getVersionColumns メソッド (SQLServerDatabaseMetaData)

ダウンロードJDBC Driver のダウンロード

行の任意の値が更新された場合に自動的に更新されるテーブルの列の記述を取得します。

構文

  
public java.sql.ResultSet getVersionColumns(java.lang.String catalog,  
                                            java.lang.String schema,  
                                            java.lang.String table)  

パラメーター

catalog

カタログ名を含む文字列です。

schema

スキーマ名のパターンを含む文字列です。

テーブル

テーブル名を含む文字列です。

戻り値

SQLServerResultSet オブジェクトです。

例外

SQLServerException

解説

この getVersionColumns メソッドは、java.sql.DatabaseMetaData インターフェイスの getVersionColumns メソッドで規定されています。

getVersionColumns メソッドによって返される結果セットには、次の情報が含まれます。

Name 種類 説明
SCOPE short JDBC ドライバーではサポートされていません。
COLUMN_NAME String 列名。
DATA_TYPE short java.sql.Types の SQL データ型です。
TYPE_NAME String データ型の名前です。
COLUMN_SIZE int 列の完全桁数です。
BUFFER_LENGTH int 列の長さです (バイト)。
DECIMAL_DIGITS short 列の小数点以下の桁数です。
PSEUDO_COLUMN short 列が擬似列かどうかを示します。 次のいずれかの値を指定できます。

versionColumnUnknown (0)

versionColumnNotPseudo (1)

versionColumnPseudo (2)

注意

getVersionColumns メソッドによって返されるデータの詳細については、SQL Server オンライン ブックの「sp_datatype_info (Transact-SQL)」を参照してください。

次の例では、getVersionColumns メソッドを使用して、AdventureWorks サンプル データベースの Person.Contact テーブルで自動的に更新される列に関する情報を返す方法を示します。

public static void executeGetVersionColumns(Connection con) {  
   try {  
      DatabaseMetaData dbmd = con.getMetaData();  
      ResultSet rs = dbmd.getVersionColumns("AdventureWorks", "Person", "Contact");  
      ResultSetMetaData rsmd = rs.getMetaData();  
  
      // Display the result set data.  
      int cols = rsmd.getColumnCount();  
      while(rs.next()) {  
         for (int i = 1; i <= cols; i++) {  
            System.out.println(rs.getString(i));  
         }  
      }  
      rs.close();  
   }   
  
   catch (Exception e) {  
      e.printStackTrace();  
   }  
}  

参照

SQLServerDatabaseMetaData のメソッド
SQLServerDatabaseMetaData のメンバー
SQLServerDatabaseMetaData クラス