JDBC ドライバーのシステム要件System requirements for the JDBC driver

ダウンロードJDBC Driver のダウンロードDownloadDownload JDBC Driver

Microsoft SQL Server 用 JDBC DriverMicrosoft JDBC Driver for SQL Server を使用して SQL ServerSQL Server または Azure SQL データベースAzure SQL Database のデータにアクセスするには、次のコンポーネントをコンピューターにインストールする必要があります。To access data from a SQL ServerSQL Server or Azure SQL データベースAzure SQL Database by using the Microsoft SQL Server 用 JDBC DriverMicrosoft JDBC Driver for SQL Server, you must have the following components installed on your computer:

  • Microsoft SQL Server 用 JDBC DriverMicrosoft JDBC Driver for SQL Server (ダウンロード)(download)
  • Java ランタイム環境Java Runtime Environment

Java Runtime Environment の要件Java Runtime Environment requirements

Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server 以降で、Java Development Kit (JDK) 12.0 と Java Runtime Environment (JRE) 12.0 がサポートされています。Starting with the Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server, Java Development Kit (JDK) 12.0 and Java Runtime Environment (JRE) 12.0 are supported.

Microsoft JDBC Driver 7.2 for SQL Server 以降で、Java Development Kit (JDK) 11.0 と Java Runtime Environment (JRE) 11.0 がサポートされています。Starting with the Microsoft JDBC Driver 7.2 for SQL Server, Java Development Kit (JDK) 11.0 and Java Runtime Environment (JRE) 11.0 are supported.

Microsoft JDBC Driver 7.0 for SQL Server 以降で、Java Development Kit (JDK) 10.0 と Java Runtime Environment (JRE) 10.0 がサポートされています。Starting with the Microsoft JDBC Driver 7.0 for SQL Server, Java Development Kit (JDK) 10.0 and Java Runtime Environment (JRE) 10.0 are supported.

Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server 以降で、Java Development Kit (JDK) 9.0 と Java Runtime Environment (JRE) 9.0 がサポートされています。Starting with the Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server, Java Development Kit (JDK) 9.0 and Java Runtime Environment (JRE) 9.0 are supported.

Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server 以降で、Java Development Kit (JDK) 8.0 と Java Runtime Environment (JRE) 8.0 がサポートされています。Starting with the Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server, Java Development Kit (JDK) 8.0 and Java Runtime Environment (JRE) 8.0 are supported. Java Database Connectivity (JDBC) Spec API のサポートが拡張され、JDBC 4.1 と 4.2 API が対象になりました。Support for Java Database Connectivity (JDBC) Spec API has been extended to include the JDBC 4.1 and 4.2 API.

Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server 以降で、Java Development Kit (JDK) 7.0 と Java Runtime Environment (JRE) 7.0 がサポートされています。Starting with the Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server, Java Development Kit (JDK) 7.0 and Java Runtime Environment (JRE) 7.0 are supported.

Microsoft SQL Server 用 JDBC Driver 4.0Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server 以降では、JDBC 4.0 API を包含する形で Java Database Connectivity (JDBC) Spec API に対する JDBC ドライバー サポートが拡張されています。Starting with the Microsoft SQL Server 用 JDBC Driver 4.0Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server, the JDBC driver support for Java Database Connectivity (JDBC) Spec API has been extended to include the JDBC 4.0 API. JDBC 4.0 API は、Java Development Kit (JDK) 6.0 および Java Runtime Environment (JRE) 6.0 の一部として導入されました。The JDBC 4.0 API was introduced as part of the Java Development Kit (JDK) 6.0 and Java Runtime Environment (JRE) 6.0. JDBC 4.0 は、JDBC 3.0 API のスーパーセットです。JDBC 4.0 is a superset of the JDBC 3.0 API.

