bcp による接続Connecting with bcp

ダウンロードODBC Driver のダウンロードDownloadDownload ODBC Driver

Bcpユーティリティでは、 MicrosoftMicrosoft ODBC Driver for SQL ServerSQL Server Linux や macOS にします。The bcp utility is available in the MicrosoftMicrosoft ODBC Driver for SQL ServerSQL Server on Linux and macOS. このページの Windows のバージョンとの相違点について説明bcpです。This page documents the differences from the Windows version of bcp.

  • フィールド ターミネータはタブ ("\t") です。The field terminator is a tab ("\t").

  • 行ターミネータは改行 ("\n") です。The line terminator is a newline ("\n").

  • キャラクター モードで推奨される形式のbcpファイルと拡張文字を含まないデータ ファイルの書式を設定します。Character mode is the preferred format for bcp format files and data files that do not contain extended characters.

注意

円記号 '\' に、コマンドライン引数を引用符で囲まれたか、エスケープするか、必要があります。A backslash '\' on a command-line argument must either be quoted or escaped. たとえば、カスタム行ターミネータとして改行文字を指定するにする必要がありますを使用して、次のメカニズムのいずれかの。For example, to specify a newline as a custom row terminator, you must use one of the following mechanisms:

  • -r\\n-r\\n
  • -r"\n"-r"\n"
  • -r'\n'-r'\n'

呼び出しの例のコマンドを次に示しますbcpテーブルの行をテキスト ファイルにコピーします。The following is a sample command invocation of bcp to copy table rows to a text file:

bcp AdventureWorks2008R2.Person.Address out test.dat -Usa -Pxxxx -Sxxx.xxx.xxx.xxx  

使用可能なオプションAvailable Options

現在のリリースでは、次の構文とオプションを使用できます。In the current release, the following syntax and options are available:

[database.]schema.table in data_file | out data_file[database.]schema.table in data_file | out data_file

  • -a packet_size-a packet_size
    サーバーとの間で送信されるネットワーク パケットごとのバイト数を指定します。Specifies the number of bytes, per network packet, sent to and from the server.

  • -b batch_size-b batch_size
    一括インポートするデータの行数を指定します。Specifies the number of rows per batch of imported data.

  • -c-c
    文字データ型を使用します。Uses a character data type.

  • -d database_name-d database_name
    接続先のデータベースを指定します。Specifies the database to connect to.

  • -d-D
    渡された値により、bcpデータ ソース名 (DSN) として解釈するで、-s オプション。Causes the value passed to the bcp -S option to be interpreted as a data source name (DSN). 詳細については、「sqlcmd および bcp の DSN サポート」を参照してくださいsqlcmd による接続です。For more information, see "DSN Support in sqlcmd and bcp" in Connecting with sqlcmd.

  • -e error_file行を格納するエラー ファイルの完全パスを指定します、bcpユーティリティによって、あるファイルからデータベースに転送することはできません。-e error_file Specifies the full path of an error file used to store any rows that the bcp utility cannot transfer from the file to the database.

  • -e-E
    ID 列に、インポートされたデータ ファイルの ID 値を使用します。Uses an identity value or values in the imported data file for the identity column.

  • -f format_file-f format_file
    フォーマット ファイルの完全パスを指定します。Specifies the full path of a format file.

  • -F first_row-F first_row
    テーブルからエクスポートする最初の行、またはデータ ファイルからインポートする最初の行の番号を指定します。Specifies the number of the first row to export from a table or import from a data file.

  • -k-k
    一括コピー操作時、空の列には、挿入される列の既定値ではなく、NULL 値が保持されます。Specifies that empty columns should retain a null value during the operation, rather than have any default values for the columns inserted.

  • -l-l
    ログインのタイムアウトを指定します。Specifies a login timeout. – L オプションにログインするまでの秒数を指定する SQL ServerSQL Serverがタイムアウトになるサーバーに接続しようとします。The –l option specifies the number of seconds before a login to SQL ServerSQL Server times out when you try to connect to a server. 既定のログイン タイムアウトは、15 秒です。The default login timeout is 15 seconds. ログイン タイムアウトは、0 ~ 65,534 の範囲の数値でなければなりません。The login timeout must be a number between 0 and 65534. 指定した値が数値以外の場合、または範囲外の場合、bcp はエラー メッセージを生成します。If the value supplied is not numeric or does not fall into that range, bcp generates an error message. 値 0 は、無限のタイムアウトを指定します。A value of 0 specifies an infinite timeout.

