Reporting Services と Always On 可用性グループ (SQL Server)Reporting Services with Always On Availability Groups (SQL Server)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 Reporting ServicesReporting ServicesAlways On 可用性グループAlways On availability groups (AG) と SQL Server 2017SQL Server 2017を組み合わせて利用する方法について説明します。This topic contains information about configuring Reporting ServicesReporting Services to work with Always On 可用性グループAlways On availability groups (AG) in SQL Server 2017SQL Server 2017. Reporting ServicesReporting ServicesAlways On 可用性グループAlways On availability groups を使用するデータベースのシナリオとしては、レポート データ ソース、レポート サーバー データベース、レポート デザインの 3 つが考えられます。The three scenarios for using Reporting ServicesReporting Services and Always On 可用性グループAlways On availability groups are databases for report data sources, report server databases, and report design. 3 つのシナリオでは、それぞれサポートされる機能と必要な構成が異なります。The supported functionality and required configuration is different for the three scenarios.

Always On 可用性グループAlways On availability groups データ ソースで Reporting ServicesReporting Services を使用する大きな利点は、プライマリ データベースのフェールオーバー機能としての読み取り可能なセカンダリ レプリカをレポート データ ソースとしても利用できることです。A key benefit of using Always On 可用性グループAlways On availability groups with Reporting ServicesReporting Services data sources is to leverage readable secondary replicas as a reporting data source while, at the same time the secondary replicas are providing a failover for a primary database.

Always On 可用性グループAlways On availability groups に関する一般的な情報については、SQL Server 2012 の Always On に関する FAQ (https://msdn.microsoft.com/sqlserver/gg508768) を参照してください。For general information on Always On 可用性グループAlways On availability groups, see Always On FAQ for SQL Server 2012 (https://msdn.microsoft.com/sqlserver/gg508768).

このトピックの内容In This Topic:

Reporting Services と Always On 可用性グループを使用するための要件Requirements for using Reporting Services and Always On Availability Groups

SQL Server 2017SQL Server 2017 Reporting ServicesReporting Services と Power BI Report Server では、.Net Framework 4.0 を使用して、データ ソースでの Always On 可用性グループAlways On availability groups 接続文字列プロパティの使用をサポートしています。and Power BI Report Server uses the .Net framework 4.0 and supports Always On 可用性グループAlways On availability groups connection string properties for use with data sources.

Always On 可用性グループAlways On availability groups 2014 で Reporting ServicesReporting Services を使用するためには、.Net 3.5 SP1 の修正プログラムをダウンロードしてインストールする必要があります。To use Always On 可用性グループAlways On availability groups with Reporting ServicesReporting Services 2014, and earlier, you need to download and install a hotfix for .Net 3.5 SP1. この修正プログラムを適用すると、AG 機能を使う SQL クライアントが新たにサポートされ、さらに、接続文字列プロパティとして ApplicationIntent および MultiSubnetFailoverがサポートされます。The hotfix adds support to SQL Client for AG features and support of the connection string properties ApplicationIntent and MultiSubnetFailover. レポート サーバーをホストする各コンピューターにこの修正プログラムがインストールされていない場合、ユーザーがレポートをプレビューしようとすると、以下のようなエラー メッセージが表示され、レポート サーバーのトレース ログに記録されます。If the Hotfix is not installed on each computer that hosts a report server, then users attempting to preview reports will see an error message similar to the following, and the error message will be written to the report server trace log:

エラー メッセージ:"キーワードはサポートされていません:'applicationintent'"Error message: "Keyword not supported 'applicationintent'"

このメッセージは、 Always On 可用性グループAlways On availability groups の接続文字列に Reporting ServicesReporting Services のプロパティが含まれているとき、そのプロパティをサーバー側が認識できなかった場合に生成されます。The message occurs when you include one of the Always On 可用性グループAlways On availability groups properties in the Reporting ServicesReporting Services connection string, but the server does not recognize the property. レポート サーバー側でリモート エラーが有効にされている場合、Reporting ServicesReporting Services のユーザー インターフェイスで [接続テスト] ボタンをクリックしたときや、レポートをプレビューしたときにこのエラー メッセージが表示されます。The noted error message will be seen when you click the 'Test Connection' button in Reporting ServicesReporting Services user interfaces and when you preview the report if remote errors are enabled on the report servers.

