方法:PHP データ型を指定する

ダウンロードPHP Driver のダウンロード

PDO_SQLSRV ドライバーを使用する場合、PDOStatement::bindColumn と PDOStatement::bindParam を使用してサーバーからデータを取得するときに PHP データ型を指定できます。 詳細については、「 PDOStatement::bindColumn 」および「 PDOStatement::bindParam 」を参照してください。

次の手順では、SQLSRV ドライバーを使用してサーバーからデータを取得するときに PHP データ型を指定する方法をまとめています。

  1. sqlsrv_query または sqlsrv_prepare/sqlsrv_execute の組み合わせで Transact-SQL クエリを設定して実行します。

  2. データの行を sqlsrv_fetchを使用した読み取りに使用できるようにします。

  3. 省略可能な 3 つ目のパラメーターとして指定した目的の PHP データ型の sqlsrv_get_field を使用して、返される行のフィールド データを取得します。 省略可能な 3 つ目のパラメーターが指定されていない場合、既定の PHP 型に従ってデータが返されます。 既定の PHP の戻り値の型については、「 Default PHP Data Types」を参照してください。

    PHP データ型の指定に使用される定数については、「定数 (Microsoft Drivers for PHP for SQL Server)」の PHPTYPE のセクションを参照してください。

次の例では、AdventureWorks データベースの Production.ProductReview テーブルから行を取得します。 返される各行で、 ReviewDate フィールドは文字列として取得され、 Comments フィールドはストリームとして取得されます。 ストリーム データを表示するには、PHP の fpassthru 関数を使用します。

この例では、ローカル コンピューターに SQL Server および AdventureWorks データベースがインストールされていることを前提にしています。 コマンド ラインからこの例を実行すると、すべての出力はコンソールに書き込まれます。

<?php  
/*Connect to the local server using Windows Authentication and specify  
the AdventureWorks database as the database in use. */  
$serverName = "(local)";  
$connectionInfo = array( "Database"=>"AdventureWorks");  
$conn = sqlsrv_connect( $serverName, $connectionInfo);  
if( $conn === false )  
{  
     echo "Could not connect.\n";  
     die( print_r( sqlsrv_errors(), true));  
}  
  
/* Set up the Transact-SQL query. */  
$tsql = "SELECT ReviewerName,   
                ReviewDate,  
                Rating,   
                Comments   
         FROM Production.ProductReview   
         WHERE ProductID = ?   
         ORDER BY ReviewDate DESC";  
  
/* Set the parameter value. */  
$productID = 709;  
$params = array( $productID);  
  
/* Execute the query. */  
$stmt = sqlsrv_query($conn, $tsql, $params);  
if( $stmt === false )  
{  
     echo "Error in statement execution.\n";  
     die( print_r( sqlsrv_errors(), true));  
}  
  
/* Retrieve and display the data. The first and third fields are  
retrieved according to their default types, strings. The second field  
is retrieved as a string with 8-bit character encoding. The fourth  
field is retrieved as a stream with 8-bit character encoding.*/  
while ( sqlsrv_fetch( $stmt))  
{  
   echo "Name: ".sqlsrv_get_field( $stmt, 0 )."\n";  
   echo "Date: ".sqlsrv_get_field( $stmt, 1,   
                       SQLSRV_PHPTYPE_STRING( SQLSRV_ENC_CHAR))."\n";  
   echo "Rating: ".sqlsrv_get_field( $stmt, 2 )."\n";  
   echo "Comments: ";  
   $comments = sqlsrv_get_field( $stmt, 3,   
                            SQLSRV_PHPTYPE_STREAM(SQLSRV_ENC_CHAR));  
   fpassthru( $comments);  
   echo "\n";   
}  
  
/* Free statement and connection resources. */  
sqlsrv_free_stmt( $stmt);  
sqlsrv_close( $conn);  
?>  

この例では、2 つ目のフィールド (ReviewDate) を文字列として取得すると、SQL Server の DATETIME データ型のミリ秒の精度が保持されます。 既定では、SQL Server の DATETIME データ型は PHP DateTime オブジェクトとして取得され、ミリ秒の精度は失われます。

4 つ目のフィールド (Comments) をストリームとして取得するのは、例として示すためです。 既定では、SQL Server データ型 nvarchar(3850) は文字列として取得されるので、ほとんどの場合に使用できます。

注意

クエリを実行する前に、 sqlsrv_field_metadata 関数を使用して、型情報などのフィールド情報を取得することもできます。

参照

データの取得

ドキュメントのコード例について

方法:SQLSRV ドライバーを使用して出力パラメーターを取得する

方法:SQLSRV ドライバーを使用して入力/出力パラメーターを取得する