Always On 可用性グループでの運用上の問題に対するポリシー ベースの管理

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

Always On 可用性グループの正常性モデルは、定義済みポリシー ベースの管理 (PBM) ポリシーのセットを評価します。 これらのポリシーを使用すると、可用性グループとその可用性レプリカおよびデータベースの正常性を SQL Server で表示できます。

用語と定義

AlwaysOn の定義済みのポリシー
一連の組み込みポリシーであり、データベース管理者はこれらのポリシーを使用して、可用性グループとその可用性レプリカおよびデータベースが AlwaysOn ポリシーで定義されている状態に適合しているかどうかをチェックできます。

Always On 可用性グループ
データベース ミラーリングに代わる、高可用性と災害復旧のためのエンタープライズ レベルのソリューション。

可用性グループ
ひとまとまりでフェールオーバーされる個別のユーザー データベースのセット ( 可用性データベース) のコンテナー。

可用性レプリカ
SQL Server の特定のインスタンスによってホストされ、可用性グループに属する各可用性データベースのローカル コピーを保持する可用性グループのインスタンス化。 可用性グループには、2 種類の可用性レプリカ ( プライマリ レプリカ と 1 ~ 4 つの セカンダリ レプリカ) があります。 可用性グループの可用性レプリカをホストするサーバー インスタンスは、同じ Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) クラスター内の別のノードにある必要があります。

可用性データベース
可用性グループに属しているデータベース。 可用性データベースごとに、可用性グループは 1 個の読み取り/書き込み可能なコピー ( プライマリ データベース) と 1 ~ 4 個の読み取り専用コピー (セカンダリ データベース) を管理します。

Always On ダッシュボード
可用性SQL Server Management Studioの正常性を一目で確認できるダッシュボードが表示されます。 詳細については、このトピックの「 AlwaysOn ダッシュボード」を参照してください。

定義済みのポリシーと問題点

次の表は、定義済みのポリシーをまとめたものです。

ポリシー名 問題 Category***** ファセット
WSFC クラスターの状態 WSFC クラスター サービスはオフラインです Critical SQL Server のインスタンス
可用性グループのオンライン状態 可用性グループがオフライン Critical 可用性グループ
可用性グループの自動フェールオーバーの準備 可用性グループの自動フェールオーバーの準備ができていない Critical 可用性グループ
可用性レプリカのデータ同期状態 一部の可用性レプリカでデータが同期されない 警告 可用性グループ
同期レプリカのデータの同期状態 いくつかの同期のレプリカが同期されていません 警告 可用性グループ
可用性レプリカのロールの状態 一部の可用性レプリカに正常なロールがありません 警告 可用性グループ
可用性レプリカの接続状態 いくつかの可用性レプリカが切断されている 警告 可用性グループ
可用性レプリカのロールの状態 可用性レプリカに正常なロールがありません Critical 可用性レプリカ
可用性レプリカの接続状態 可用性レプリカが切断されている Critical 可用性レプリカ
可用性レプリカの参加状態 可用性レプリカが参加していません 警告 可用性レプリカ
可用性レプリカのデータの同期状態 一部の可用性データベースのデータ同期状態が正常ではありません 警告 可用性レプリカ
可用性データベースの中断状態 可用性データベースが中断されています 警告 可用性データベース
可用性データベースの参加状態 セカンダリ データベースが参加していません 警告 可用性データベース
可用性データベースのデータ同期状態 可用性データベースのデータ同期状態が正常ではありません 警告 可用性データベース

重要

* ポリシー Always On場合、カテゴリ名は ID として使用されます。 AlwaysOn カテゴリの名前を変更すると、正常性評価の機能を使用できなくなります。 このため、AlwaysOn カテゴリの名前は変更しないでください。

Always On ダッシュボード

AlwaysOn ダッシュボードには、可用性グループの正常性を一目で確認できるビューが用意されています。 AlwaysOn ダッシュボードには、次の機能が含まれています。

  • 指定された可用性グループ、その可用性レプリカ、およびそのデータベースの詳細情報を簡単に表示できます。

  • 主要な状態が視覚的に表示され、データベース管理者は運用上の意思決定を迅速に行うことができます。

  • トラブルシューティング シナリオの開始ポイントを提供します。

  • 特定の運用上の問題点について、 [ポリシー評価の結果] ダイアログ ボックスに、特定の AlwaysOn 正常性ポリシーの違反に関する情報と、修復のヘルプへのリンクを示します。

  • AlwaysOn 固有の問題の前のイベントを表示する正常性拡張イベント ビューアーを提供します。

  • 可用性グループのフェールオーバーで特定の問題を修復できる場合、リンクの開始ポイントである可用性グループのフェールオーバー ウィザードを提供します。 データベース管理者は、このウィザードを使用して手動フェールオーバー プロセスを実行します。

AlwaysOn 正常性モデルの拡張

Always On 可用性グループの正常性モデルの拡張は、独自のユーザー定義ポリシーを作成し、監視しているオブジェクトの種類に基づいて特定のカテゴリに配置するだけの問題です。 いくつかの設定を変更した後、独自のユーザー定義のポリシーおよび AlwaysOn の定義済みのポリシーが、AlwaysOn ダッシュボードによって自動的に評価されます。

ユーザー定義のポリシーでは、使用可能な任意の PBM ファセットを使用できます。 Always On 定義済みポリシーで使用されるものも含まれます (このトピックの「定義済みのポリシーと懸案事項」 (#Always OnPBM) を参照してください)。 サーバーファセットには、Always On 可用性グループの正常性を監視するための次のプロパティが用意されています: (IsHadrEnabled および HadrManagerStatus)。 サーバーのファセットは、WSFC クラスター構成の監視用に、 ClusterQuorumTypeプロパティおよび ClusterQuorumStateプロパティも提供します。

詳細については、「 AlwaysOn の正常性モデル: パート 2: 正常性モデルの拡張 」を参照してください (SQL Server AlwaysOn チームのブログ)。

関連タスク

関連コンテンツ

参照

Always On 可用性グループ (SQL Server)
Always On 可用性グループの概要 (SQL Server)
可用性グループの管理 (SQL Server)
可用性グループの監視 (SQL Server)