必要な修正プログラムの詳細については、「KB 2654347 - .NET Framework 3.5 SP1 に SQL Server 2012 の Always On 機能のサポートを導入する修正プログラム」を参照してください。For more information on the required hotfix, see KB 2654347A hotfix introduces support for the Always On features from SQL Server 2012 to the .NET Framework 3.5 SP1.

Always On 可用性グループAlways On availability groups のその他の要件については、「Always On 可用性グループの前提条件、制限事項、および推奨事項 (SQL Server)」を参照してください。For information on other Always On 可用性グループAlways On availability groups requirements, see Prerequisites, Restrictions, and Recommendations for Always On Availability Groups (SQL Server).

注意

Reporting ServicesReporting Services の機能がサポートする範囲に、 の構成ファイル ( RSreportserver.config Always On 可用性グループAlways On availability groups など) は含まれません。configuration files such as RSreportserver.config are not supported as part of Always On 可用性グループAlways On availability groups functionality. いずれかのレポート サーバーの構成ファイルに手動で変更を加えた場合は、そのレプリカを手動で更新する必要があります。If you manually make changes to a configuration file on one of the report servers, you will need to manually update the replicas.

レポート データ ソースと可用性グループReport Data Sources and Availability Groups

Reporting ServicesReporting Services を使用した Always On 可用性グループAlways On availability groups データ ソースの動作は、AG 環境の構成内容によって異なります。The behavior of Reporting ServicesReporting Services data sources based on Always On 可用性グループAlways On availability groups can vary depending on how your administrator has configured the AG environment.

レポート データ ソースに Always On 可用性グループAlways On availability groups を利用するには、可用性グループ " リスナーの DNS 名" を使用するようにレポート データ ソースの接続文字列を構成する必要があります。To utilize Always On 可用性グループAlways On availability groups for report data sources you need to configure the report data source connection string is to use the availability group Listener DNS name. サポートされているデータ ソースは次のとおりです。Supported data sources are the following:

  • SQL Native Client を使用した ODBC データ ソース。ODBC data source using SQL Native Client.

  • SQL クライアント (レポート サーバーには .Net の修正プログラムを適用)。SQL Client, with the .Net hotfix applied to the report server.

接続文字列には、セカンダリ レプリカを使って読み取り専用レポートを生成するようにレポート クエリ要求を構成する、Always On の新しい接続プロパティを含めることもできます。The connection string can also contain new Always On connection properties that configure the report query requests to use secondary replica for read-only reporting. レポート要求にセカンダリ レプリカを使うことによって、読み取り/書き込み可能なプライマリ レプリカへの負荷を軽減することができます。Use of secondary replica for reporting requests will reduce the load on a read-write primary replica. 次の図は、3 つのレプリカから成る AG 構成の例です。 Reporting ServicesReporting Services データ ソースの接続文字列は ApplicationIntent=ReadOnly で構成されています。The following illustration is an example of a three replica AG configuration where the Reporting ServicesReporting Services data source connection strings have been configured with ApplicationIntent=ReadOnly. この例のレポート クエリ要求はセカンダリ レプリカに送信され、プライマリ レプリカには送信されません。In this example the report query requests are sent to a secondary replica and not the primary replica.