Windows と UNIX オペレーティング システムで Microsoft SQL Server 用 JDBC DriverMicrosoft JDBC Driver for SQL Server を展開する場合、インストール パッケージである sqljdbc_<version>_enu.exesqljdbc_<version>_enu.tar.gz をそれぞれ使用する必要があります。When you deploy the Microsoft SQL Server 用 JDBC DriverMicrosoft JDBC Driver for SQL Server on Windows and UNIX operating systems, you must use the installation packages, sqljdbc_<version>_enu.exe, and sqljdbc_<version>_enu.tar.gz, respectively. JDBC Driver の展開方法の詳細については、「JDBC Driver の展開」トピックを参照してください。For more information about how to deploy the JDBC Driver, see Deploying the JDBC driver topic.

Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server:Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server:

JDBC Driver 7.4 の各インストール パッケージには、3 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre11.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar) が含まれています。The JDBC Driver 7.4 includes three JAR class libraries in each installation package: mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jar, mssql-jdbc-7.4.1.jre11.jar, and mssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar.

JDBC Driver 7.4 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携し、それらでサポートされるように設計されていますが、テストは OpenJDK 1.8、OpenJDK 11.0、OpenJDK 12.0、Azul Zulu JRE 1.8、Azul Zulu JRE 11.0、Azul Zulu JRE 12.0 上でのみ実行されます。The JDBC Driver 7.4 is designed to work with and be supported by all major Java virtual machines, but is tested only on OpenJDK 1.8, OpenJDK 11.0, OpenJDK 12.0, Azul Zulu JRE 1.8, Azul Zulu JRE 11.0, and Azul Zulu JRE 12.0.

Microsoft JDBC Drivers 7.4 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を以下に示します。The following summarizes support provided by the two JAR files included with Microsoft JDBC Drivers 7.4 for SQL Server:

JARJAR JDBC バージョン準拠JDBC Version Compliance 推奨される Java のバージョンRecommended Java Version [説明]Description
mssql-jdbc-7.4.1. jre8mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jar 4.24.2 88 Java Runtime Environment (JRE) 1.8 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 1.8. JRE 1.7 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 1.7 or lower throws an exception.

7.4 の新機能には、JDK 12 のサポート、NTLM 認証、useFmtOnly が含まれます。New Features in 7.4 include: JDK 12 support, NTLM authentication, and useFmtOnly.
mssql-jdbc-7.4.1. jre11mssql-jdbc-7.4.1.jre11.jar 4.34.3 1111 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 11.0. JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 10.0 or lower throws an exception.

7.4 の新機能には、JDK 12 のサポート、NTLM 認証、useFmtOnly が含まれます。New Features in 7.4 include: JDK 12 support, NTLM authentication, and useFmtOnly.
mssql-jdbc-7.4.1. jre12mssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar 4.34.3 1212 Java Runtime Environment (JRE) 12.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 12.0. JRE 11.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 11.0 or lower throws an exception.

7.4 の新機能には、JDK 12 のサポート、NTLM 認証、useFmtOnly が含まれます。New Features in 7.4 include: JDK 12 support, NTLM authentication, and useFmtOnly.

JDBC Driver 7.4 は Maven Central Repository でも使用でき、次のコードを POM.XML に追加することで Maven プロジェクトに追加できます。The JDBC Driver 7.4 is also available on the Maven Central Repository and can be added to a Maven project by adding the following code in the POM.XML:

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>7.4.1.jre11</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 7.2 for SQL Server:Microsoft JDBC Driver 7.2 for SQL Server:

JDBC Driver 7.2 の各インストール パッケージには、2 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar および mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar) が含まれています。The JDBC Driver 7.2 includes two JAR class libraries in each installation package: mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar, and mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar.

JDBC Driver 7.2 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携し、それらでサポートされるように設計されていますが、テストは OpenJDK 8.0、OpenJDK 11.0、Azul Zulu JRE 8.0、および Azul Zulu JRE 11.0 上でのみ実行されます。The JDBC Driver 7.2 is designed to work with and be supported by all major Java virtual machines, but is tested only on OpenJDK 8.0, OpenJDK 11.0, Azul Zulu JRE 8.0 and Azul Zulu JRE 11.0.

