単一データベース用の基本的な Always On 可用性グループBasic Always On availability groups for a single database

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

基本的な AlwaysOn 可用性グループでは、SQL Server 2016 Standard Edition および SQL Server 2017 Standard Edition 用の高可用性ソリューションが提供されます。Always On Basic Availability Groups provide a high availability solution for SQL Server 2016 and SQL Server 2017 Standard Edition. 基本的な可用性グループでは、単一のデータベースのフェールオーバー環境がサポートされます。A basic availability group supports a failover environment for a single database. Enterprise Edition での従来の (拡張) AlwaysOn 可用性グループ (SQL Server) の場合と同じように作成され、管理されます。It is created and managed much like traditional (advanced) Always On Availability Groups (SQL Server) with Enterprise Edition. このドキュメントでは、基本的な可用性グループの違いと制限の概要を示します。The differences and limitations of basic availability groups are summarized in this document.

[機能]Features

基本的な AlwaysOn 可用性グループは、非推奨のデータベース ミラーリング機能に代わるものであり、同じようなレベルの機能サポートを提供します。Always On Basic Availability Groups replaces the deprecated Database Mirroring feature and provides a similar level of feature support. 基本的な可用性グループを使用することで、プライマリ データベースは単一のレプリカを管理できます。Basic availability groups enable a primary database to maintain a single replica. このレプリカでは同期コミット モードまたは非同期コミット モードを使用できます。This replica can use either synchronous-commit mode or asynchronous-commit mode. 可用性モードの詳細については、「可用性モード (AlwaysOn 可用性グループ)」をご覧ください。For more information about availability modes, see Availability Modes (Always On Availability Groups). セカンダリ レプリカは、フェールオーバーが必要にならない限り、非アクティブのままです。The secondary replica remains inactive unless there is a need to failover. このフェールオーバーでプライマリとセカンダリのロール割り当てが逆になり、セカンダリ レプリカがプライマリ アクティブ データベースになります。This failover reverses the primary and secondary role assignments, causing the secondary replica to become the primary active database. フェールオーバーの詳細については、「フェールオーバーとフェールオーバー モード (AlwaysOn 可用性グループ)」をご覧ください。For more information on failover, see Failover and Failover Modes (Always On Availability Groups). 基本的な可用性グループは、オンプレミスの環境と Microsoft Azure にまたがるハイブリッド環境で使用できます。Basic availability groups can operate in a hybrid environment that spans on-premises and Microsoft Azure.

制限事項Limitations

基本的な可用性グループでは、SQL Server 2016 Enterprise Edition の拡張可用性グループとは異なり、機能の一部のみを使用します。Basic availability groups use a subset of features compared to advanced availability groups on SQL Server 2016 Enterprise Edition. 基本的な可用性グループには以下の制限があります。Basic availability groups include the following limitations:

  • 使用できるレプリカは 2 つ (プライマリとセカンダリ) までです。Limit of two replicas (primary and secondary). SQL Server 2017 on Linux の基本的な可用性グループでは、追加の構成専用レプリカがサポートされます。Basic availabililty groups for SQL Server 2017 on Linux support an additional configuration only replica.

  • セカンダリ レプリカに対する読み取りアクセス権はありません。No read access on secondary replica.

  • セカンダリ レプリカではバックアップできません。No backups on secondary replica.

  • セカンダリ レプリカに対する整合性チェックはありません。No integrity checks on secondary replicas.

  • SQL Server 2016 Community Technology Preview 3 (CTP3) より前のバージョンの SQL Server を実行するサーバーでホストされるレプリカはサポートされません。No support for replicas hosted on servers running a version of SQL Server prior to SQL Server 2016 Community Technology Preview 3 (CTP3).

  • 可用性データベースは 1 つしかサポートされません。Support for one availability database.

  • 基本的な可用性グループを拡張可用性グループにアップグレードすることはできません。Basic availability groups cannot be upgraded to advanced availability groups. グループを削除し、SQL Server 2016 Enterprise Edition のみを実行するサーバーを含むグループに再度追加する必要があります。The group must be dropped and re-added to a group that contains servers running only SQL Server 2016 Enterprise Edition.

  • 基本的な可用性グループがサポートされるのは Standard Edition サーバーの場合のみです。Basic availability groups are only supported for Standard Edition servers.

  • 基本的な可用性グループを分散型可用性グループの一部にすることはできません。Basic availability groups can not be part of a distributed availability group.

構成Configuration

基本的な AlwaysOn 可用性グループは、2 つの SQL Server 2016 Standard Edition サーバーで作成できます。An Always On basic availability group can be created on any two SQL Server 2016 Standard Edition servers. 基本的な可用性グループを作成する場合、作成時に両方のレプリカを指定する必要があります。When you create a basic availability group, you must specify both replicas during creation.

基本的な可用性グループを作成するには、CREATE AVAILABILITY GROUP という Transact-SQL コマンドを使用して、WITH BASIC (既定値は ADVANCED) オプションを指定します。To create a basic availability group, use the CREATE AVAILABILITY GROUP transact-SQL command and specify the WITH BASIC option (the default is ADVANCED). 基本的な可用性グループは、バージョン 17.8 以降の SQL Server Management Studio の UI を使用して作成することもできます。You can also create the basic availability group using the UI in SQL Server Management Studio starting with version 17.8. 詳細については、「CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL).

注意

基本的な可用性グループの制限は、 WITH BASIC を指定した CREATE AVAILABILITY GROUP に適用されます。The limitations of basic availability groups apply to the CREATE AVAILABILITY GROUP command when WITH BASIC is specified. たとえば、読み取りアクセスを許可する基本的な可用性グループを作成しようとすると、エラーが発生します。For example, you will get an error if you attempt to create a basic availability group that permits read access. 他の制限も同様に適用されます。Other limitations apply in the same manner. 詳細については、このトピックの「制限事項」を参照してください。Refer to the Limitations section of this topic for details.

参照See Also

AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server)Overview of Always On Availability Groups (SQL Server)