次に接続文字列の例を示します。[AvailabilityGroupListenerName] は、レプリカの作成時に構成された "リスナーの DNS 名" です。The following is an example connection string, where the [AvailabilityGroupListenerName] is the Listener DNS Name that was configured when replicas were created:

Data Source=[AvailabilityGroupListenerName];Initial Catalog = AdventureWorks2016; ApplicationIntent=ReadOnly

のユーザー インターフェイスにある [接続テスト] Reporting ServicesReporting Services ボタンでは、接続が確立可能であるかどうかは検証されますが、AG の構成は検証されません。The Test Connection button in Reporting ServicesReporting Services user interfaces will validate if a connection can be established but it will not validate AG configuration. たとえば、AG に属していないサーバーへの接続文字列に ApplicationIntent を含めても、このパラメーターは無視されます。 [接続テスト] ボタンによって検証されるのは、指定されたサーバーへの接続が確立可能であるかどうか、という点のみです。For example if you include ApplicationIntent in a connection string to a server that is not part of AG, the extra parameter is ignored and the Test Connection button will only validate a connection can be established to the specified server.

接続文字列の編集方法は、レポートの作成方法とパブリッシュ方法によって異なります。Depending on how your reports are created and published will determine where you edit the connection string:

  • ネイティブ モード: 既にネイティブ モードのレポート サーバーにパブリッシュされたレポートと共有データ ソースには、Web ポータルweb portal を使用します。Native mode: Use the Web ポータルweb portal for shared data sources and reports that are already published to a native mode report server.

  • SharePoint モード: 既に SharePoint サーバーにパブリッシュされたレポートには、ドキュメント ライブラリ内の SharePoint 構成ページを使用します。SharePoint Mode: Use SharePoint configuration pages within the document libraries for reports that are already published to a SharePoint server.

  • レポート デザイン: レポート ビルダーReport Builder または SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) when you are creating new repまたはts.Report Design: レポート ビルダーReport Builder or SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) when you are creating new reports. 詳細については、このトピックのレポート デザインに関するセクションを参照してください。See the 'Report Design' section in this topic or more information.

その他のリソース:Additional Resources:

注意点 : 通常、セカンダリ レプリカがプライマリ レプリカからデータの変更を受け取るまでには時間差が生じます。Considerations: Secondary replicas will typically experience a delay in receiving data changes from the primary replica. プライマリ レプリカとセカンダリ レプリカ間に生じる更新の時間差は、次の要因によって変動します。The following factors can affect the update latency between the primary and secondary replicas:

  • セカンダリ レプリカの数。The number of secondary replicas. セカンダリ レプリカが 1 つ構成に追加されるごとに時間差は大きくなります。The delay increases with each secondary replica added to the configuration.

  • プライマリ レプリカとセカンダリ レプリカの地理的な位置と両者の距離。Geographic location and distance between the primary and secondary replicas. たとえば、セカンダリ レプリカとプライマリ レプリカが同じ建物内に存在した場合と比べ、異なるデータ センターに存在している方が通常は時間差が大きくなります。For example the delay is typically larger if the secondary replicas are in a different data center than if they were in the same building as the primary replica.

  • 各レプリカの可用性モードの構成。Configuration of the availability mode for each replica. プライマリ レプリカは、セカンダリ レプリカがディスクにトランザクションを書き込むまで、データベースに対するトランザクションをコミットせずに待機する場合があります。待機するかどうかを決めるのが可用性モードです。The availability mode determines whether the primary replica waits to commit transactions on a database until a secondary replica has written the transaction to disk. 詳細については、「AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server)」の「可用性モード」を参照してください。For more information, see the 'Availability Modes' section of Overview of Always On Availability Groups (SQL Server).

読み取り専用のセカンダリ レプリカを Reporting ServicesReporting Services のデータ ソースとして使用する場合は、データ更新の時間差が、レポート ユーザーの想定を越えることのないように注意してください。When using a read-only secondary as a Reporting ServicesReporting Services data source, it is important to ensure that data update latency meets the needs of the report users.