Microsoft JDBC Drivers 7.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を以下に示します。The following summarizes support provided by the two JAR files included with Microsoft JDBC Drivers 7.2 for SQL Server:

JARJAR JDBC バージョン準拠JDBC Version Compliance 推奨される Java のバージョンRecommended Java Version [説明]Description
mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jarmssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar 4.24.2 88 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 8.0. JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 7.0 or lower throws an exception.

7.2 の新機能には、JDK 11 のサポート、Active Directory マネージド サービス ID (MSI) 認証、OSGi のサポート、SQLServerError API が含まれます。New Features in 7.2 include: JDK 11 support, Active Directory Managed Service Identity (MSI) authentication, OSGi support, SQLServerError APIs.
mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jarmssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar 4.34.3 1010 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 11.0. JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 10.0 or lower throws an exception.

7.2 の新機能には、JDK 11 のサポート、Active Directory マネージド サービス ID (MSI) 認証、OSGi のサポート、SQLServerError API が含まれます。New Features in 7.2 include: JDK 11 support, Active Directory Managed Service Identity (MSI) authentication, OSGi support, SQLServerError APIs.

JDBC Driver 7.2 は Maven Central Repository でも使用でき、次のコードを POM.XML に追加することで Maven プロジェクトに追加できます。The JDBC Driver 7.2 is also available on the Maven Central Repository and can be added to a Maven project by adding the following code in the POM.XML:

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>7.2.2.jre11</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 7.0 for SQL Server:Microsoft JDBC Driver 7.0 for SQL Server:

JDBC Driver 7.0 の各インストール パッケージには、2 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar および mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar) が含まれています。The JDBC Driver 7.0 includes two JAR class libraries in each installation package: mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar, and mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar.

JDBC Driver 7.0 は、すべての主要な Java 仮想マシンで操作とサポートができるよう設計されていますが、テストが実行されるのは OpenJDK 8.0 と 10.0 上のみです。The JDBC Driver 7.0 is designed to work with and be supported by all major Java virtual machines, but is tested only on OpenJDK 8.0, and 10.0.

Microsoft JDBC Driver 7.0 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を以下に示します。The following summarizes support provided by the two JAR files included with Microsoft JDBC Drivers 7.0 for SQL Server:

JARJAR JDBC バージョン準拠JDBC Version Compliance 推奨される Java のバージョンRecommended Java Version [説明]Description
mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jarmssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar 4.24.2 88 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 8.0. JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 7.0 or lower throws an exception.

7.0 の新機能には、JDK 10 のサポート、JDBC 4.2 仕様に更新された既定の準拠レベル、空間データ型のサポート、cancelQueryTime 接続プロパティ、要求境界メソッド、useBulkCopyForBatchInsert 接続プロパティ、データ検出および分類情報、UTF-8 機能の拡張、および CityHash のサポートが含まれます。New Features in 7.0 include: JDK 10 support, updated default compliance level to JDBC 4.2 specifications, Spatial Datatypes support, cancelQueryTimeout connection property, Request Boundary methods, useBulkCopyForBatchInsert connection property, Data Discovery and Classification information, UTF-8 feature extension, and CityHash support.
mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jarmssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar 4.34.3 1010 Java Runtime Environment (JRE) 10.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 10.0. JRE 9.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 9.0 or lower throws an exception.

7.0 の新機能には、JDK 10 のサポート、JDBC 4.2 仕様に更新された既定の準拠レベル、空間データ型のサポート、cancelQueryTime 接続プロパティ、要求境界メソッド、useBulkCopyForBatchInsert 接続プロパティ、データ検出および分類情報、UTF-8 機能の拡張、および CityHash のサポートが含まれます。New Features in 7.0 include: JDK 10 support, updated default compliance level to JDBC 4.2 specifications, Spatial Datatypes support, cancelQueryTimeout connection property, Request Boundary methods, useBulkCopyForBatchInsert connection property, Data Discovery and Classification information, UTF-8 feature extension, and CityHash support.

