DataAdapter と DataReader

適用対象: .NET Framework .NET Core .NET Standard

ADO.NET のダウンロード

Microsoft SqlClient Data Provider for SQL Server DataReader を使用すると、データベースから前方への読み取り専用のストリームを取得できます。 結果はクエリを実行すると返され、DataReaderRead メソッドを使用して要求するまで、クライアントのネットワーク バッファーに格納されます。 DataReader を使用すると、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。これは、使用可能になったデータをすぐに取得するためと、一度に 1 つの行しかメモリに格納しない (既定の設定) ことによってシステムのオーバーヘッドが軽減されるためです。

DataAdapter は、データ ソースからデータを取得し、1 つの DataSet 内でテーブルを設定するために使用されます。 また、DataAdapter は、DataSet に対して加えられた変更をデータ ソースに反映させます。 DataAdapter は、Microsoft SqlClient Data Provider for SQL Server の Connection オブジェクトを使用してデータ ソースに接続し、Command オブジェクトを使用して、データ ソースに対するデータの取得および変更の解決を行います。

.NET には DbDataReaderDbDataAdapter のオブジェクトがあります。Microsoft SqlClient Data Provider for SQL Server には、SqlDataReaderSqlDataAdapter のオブジェクトが含まれています。

このセクションの内容

DataReader によってデータを取得する
ADO.NET の DataReader オブジェクトと、それを使用してデータ ソースから結果ストリームを返す方法について説明します。

DataAdapter から DataSet を設定する
DataSet を使用して DataAdapter にテーブル、列、および行を設定する方法について説明します。

DataAdapter パラメーター
DataAdapter のコマンド プロパティのパラメーターを使用する方法と、DataSet の列の内容をコマンド パラメーターに割り当てる方法について説明します。

DataSet に既存の制約を追加する
既存の制約を DataSet に追加する方法について説明します。

DataAdapter、DataTable、DataColumn のマッピング
DataTableMappingsColumnMappings および DataAdapter を設定する方法について説明します。

クエリ結果のページング
クエリの結果をデータ ページとして表示する例を示します。

DataAdapter を使用してデータ ソースを更新する
DataAdapter を使用して DataSet の変更内容を解決してデータベースに戻す方法について説明します。

DataAdapter イベントを処理する
DataAdapter のイベントおよびその使用方法について説明します。

DataAdapter を使用したバッチ操作
DataSet から更新を適用する際に、SQL Server へのラウンド トリップ回数を減らすことにより、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。

関連項目