レポート デザインと可用性グループReport Design and Availability Groups

レポート ビルダーReport Builder または SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT)のレポート プロジェクトでレポートをデザインする際、ユーザーは、レポート データ ソースの接続文字列に、 Always On 可用性グループAlways On availability groupsの新しい接続プロパティを含めることができます。When designing reports in レポート ビルダーReport Builder or a report project in SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT), a user can configure a report data source connection string to contain new connection properties provided by Always On 可用性グループAlways On availability groups. 新しい接続プロパティのサポート状況は、ユーザーがどこでレポートをプレビューするかによって異なります。Support for the new connection properties depends on where a user previews the report.

  • ローカル プレビュー: レポート ビルダーReport BuilderSQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) use the .Net framework 4.0 と support Always On 可用性グループAlways On availability groups の接続文字列プロパティがサポートされます。Local preview: レポート ビルダーReport Builder and SQL Server Data Tools (SSDT)SQL Server Data Tools (SSDT) use the .Net framework 4.0 and support Always On 可用性グループAlways On availability groups connection string properties.

  • リモートまたはサーバー モード プレビュー: レポート サーバーにレポートをパブリッシュするか レポート ビルダーReport Builder でレポートをプレビューしたときに、次のようなエラーが表示された場合、プレビュー対象となるレポートのレポート サーバーに Always On 可用性グループAlways On availability groups 用の .Net Framework 3.5 SP1 修正プログラムがインストールされていません。Remote or server mode preview: If after publishing reports to the report server or using preview in レポート ビルダーReport Builder, you see an error similar to the following, it is an indication you are previewing reports against the report server and the .Net Framework 3.5 SP1 Hotfix for Always On 可用性グループAlways On availability groups has not been installed on the report server.

エラー メッセージ:"キーワードはサポートされていません:'applicationintent'"Error message: "Keyword not supported 'applicationintent'"

レポート サーバー データベースと可用性グループReport Server Databases and Availability Groups

Reporting Services と Power BI Report Server は、レポート サーバー データベースへの Always On 可用性グループAlways On availability groups の使用をサポートしていますが、これには制限があります。Reporting Services and Power BI Report Server offers limited support for using Always On 可用性グループAlways On availability groups with report server databases. レポート サーバー データベースをレプリカの一部として AG 内に構成することはできますが、フェールオーバーが発生しても、 Reporting ServicesReporting Services は、レポート サーバー データベースに対して別のレプリカを自動的には使用しません。The report server databases can be configured in AG to be part of a replica; however Reporting ServicesReporting Services will not automatically use a different replica for the report server databases when a failover occurs. MultiSubnetFailover とレポート サーバー データベースの使用はサポートされていません。The use of MultiSubnetFailover, with the report server databases, is not supported.

フェールオーバーと復旧を完了させるには、手動でのアクションまたはカスタム オートメーション スクリプトが必要です。Manual actions or custom automation scripts need to be used to complete the failover and recovery. Always On 可用性グループAlways On availability groups のフェールオーバー後は、これらのアクションが完了するまで、レポート サーバーの機能が正常に動作しない可能性があります。Until these actions are completed, some features of the report server may not work correctly after the Always On 可用性グループAlways On availability groups failover.

注意

レポート サーバー データベースに対するフェールオーバーと災害復旧を検討している場合は、レポート サーバーの暗号化キーのコピーを必ずバックアップするようにお勧めします。When planning failover and disaster recovery for the report server databases, it is advised you always backup a copy of the report server encryption key.

SharePoint モードとネイティブ モード間の違いDifferences between SharePoint Native Mode

このセクションでは、 Always On 可用性グループAlways On availability groupsとの連携の観点から、SharePoint モードのレポート サーバーとネイティブ モードのレポート サーバーの違いについて説明します。This section summarizes the differences between how SharePoint mode and Native mode report servers interact with Always On 可用性グループAlways On availability groups.