JDBC Driver 7.0 は Maven Central Repository でも使用でき、次のコードを POM.XML に追加することで Maven プロジェクトに追加できます。The JDBC Driver 7.0 is also available on the Maven Central Repository and can be added to a Maven project by adding the following code in the POM.XML:

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>7.0.0.jre10</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server:Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server:

JDBC Driver 6.4 の各インストール パッケージには、3 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre8.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar) が含まれています。The JDBC Driver 6.4 includes three JAR class libraries in each installation package: mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jar, mssql-jdbc-6.4.0.jre8.jar, and mssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar.

JDBC Driver 6.4 は、すべての主要な Java 仮想マシンで操作とサポートができるよう設計されていますが、テストが実行されるのは OpenJDK 7.0、8.0、9.0 上のみです。The JDBC Driver 6.4 is designed to work with and be supported by all major Java virtual machines, but is tested only on OpenJDK 7.0, 8.0, and 9.0.

Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server に含まれている 3 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を以下に示します。The following summarizes support provided by the three JAR files included with Microsoft JDBC Drivers 6.4 for SQL Server:

JARJAR JDBC バージョン準拠JDBC Version Compliance 推奨される Java のバージョンRecommended Java Version [説明]Description
mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre7.jar 4.14.1 77 Java Runtime Environment (JRE) 7.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 7.0. JRE 6.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 6.0 or lower throws an exception.

6.4 の新機能には、Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの使用、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用が含まれます。New Features in 6.4 include: Azure AD authentication for Linux, Principal/Password method for Kerberos, automatic detection of REALM in SPN for Cross-Domain authentication, Kerberos Constrained Delegation, Query Timeout, Socket Timeout, and prepared statement handle re-use.
mssql-jdbc-6.4.0.jre8.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre8.jar 4.24.2 88 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 8.0. JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 7.0 or lower throws an exception.

6.4 の新機能には、Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの使用、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用が含まれます。New Features in 6.4 include: Azure AD authentication for Linux, Principal/Password method for Kerberos, automatic detection of REALM in SPN for Cross-Domain authentication, Kerberos Constrained Delegation, Query Timeout, Socket Timeout, and prepared statement handle re-use.
mssql-jdbc-6.4.0.jre9.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar 4.34.3 99 Java Runtime Environment (JRE) 9.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 9.0. JRE 8.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 8.0 or lower throws an exception.

6.4 の新機能には、Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの使用、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用が含まれます。New Features in 6.4 include: Azure AD authentication for Linux, Principal/Password method for Kerberos, automatic detection of REALM in SPN for Cross-Domain authentication, Kerberos Constrained Delegation, Query Timeout, Socket Timeout, and prepared statement handle re-use.

JDBC Driver 6.4 は Maven Central Repository でも使用でき、次のコードを POM.XML に追加することで Maven プロジェクトに追加できます。The JDBC Driver 6.4 is also available on the Maven Central Repository and can be added to a Maven project by adding the following code in the POM.XML

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>6.4.0.jre9</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 6.2 for SQL Server:Microsoft JDBC Driver 6.2 for SQL Server:

JDBC Driver 6.2 の各インストール パッケージには、2 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jar および mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar) が含まれています。The JDBC Driver 6.2 includes two JAR class libraries in each installation package: mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jar, and mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar.

JDBC Driver 6.2 は、すべての主要な Java 仮想マシンで操作とサポートができるよう設計されていますが、テストが実行されるのは Sun JRE 5.0、6.0、7.0、8.0 上のみです。The JDBC Driver 6.2 is designed to work with and be supported by all major Java virtual machines, but is tested only on Sun JRE 5.0, 6.0, 7.0, and 8.0.

Microsoft JDBC Driver 6.0 for SQL Server および Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を以下に示します。The following summarizes support provided by the two JAR files included with Microsoft JDBC Drivers 6.0 and 4.2 for SQL Server:

JARJAR JDBC バージョン準拠JDBC Version Compliance 推奨される Java のバージョンRecommended Java Version [説明]Description
mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jarmssql-jdbc-6.2.2.jre7.jar 4.14.1 77 Java Runtime Environment (JRE) 7.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 7.0. JRE 6.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 6.0 or lower throws an exception.

