdc delete --name <old-cluster-name>
    

    重要

    クラスターと一致するバージョンの azdata を使用します。Use the version of azdata that matches your cluster. 新しいバージョンの azdata で古いクラスターを削除しないでください。Do not delete an older cluster with the newer version of azdata.

    注意

    azdata bdc delete コマンドを発行すると、そのビッグ データ クラスター名で示される名前空間内で作成されたすべてのオブジェクトは削除されますが、名前空間自体は削除されません。Issuing a azdata bdc delete command will result in all objects created within the namespace identified with the big data cluster name to be deleted, but not the namespace itself. 名前空間は、空で、他のアプリケーションが中に作成されていない限り、後の展開に再利用できます。Namespace can be reused for subsequent deployments as long as it is empty and no other applications were created within.

  3. 以前のバージョンの azdata をアンインストールします。Uninstall the old version of azdata.

    pip3 uninstall -r https://azdatacli.blob.core.windows.net/python/azdata/2019-rc1/requirements.txt
    
  4. 最新バージョンの azdata をインストールします。Install the latest version of azdata. 次のコマンドでは、最新のリリースから azdata がインストールされます。The following commands install azdata from the latest release:

    Windows:Windows:

    pip3 install -r https://aka.ms/azdata
    

    Linux:Linux:

    pip3 install -r https://aka.ms/azdata --user
    

    重要

    各リリースで、azdatan-1 バージョンへのパスが変更されます。For each release, the path to the n-1 version of azdata changes. 以前に azdata をインストールしている場合でも、新しいクラスターを作成する前に、最新のパスから再インストールする必要があります。Even if you previously installed azdata, you must reinstall from the latest path before creating the new cluster.

azdata のバージョンを確認するVerify the azdata version

新しいビッグ データ クラスターを展開する前に、--version パラメーターを指定して、最新バージョンの azdata を使用していることを確認します。Before deploying a new big data cluster, verify that you are using the latest version of azdata with the --version parameter:

azdata --version

新しいリリースをインストールするInstall the new release

以前のビッグ データ クラスターを削除し、最新の azdata をインストールしたら、現在の展開手順に従って、新しいビッグ データ クラスターを展開します。After removing the previous big data cluster and installing the latest azdata, deploy the new big data cluster by using the current deployment instructions. 詳細については、「Kubernetes に SQL Server ビッグ データ クラスターSQL Server Big Data Clustersを展開する方法」を参照してください。For more information, see How to deploy SQL Server ビッグ データ クラスターSQL Server Big Data Clusters on Kubernetes. 次に、必要なデータベースまたはファイルを復元します。Then, restore any required databases or files.

次のステップNext steps

ビッグ データ クラスターの詳細については、SQL Server ビッグ データ クラスターSQL Server Big Data Clusters とはの概要に関するページを参照してください。For more information about big data clusters, see What are SQL Server ビッグ データ クラスターSQL Server Big Data Clusters.