SharePoint レポート サーバーでは、作成した サービス アプリケーションごとに 3 Reporting ServicesReporting Services つのデータベースが作成されます。A SharePoint report server creates 3 databases for each Reporting ServicesReporting Services service application you create. SharePoint モードのレポート サーバー データベースへの接続は、サービス アプリケーションを作成するときに、SharePoint サーバーの全体管理で構成します。The connection to the report server databases in SharePoint mode is configured in SharePoint Central Administration when you create the service application. データベースの既定の名前には、サービス アプリケーションに関連付けられた GUID が含まれます。The default names of the databases include a GUID that is associated with the service application. SharePoint モードのレポート サーバーのデータベース名の例を次に示します。The following are example database names, for a SharePoint mode report server:

  • ReportingService_85c08ac3c8e64d3cb400ad06ed5da5d6ReportingService_85c08ac3c8e64d3cb400ad06ed5da5d6

  • ReportingService_85c08ac3c8e64d3cb400ad06ed5da5d6TempDBReportingService_85c08ac3c8e64d3cb400ad06ed5da5d6TempDB

  • ReportingService_85c08ac3c8e64d3cb400ad06ed5da5d6_AlertingReportingService_85c08ac3c8e64d3cb400ad06ed5da5d6_Alerting

ネイティブ モードのレポート サーバーでは、 2 つのデータベースを使用します。Native mode report servers use 2 databases. ネイティブ モードのレポート サーバーのデータベース名の例を次に示します。The following are example database names, for a native mode report server:

  • ReportServerReportServer

  • ReportServerTempDBReportServerTempDB

Alerting データベースとそれに関連する機能は、ネイティブ モードではサポートされず、使用されません。Native mode does not support or use the Alerting databases and related features. ネイティブ モードのレポート サーバーの構成は、 Reporting ServicesReporting Services 構成マネージャーで行います。You configure native mode report servers in the Reporting ServicesReporting Services Configuration Manager. SharePoint モードの場合、サービス アプリケーション データベースが、SharePoint 構成の過程で作成した "クライアント アクセス ポイント" の名前になるように構成します。For SharePoint mode, you configure the service application database name to be the name of the "client access point" you created as part of the SharePoint configuration. Always On 可用性グループAlways On availability groupsを使用して SharePoint を構成する方法については、「Configure and manage SQL Server availability groups for SharePoint Server」(SharePoint Server の SQL Server 可用性グループの構成と管理) (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=245165) を参照してください。For more information on configuring SharePoint with Always On 可用性グループAlways On availability groups, see Configure and manage SQL Server availability groups for SharePoint Server (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=245165).

注意

SharePoint モードのレポート サーバーでは、 Reporting ServicesReporting Services サービス アプリケーション データベースと SharePoint コンテンツ データベースの同期処理が行われます。SharePoint mode report servers use a synchronization process between the Reporting ServicesReporting Services service application databases and the SharePoint content databases. レポート サーバー データベースとコンテンツ データベースは一体で管理することが大切です。It is important to maintain the report server databases and content databases together. 1 つのまとまりとしてフェールオーバーと復元を行うことができるよう、同じ可用性グループで構成することを検討してください。You should consider configuring them in the same availability groups so they failover and recover as a set. 以下のシナリオについて考えてみます。Consider the following scenario:

  • コンテンツ データベースを復元またはフェールオーバーします。差し替わるコンテンツ データベースのコピーには、レポート サーバー データベースに対する直近の変更が反映されていません。You restore or failover to a copy of the content database that has not received the same recent updates that the report server database has received.
  • Reporting ServicesReporting Services の同期処理で、コンテンツ データベースとレポート サーバー データベース内の一連の項目について両者の相違点が検出されます。The Reporting ServicesReporting Services synchronization process will detect differences between the list of items in the content database and the report server databases.
  • 同期処理では、コンテンツ データベース内の項目が削除または更新されます。The synchronization process will delete or update items in the content database.