6.2 の新機能には、Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの方法、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用が含まれます。New Features in 6.2 include: Azure AD authentication for Linux, Principal/Password method for Kerberos, automatic detection of REALM in SPN for Cross-Domain authentication, Kerberos Constrained Delegation, Query Timeout, Socket Timeout, and prepared statement handle re-use.
mssql-jdbc-6.2.3.jre8.jarmssql-jdbc-6.2.3.jre8.jar 4.24.2 88 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 8.0. JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 7.0 or lower throws an exception.

6.2 の新機能には、Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの使用、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用が含まれます。New Features in 6.2 include: Azure AD authentication for Linux, Principal/Password method for Kerberos, automatic detection of REALM in SPN for Cross-Domain authentication, Kerberos Constrained Delegation, Query Timeout, Socket Timeout, and prepared statement handle re-use

JDBC Driver 6.2 は Maven Central Repository でも使用でき、次のコードを POM.XML に追加することで Maven プロジェクトに追加できます。The JDBC Driver 6.2 is also available on the Maven Central Repository and can be added to a Maven project by adding the following code in the POM.XML

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>6.2.2.jre8</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 6.0 for SQL Server および Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server:Microsoft JDBC Driver 6.0 and 4.2 for SQL Server:

JDBC Drivers 6.0 および 4.2 には、各インストール パッケージに 2 つの JAR クラス ライブラリ (sqljdbc41.jar および sqljdbc42.jar) が含まれています。The JDBC Drivers 6.0 and 4.2 include two JAR class libraries in each installation package: sqljdbc41.jar, and sqljdbc42.jar.

JDBC Driver 6.0 および 4.2 は、すべての主要な Java 仮想マシンで操作とサポートができるよう設計されていますが、Sun JRE 5.0、6.0、7.0、8.0 のみでテストされます。The JDBC Drivers 6.0 and 4.2 are designed to work with and be supported by all major Java virtual machines, but is tested only on Sun JRE 5.0, 6.0, 7.0, and 8.0.

Microsoft JDBC Driver 6.0 for SQL Server および Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を以下に示します。The following summarizes support provided by the two JAR files included with Microsoft JDBC Drivers 6.0 and 4.2 for SQL Server:

JARJAR JDBC バージョン準拠JDBC Version Compliance 推奨される Java のバージョンRecommended Java Version [説明]Description
sqljdbc41.jarsqljdbc41.jar 4.14.1 77 Java Runtime Environment (JRE) 7.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 7.0. JRE 6.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 6.0 or lower throws an exception.

6.0 および 4.2 パッケージの新機能には、JDBC 4.1 準拠と一括コピーが含まれます。New Features in 6.0 & 4.2 packages include: JDBC 4.1 Compliance and Bulk Copy

さらに、6.0 パッケージのみの新機能として、常時暗号化、テーブル値パラメーター、Azure Active Directory 認証、AlwaysOn 可用性グループへの透過接続、準備されたクエリと国際化ドメイン名 (IDN) でのパラメーターのメタデータ取得の機能強化が含まれます。In Addition, new Features in only the 6.0 package include: Always Encrypted, Table-Valued Parameters, Azure Active Directory Authentication, transparent connections to Always On Availability Groups, improvement in parameter metadata retrieval for prepared queries and Internationalized Domain Name (IDN)
sqljdbc42.jarsqljdbc42.jar 4.24.2 88 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。Requires a Java Runtime Environment (JRE) 8.0. JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。Using JRE 7.0 or lower throws an exception.

