OLE DB Driver for SQL Server をいつ使用するか

適用対象:yesSQL Server Analytics Platform System (PDW) YesYesAzure SQL Database Azure SQL Managed Instance yesyesAzure Synapse Analytics (すべてのサポートされているバージョン)

Downloadドライバー OLE DBダウンロード

OLE DB Driver for SQL Serverは、データベース内のデータにアクセスするために使用できる 1 SQL Serverです。 各種データ アクセス テクノロジの詳細については、「データ アクセス テクノロジのロードマップ」を参照してください。

アプリケーションのデータ アクセス テクノロジとして OLE DB Driver for SQL Server を使用するかどうかを決める場合は、いくつかの要素を検討する必要があります。

新しいアプリケーションでは、Microsoft Visual C# や Visual Basic などのマネージド プログラミング言語を使用している場合に、SQL Server の新機能にアクセスする必要がある場合は、 の一部である SQL Server 用の .NET Framework Data Provider を使用する必要があります。.NET Framework。

COM ベースのアプリケーションを開発している場合に、SQL Server で導入された新機能にアクセスする必要がある場合は、次のOLE DB Driver for SQL Server。 SQL Server の新機能にアクセスする必要がない場合は、引き続き Windows Data Access Components (WDAC) を使用できます。

既存のアプリケーションOLE DB場合、主な問題は、アプリケーションの新機能にアクセスする必要SQL Server。 アプリケーションの新機能を必要としない成熟したアプリケーションがある場合は、SQL Server WDAC を引き続き使用できます。 ただし、xml データ型などの新機能にアクセスする必要がある場合は、OLE DB Driver for SQL Server を使用する必要があります。

行のバージョン管理機能を使用した Read Committed トランザクション分離は OLE DB Driver for SQL Server と MDAC の両方でサポートされていますが、スナップショット トランザクション分離は OLE DB Driver for SQL Server のみでサポートされています。 (プログラミング用語では、"行のバージョン管理機能を使用した Read Committed トランザクション分離" は "Read Committed トランザクション" と同義です)。

OLE DB Driver for SQL Server と MDAC の違いについては、「MDAC から OLE DB Driver for SQL Server へのアプリケーションの更新」を参照してください。

参照

OLE DB Driver for SQL Server
OLE DB の使用法に関するトピック