可用性グループに使用するレポート サーバー データベースの準備Prepare Report Server Databases for Availability Groups

以下に示したのは、レポート サーバー データベースを準備して Always On 可用性グループAlways On availability groupsに追加する基本的な手順です。The following are the basic steps of preparing and adding the report server databases to an Always On 可用性グループAlways On availability groups:

  • 可用性グループを作成し、 リスナーの DNS 名を構成します。Create your Availability Group and configure a Listener DNS name.

  • プライマリ レプリカ: レポート サーバー データベースが 1 つの可用性グループの一部になるように構成し、すべてのレポート サーバー データベースを含んだプライマリ レプリカを作成します。Primary Replica: Configure the report server databases to be part of a single availability group and create a primary replica that includes all of the report server databases.

  • セカンダリ レプリカ: 1 つまたは複数のセカンダリ レプリカを作成します。Secondary Replicas: Create one or more secondary replicas. プライマリ レプリカからセカンダリ レプリカへとデータベースをコピーする際は、'RESTORE WITH NORECOVERY' を使って、セカンダリ レプリカごとにデータベースを復元するのが一般的です。The common approach to copying the databases from the primary replica to the secondary replica(s) is to restore the databases to each secondary replica using 'RESTORE WITH NORECOVERY'. セカンダリ レプリカの作成およびデータの同期動作の検証の詳細については、「Always On セカンダリ データベース上のデータ移動の開始 (SQL Server)」を参照してください。For more information on creating secondary replicas and verifying data synchronization is working, see Start Data Movement on an Always On Secondary Database (SQL Server).

  • レポート サーバーの資格情報: プライマリに対して作成したセカンダリ レプリカ上に、レポート サーバーの適切な資格情報を作成する必要があります。Report Server Credentials: You need to create the appropriate report server credentials on the secondary replicas that you created on the primary. 実際の手順は、Reporting ServicesReporting Services 環境で使用する認証の種類 (Window Reporting ServicesReporting Services サービス アカウント、Windows ユーザー アカウント、SQL Server 認証) によって異なります。The exact steps depend on what type of authentication you are using in your Reporting ServicesReporting Services environment; Window Reporting ServicesReporting Services service account, Windows user account, or SQL Server authentication. 詳細については、「レポート サーバー データベース接続の構成 (SSRS 構成マネージャー)」を参照してください。For more information, see Configure a Report Server Database Connection (SSRS Configuration Manager)

  • リスナーの DNS 名を使用するようにデータベース接続を更新します。Update the database connection to use the Listener DNS Name. ネイティブ モードのレポート サーバーの場合、 構成マネージャーで [レポート サーバー データベース名] Reporting ServicesReporting Services を変更します。for natve mode report servers, change the Report Server Database Name in Reporting ServicesReporting Services configuration manager. SharePoint モードの場合、 サービス アプリケーションの データベース サーバー名 Reporting ServicesReporting Services を変更します。For SharePoint mode, change the Database server name for the Reporting ServicesReporting Services service application(s).

レポート サーバー データベースのディザスター リカバリーの手順Steps to complete disaster recovery of Report Server Databases

次の手順は、セカンダリ レプリカへの Always On 可用性グループAlways On availability groups フェールオーバー後に実施する必要があります。The following steps need to be completed after a Always On 可用性グループAlways On availability groups failover to a secondary replica:

  1. Reporting ServicesReporting Services のデータベースをホストするプライマリ データベース エンジンによって使用されている SQL エージェント サービスのインスタンスを停止します。Stop the instance of the SQL Agent service that was being used by the primary database engine hosting the Reporting ServicesReporting Services databases.

  2. 新しいプライマリ レプリカとなるコンピューター上の SQL エージェント サービスを開始します。Start SQL Agent service on the computer that is the new primary replica.

  3. レポート サーバー サービスを停止します。Stop the Report Server service.