6.0 と 4.2 のパッケージの新機能には、JDBC 4.1 準拠、JDBC 4.2 準拠、および一括コピーが含まれます。New Features in 6.0 & 4.2 packages include: JDBC 4.1 Compliance, JDBC 4.2 Compliance, and Bulk Copy

さらに、6.0 パッケージのみの新機能として、常時暗号化、テーブル値パラメーター、Azure Active Directory 認証、AlwaysOn 可用性グループへの透過接続、準備されたクエリと国際化ドメイン名 (IDN) でのパラメーターのメタデータ取得の機能強化が含まれます。In Addition, new Features in only the 6.0 package include: Always Encrypted, Table-Valued Parameters, Azure Active Directory Authentication, transparent connections to Always On Availability Groups, improvement in parameter metadata retrieval for prepared queries and Internationalized Domain Name (IDN)

Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server:Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server:

JDBC Driver 4.1 には、各インストール パッケージに 1 つの JAR クラス ライブラリ (sqljdbc41.jar) が含まれます。The JDBC Driver 4.1 includes one JAR class library in each installation package: sqljdbc41.jar.

JARJAR [説明]Description
sqljdbc41.jarsqljdbc41.jar sqljdbc41.jar クラス ライブラリでは、JDBC 4.0 API のサポートが提供されます。sqljdbc41.jar class library provides support for JDBC 4.0 API. JDBC 4.0 ドライバーのすべての機能と JDBC 4.0 API メソッドを備えています。It includes all of the features of the JDBC 4.0 driver as well as the JDBC 4.0 API methods. JDBC 4.1 はサポートされていません ("SQLFeatureNotSupportedException" の例外がスローされます)。JDBC 4.1 is not supported (throws an exception "SQLFeatureNotSupportedException").

sqljdbc41.jar クラス ライブラリを使用するには、Java Runtime Environment (JRE) 7.0 が必要です。sqljdbc41.jar class library requires a Java Runtime Environment (JRE) 7.0. JRE 6.0 および 5.0 で sqljdbc41.jar を使用すると、例外がスローされます。Using sqljdbc41.jar on JRE 6.0 and 5.0 throws an exception.

この JDBC ドライバーは、すべての主要な Java 仮想マシンで操作とサポートができるよう設計されていますが、Sun JRE 5.0、6.0、7.0 でテストされます。The JDBC driver is designed to work with and be supported by all major Java virtual machines, but is tested on Sun JRE 5.0, 6.0 and 7.0.

Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server に含まれている JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を以下に示します。The following summarizes support provided by the JAR file included with Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server.

JARJAR JDBC のバージョンJDBC Version JRE (実行可能)JRE (can run) JDK (コンパイル可能)JDK (can compile)
sqljdbc41.jarsqljdbc41.jar 44 77 7 6 57 6 5

SQL Server 要件SQL Server requirements

JDBC ドライバーは、Azure SQL Database と SQL Server への接続をサポートします。The JDBC driver supports connections to Azure SQL database and SQL Server. Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server と Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server では、SQL Server 2008 以降をサポートします。For Microsoft JDBC Driver 4.2 and 4.1 for SQL Server, support begins with SQL Server 2008.

オペレーティング システムの要件Operating System requirements

JDBC ドライバーは、Java 仮想マシン (JVM) の使用をサポートするすべてのオペレーティング システムで機能するように設計されています。The JDBC driver is designed to work on any operating system that supports the use of a Java Virtual Machine (JVM). ただし、公式にテストされているのは、Sun Solaris、SUSE Linux、および Windows オペレーティング システムだけです。However, only Sun Solaris, SUSE Linux, and Windows operating systems have officially been tested.

サポートされている言語Supported languages

JDBC ドライバーは、すべての SQL ServerSQL Server 列の照合順序をサポートしています。The JDBC driver supports all SQL ServerSQL Server column collations. JDBC ドライバーでサポートされる照合順序の詳細については、「JDBC Driver の国際化機能」をご覧ください。For more information about the collations supported by the JDBC driver, see International features of the JDBC driver.

照合順序の詳細については、SQL ServerSQL Server オンライン ブックの「照合順序の使用」を参照してください。For more information about collations, see "Working with Collations" in SQL ServerSQL Server Books Online.

参照See also

JDBC ドライバーの概要Overview of the JDBC driver