可用性グループをオフラインにする (SQL Server)Take an Availability Group Offline (SQL Server)

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

このトピックでは、 Transact-SQLTransact-SQLSQL Server 2012 SP1 (11.0.3x)SQL Server 2012 SP1 (11.0.3x) 以降のバージョンを使用して、AlwaysOn 可用性グループを ONLINE 状態から OFFLINE 状態にする方法について説明します。This topic describes how to take an Always On availability group from the ONLINE state to the OFFLINE state by using Transact-SQLTransact-SQL in SQL Server 2012 SP1 (11.0.3x)SQL Server 2012 SP1 (11.0.3x) and later versions. 同期コミット レプリカが同期されていない場合は OFFLINE 操作でエラーが発生し、可用性グループは ONLINE を維持するため、同期コミット データベースのデータ損失はありません。There is no data loss for synchronous-commit databases because if any synchronous-commit replica is not synchronized, the OFFLINE operation raises an error and leaves the availability group ONLINE. 可用性グループをオンラインにしておくと、非同期コミット データベースで発生する可能性があるデータ損失が防止されます。Keeping the availability group online protects unsynchronized synchronous-commit databases from possible data loss. 可用性グループがオフラインになると、クライアントはそのデータベースを使用できなくなりますが、可用性グループをオンラインに戻すことはできません。After an availability group goes offline, its databases become unavailable to clients and you cannot bring the availability group back online. したがって、可用性グループは、可用性グループのリソースを WSFC クラスター間で移行する場合のみオフラインにしてください。Therefore, take an availability group offline only to migrate the availability group resources from one WSFC cluster to another.

Always On 可用性グループAlways On availability groupsのクラスター間での移行時は、任意のアプリケーションが可用性グループのプライマリ レプリカに直接接続している場合は、可用性グループをオフラインにする必要があります。During a cross-cluster migration of Always On 可用性グループAlways On availability groups, if any applications connect directly to the primary replica of an availability group, the availability group must be taken offline. Always On 可用性グループAlways On availability groups のクラスター間の移行は、可用性グループの最小限のダウンタイムで OS のアップグレードをサポートします。Cross-cluster migration of Always On 可用性グループAlways On availability groups supports OS upgrade with minimal downtime of availability groups. 一般的なシナリオでは、SQL Server 2012 SP1 (11.0.3 x) 以降のバージョンで Always On 可用性グループAlways On availability groups のクラスター間での移行を使用します。The typical scenario is to use cross-cluster migration of Always On 可用性グループAlways On availability groups with SQL Server 2012 SP1 (11.0.3x) and later versions. 詳細については、「 OS アップグレードのための AlwaysOn 可用性グループのクラスター間での移行」を参照してください。For more information, see Cross-Cluster Migration of Always On Availability Groups for OS Upgrade.

注意事項

可用性グループ リソースのクラスター間での移行、または読み取りスケールの可用性グループのフェールオーバーには、OFFLINE オプションを使用します。Use the OFFLINE option for a cross-cluster migration of availability group resources or for failing over a read-scale availability group.

前提条件Prerequisites

  • OFFLINE コマンドを入力するサーバー インスタンスが、 SQL Server 2012 SP1 (11.0.3x)SQL Server 2012 SP1 (11.0.3x) 以上 (Enterprise Edition 以上) を実行している必要があります。The server instance on which you enter the OFFLINE command must be running SQL Server 2012 SP1 (11.0.3x)SQL Server 2012 SP1 (11.0.3x) or above (Enterprise edition or above).
  • 可用性グループが現在オンラインになっている必要があります。The availability group must currently be online.

推奨事項Recommendations

可用性グループをオフラインにする前に、可用性グループ リスナーを削除します。Before you take the availability group offline, delete the availability group listener or listeners. 詳細については、「 可用性グループ リスナーの削除 (SQL Server)への OS のアップグレードで使用することです。For more information, see Remove an Availability Group Listener (SQL Server).

PermissionsPermissions

可用性グループの ALTER AVAILABILITY GROUP 権限、CONTROL AVAILABILITY GROUP 権限、ALTER ANY AVAILABILITY GROUP 権限、または CONTROL SERVER 権限が必要です。Requires ALTER AVAILABILITY GROUP permission on the availability group, CONTROL AVAILABILITY GROUP permission, ALTER ANY AVAILABILITY GROUP permission, or CONTROL SERVER permission.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

可用性グループをオフラインにするにはTo take an availability group offline

  1. 可用性グループの可用性レプリカをホストしているサーバー インスタンスに接続します。Connect to a server instance that hosts an availability replica for the availability group. このレプリカは、プライマリ レプリカでもセカンダリ レプリカでもかまいません。This replica can be the primary replica or a secondary replica.

  2. ALTER AVAILABILITY GROUP ステートメントを使用します。次にその例を示します。Use the ALTER AVAILABILITY GROUP statement, as follows:

    ALTER AVAILABILITY GROUP group_name OFFLINEALTER AVAILABILITY GROUP group_name OFFLINE

    group_name は可用性グループの名前です。where group_name is the name of the availability group.

Example

次の例では、 AccountsAG 可用性グループをオフラインにします。The following example takes the AccountsAG availability group offline.

ALTER AVAILABILITY GROUP AccountsAG OFFLINE;  

補足情報: 可用性グループがオフラインになった後Follow Up: After the Availability Group Goes Offline

  • OFFLINE 操作のログ記録: OFFLINE 操作が開始された WSFC ノードの ID が、WSFC クラスター ログと SQL ERRORLOG の両方に保存されます。Logging of OFFLINE operation: The identity of the WSFC node where the OFFLINE operation was initiated is stored in both the WSFC cluster log and the SQL ERRORLOG.

  • グループをオフラインにする前に、可用性グループ リスナーを削除しなかった場合: 可用性グループを別の WSFC クラスターに移行している場合は、リスナーの VNN と VIP を削除します。If you did not delete the availability group listener before taking the group offline: If you are migrating the availability group to another WSFC cluster, delete the VNN and VIP of the listener. これらは、フェールオーバー クラスター管理コンソール、 Remove-ClusterResource PowerShell コマンドレット、または cluster.exeを使用して削除できます。You can delete them by using either the Failover Cluster Management console, the Remove-ClusterResource PowerShell cmdlet, or cluster.exe. cluster.exe は Windows 8 では非推奨とされることに注意してください。Note that cluster.exe is deprecated on Windows 8.

参照See Also

AlwaysOn 可用性グループ (SQL Server)Always On Availability Groups (SQL Server)