  • -L last_row-L last_row
    テーブルからエクスポートする最後の行、またはデータ ファイルからインポートする最後の行の番号を指定します。Specifies the number of the last row to export from a table or import from a data file.

  • -m max_errors-m max_errors
    前に発生する可能性がある構文エラーの最大数を指定、bcp操作が取り消されました。Specifies the maximum number of syntax errors that can occur before the bcp operation is cancelled.

  • -n
    データのネイティブの (データベース) データ型を使用して一括コピー操作を実行します。Uses the native (database) data types of the data to perform the bulk-copy operation.

  • -P password-P password
    ログイン ID のパスワードを指定します。Specifies the password for the login ID.

  • -Q-q
    bcp ユーティリティと SQL ServerSQL Server のインスタンスとの接続で、SET QUOTED_IDENTIFIERS ON ステートメントを実行します。Executes the SET QUOTED_IDENTIFIERS ON statement in the connection between the bcp utility and an instance of SQL ServerSQL Server.

  • -r row_terminator-r row_terminator
    行ターミネータを指定します。Specifies the row terminator.

  • -r-R
    通貨、日付、時刻のデータを SQL ServerSQL Server に一括コピーする場合に、クライアント コンピューターのロケール設定に定義された地域別設定が使用されます。Specifies that currency, date, and time data is bulk copied into SQL ServerSQL Server using the regional format defined for the locale setting of the client computer.

  • -S server-S server
    名前を指定、 SQL ServerSQL Server接続先のインスタンスまたは-d が使用される、DSN。Specifies the name of the SQL ServerSQL Server instance to connect to, or if -D is used, a DSN.

  • -t field_terminator-t field_terminator
    フィールド ターミネータを指定します。Specifies the field terminator.

  • -T-T
    指定する、bcpユーティリティに接続 SQL ServerSQL Server信頼された接続 (統合セキュリティ) を使用します。Specifies that the bcp utility connect to SQL ServerSQL Server with a trusted connection (integrated security).

  • -U login_id-U login_id
    SQL ServerSQL Server への接続に使用されるログイン ID を指定します。Specifies the login ID used to connect to SQL ServerSQL Server.

  • -v-v
    bcp ユーティリティ バージョン番号と著作権に関する情報を報告します。Reports the bcp utility version number and copyright.

  • -w-w
    Unicode 文字を使用して一括コピー操作を実行します。Uses Unicode characters to perform the bulk copy operation.

このリリースでは、Latin-1 および UTF-16 文字がサポートされています。In this release, Latin-1 and UTF-16 characters are supported.

利用できないオプションUnavailable Options

現在のリリースでは、次の構文とオプションは利用できません。In the current release, the following syntax and options are not available:

  • -c-C
    データ ファイル内のデータのコード ページを指定します。Specifies the code page of the data in the data file.

  • -h hint-h hint
    データをテーブルまたはビューに一括インポートするときに使用するヒントを指定します。Specifies the hint or hints used during a bulk import of data into a table or view.

  • -i input_file-i input_file
    応答ファイルの名前を指定します。Specifies the name of a response file.

  • -n-N
    文字ではないデータにはネイティブな (データベース) データ型を使用し、文字データには Unicode 文字を使用します。Uses the native (database) data types of the data for noncharacter data, and Unicode characters for character data.

  • -o output_file-o output_file
    コマンド プロンプトからリダイレクトされた出力を受け取るファイル名を指定します。Specifies the name of a file that receives output redirected from the command prompt.

  • -V (80 | 90 | 100)-V (80 | 90 | 100)
    以前のバージョンからのデータ型を使用して SQL ServerSQL Serverです。Uses data types from an earlier version of SQL ServerSQL Server.

  • -x-x
    フォーマットおよび -f format_file オプションと共に使用し、既定の XML ではないフォーマット ファイルの代わりに XML ベースのフォーマット ファイルを生成します。Used with the format and -f format_file options, generates an XML-based format file instead of the default non-XML format file.

参照See Also

使用した接続sqlcmdConnecting with sqlcmd