Always On 可用性グループの DTC サービスをクラスター化する方法

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) - Windows のみ

このトピックでは、Always On 可用性グループ 用に Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (DTC) サービスをクラスター化するための要件と手順について説明します。 分散トランザクションと Always On 可用性グループの詳細については、「 Always On 可用性グループとデータベース ミラーリングでの複数データベースにまたがるトランザクションと分散トランザクション (SQL Server)」をご覧ください。

チェックリスト: 準備要件

タスク リファレンス
すべてのノード、サービス、可用性グループが正しく構成されていることを確認します。 Always On 可用性グループの前提条件、制限事項、推奨事項 (SQL Server)
可用性グループの DTC 要件が満たされていることを確認します。 Always On 可用性グループとデータベース ミラーリングでの複数データベースにまたがるトランザクションと分散トランザクション (SQL Server)

チェックリスト:クラスター化された DTC リソースの依存関係

タスク リファレンス
共有記憶域ドライブ。 Configuring the Shared-Storage Drive(共有記憶域ドライブの構成)。 ドライブ文字に M を使用することを検討します。
固有の DTC ネットワーク名リソース。 名前は、Active Directory にクラスター コンピューター オブジェクトとして登録されます。

次のいずれかが満たされていることを確認します。

• DTC ネットワーク名リソースを作成するユーザーに、DTC ネットワーク名リソースが保存される OU またはコンテナーに対するコンピューター オブジェクト作成アクセス許可があること。

• ユーザーにコンピューター オブジェクトの作成アクセス許可がない場合は、DTC ネットワーク名リソース用のクラスター コンピューター オブジェクトの用意をドメイン管理者に依頼します。
Active Directory ドメイン サービスでクラスター コンピューター オブジェクトをプレステージする
使用可能な有効な静的 IP アドレスとその IP アドレスの適切なサブネット マスク。

DTC リソースをクラスター化する

可用性グループ リソースを作成したら、クラスター化された DTC リソースを作成し、可用性グループに追加します。 サンプル スクリプトは「Create Clustered DTC for an Always On Availability Group」(AlwaysOn 可用性グループのクラスター化された DTC を作成する) で確認できます。

チェックリスト:クラスター化 DTC リソースの事後構成

タスク リファレンス
クラスター化された DTC リソースへの安全なネットワーク アクセスを有効にします。 MS DTC への安全なネットワーク アクセスを有効にする
ローカル DTC サービスを停止して無効にします。 サービスの開始方法を構成する
可用性グループの各インスタンスの SQL Server サービスを停止して再開します。 必要に応じて可用性グループをフェールオーバーします。 可用性グループの計画的な手動フェールオーバーの実行 (SQL Server)

データベース エンジン、SQL Server エージェント、SQL Server Browser サービスの開始、停止、一時停止、再開、および再起動

リソース

可用性グループでの DTC のテストに関する詳細については、次を参照してください。

AlwaysOn 可用性グループ システム ビューの監視

可用性グループの作成の手順

可用性グループでの SQL Server 2016 DTC のサポート

外部リンク: Windows Server 2008 R2 で SQL Server のクラスター化されたインスタンスの DTC を構成する