    レポート サーバーがネイティブ モードの場合、 Reporting ServicesReporting Services 構成マネージャーを使用して、レポート サーバーの Windows サーバーを停止します。If the report server is in native mode, stop the report server Windows server using Reporting ServicesReporting Services configuration manager.

    レポート サーバーが SharePoint モードで構成されている場合、SharePoint サーバーの全体管理で Reporting ServicesReporting Services 共有サービスを停止します。If the report server is configured for SharePoint mode, stop the Reporting ServicesReporting Services shared service in SharePoint Central Administration.

  4. レポート サーバー サービスまたは Reporting ServicesReporting Services SharePoint サービスを開始します。Start the report server service or Reporting ServicesReporting Services SharePoint service.

  5. 新しいプライマリ レプリカに対してレポートを実行できることを確認します。Verify that reports can run against the new primary replica.

フェールオーバー時のレポート サーバーの動作Report Server Behavior When a Failover Occurs

レポート サーバー データベースのフェールオーバーが発生した後は、新しいプライマリ レプリカを使用するようにレポート サーバー環境を更新することになりますが、このとき、フェールオーバーと復旧処理に起因する運用上の問題がいくつか生じます。When report server databases failover and you have updated the report server environment to use the new primary replica, there are some operational issues that result from the failover and recovery process. この問題の影響は、フェールオーバー時の Reporting ServicesReporting Services の負荷に加え、 Always On 可用性グループAlways On availability groups がセカンダリ レプリカへのフェールオーバーに要した時間、さらには、レポート サーバー管理者が新しいプライマリ レプリカを使うようにレポート環境を更新するのにかかった時間によって変動します。The impact of these issues will vary depending on the Reporting ServicesReporting Services load at the time of failover as well as the length of time it takes for Always On 可用性グループAlways On availability groups to failover to a secondary replica and for the report server administrator to update the reporting environment to use the new primary replica.

  • バックグラウンド処理が繰り返し実行される場合があります。これは、再試行ロジックが作動しても、フェールオーバー中は、スケジューリングされている作業をレポート サーバーが完了済みとしてマークできないためです。The execution of background processing may occur more than once due to retry logic and the inability of the report server to mark scheduled work as completed during the failover period.

  • SQL Server エージェントがレポート サーバー データベースにデータを書き込むことができず、そのデータが新しいプライマリ レプリカと同期されないために、通常ならフェールオーバー中にトリガーされるバックグラウンド処理が実行されません。The execution of background processing that would have normally been triggered to run during the period of the failover will not occur because SQL Server Agent will not be able to write data into the report server database and this data will not be synchronized to the new primary replica.

  • データベースのフェールオーバーが完了し、レポート サーバー サービスが再開されると、その後、SQL Server エージェント ジョブが自動的に再作成されます。After the database failover completes and after the report server service is re-started, SQL Server Agent jobs will be re-created automatically. SQL エージェント ジョブが再作成されるまで、SQL Server エージェント ジョブに関連するバックグラウンド処理は一切実行されません。Until the SQL agent jobs are recreated, any background executions associated with SQL Server Agent jobs will not be processed. これには、 Reporting ServicesReporting Services サブスクリプション、スケジュール、スナップショットなどが該当します。This includes Reporting ServicesReporting Services subscriptions, schedules, an snapshots.

参照See Also

SQL Server Native Client の HADR サポートSQL Server Native Client Support for High Availability, Disaster Recovery
Always On 可用性グループ (SQL Server)Always On Availability Groups (SQL Server)
Always On 可用性グループの概要 (SQL Server)Getting Started with Always On Availability Groups (SQL Server)
SQL Server Native Client での接続文字列キーワードの使用Using Connection String Keywords with SQL Server Native Client
SQL Server Native Client の HADR サポートSQL Server Native Client Support for High Availability, Disaster Recovery
可用性レプリカに対するクライアント接続アクセスについて (SQL Server)About Client Connection Access to Availability Replicas (SQL Server)