AlwaysOn 可用性グループを含むデータベース スナップショット (SQL Server)Database Snapshots with Always On Availability Groups (SQL Server)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

データベース スナップショットは、可用性グループ内のプライマリ データベースまたはセカンダリ データベースに作成できます。You can create a database snapshot on an primary or secondary database in an availability group. レプリカのロールは "プライマリ" または "セカンダリ" とし、"解決中" 状態でないことが必要です。The replica role must be either PRIMARY or SECONDARY, not in the RESOLVING state.

データベース スナップショットの作成は、データベースの同期状態が "同期中" または "同期済み" であるときに実行することをお勧めします。We recommend that the database synchronization state be SYNCHRONIZING or SYNCHRONIZED when you create a database snapshot. ただし、データベースの同期状態が "同期されていません" であっても、データベース スナップショットを作成することはできます。However, database snapshots can be created when the database synchronization state is NOT SYNCHRONIZING.

セカンダリ レプリカがプライマリ レプリカから切断された (DISCONNECTED 状態) 場合、セカンダリ レプリカ上のデータベース スナップショットは引き続き実行できます。A database snapshot on a secondary replica should continue to work if the replica is DISCONNECTED from the primary replica.

Always On 可用性グループAlways On availability groups の一部の条件が原因で、ソース データベースとそのデータベース スナップショットが再起動され、一時的にユーザーの接続が切断されます。Some Always On 可用性グループAlways On availability groups conditions cause both the source database and its database snapshots to be restarted, temporarily disconnecting users. このような条件は次のとおりです。These conditions are as follows:

  • 同じサーバー インスタンスで現在のプライマリ レプリカがオフラインになり、オンラインに戻ったため、または可用性グループのフェールオーバーが発生したため、プライマリ レプリカでロールが変更される場合The primary replica changes roles, whether because the current primary replica goes off line and comes back online on the same server instance or because the availability group fails over.

  • データベースがセカンダリ ロールに移行する場合The database enters the secondary role.

データベース スナップショットをホストする可用性レプリカがフェールオーバーされると、データベース スナップショットは、そのデータベース スナップショットが作成されたサーバー インスタンス上に残ります。If the availability replica that hosts database snapshots is failed over, the database snapshots remain on the server instance where they were created. ユーザーは、フェールオーバーの発生後、このスナップショットを引き続き使用できます。パフォーマンスを重視する環境の場合は、手動フェールオーバー モード用に構成するセカンダリ レプリカによってホストされるセカンダリ データベース上にのみデータベース スナップショットを作成することをお勧めします。Users can continue to use the snapshots after the failover.If performance is a concern in your environment, we recommend that you create database snapshots only on secondary databases that are hosted by a secondary replica that is configured for manual failover mode. このセカンダリ レプリカに可用性グループを手動でフェールオーバーすると、データベース スナップショットの新しいセットを別のセカンダリ レプリカ上に作成し、クライアントを新しいデータベース スナップショットに再出力して、プライマリ データベースからすべてのデータベース スナップショットを削除できます。If you ever manually fail over the availability group to this secondary replica, you can create a new set of database snapshots on another secondary replica, redirect clients to the new database snapshots, and drop all of the database snapshots from the now primary databases.

参照See Also

AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server) Overview of Always On Availability Groups (SQL Server)
データベース スナップショット (SQL Server)Database Snapshots (SQL Server)