可用性グループの圧縮の調整Tune compression for availability group

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

既定では、SQL Server は、可用性グループにとって適切な場合にデータ ストリームを圧縮します。By default, SQL Server compresses data streams where appropriate for availability groups. 圧縮によって、ネットワーク トラフィックが削減され、CPU の負荷が増加し、遅延が引き起こされる可能性があります。Compression reduces network traffic, increases CPU load, and may induce latency. 圧縮を有効にするには、sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーである必要があります。You must be a member of the sysadmin fixed server role to enable compression. 次の表は、SQL Server が可用性グループのログ ストリームに対して圧縮を使用するタイミングを示します。The following table shows when SQL Server uses compression for availability group log streams:

シナリオScenario 圧縮の設定Compression Setting
同期コミット レプリカSynchronous-commit replica 非圧縮Not compressed
非同期コミット レプリカAsynchronous- commit replicas CompressedCompressed
自動シードの処理中During automatic seeding 非圧縮Not compressed

可用性グループ圧縮のトレース フラグTrace flags for availability group compression

ほとんどのシナリオでは、これらの設定を変更しないことをお勧めします。For most scenarios Microsoft does not recommend changing these settings. グローバル トレース フラグを使用して、これらの設定の変更をテストできます。You can use global trace flags to test changing these settings. SQL Server は、グローバル トレース フラグをインスタンス全体に適用します。SQL Server applies global trace flags to the entire instance. インスタンスのすべての可用性グループがこれらの設定の影響を受けます。All of the availability groups in the instance will be affected by these settings.

次の表は、SQL Server の既定の圧縮動作を変更するトレース フラグを示します。The following table shows trace flags that will change the default compression behavior for SQL Server.

トレース フラグTrace flag [説明]Description
14621462 同期レプリカを使用した可用性グループのログ ストリーム圧縮を無効にします。Disables log stream compression for Availability Groups with asynchronous replicas. この機能は、非同期レプリカでは既定で有効にされており、ネットワーク帯域幅が最適化されます。This feature is enabled by default on asynchronous replicas to optimize network bandwidth.
95679567 自動シード処理時の可用性グループのデータ ストリーム圧縮を有効にします。Enables compression of the data stream for Availability Groups during automatic seeding. 自動シードの処理中、圧縮によって転送時間が大幅に短縮され、プロセッサの負荷が増大します。During automatic seeding, compression can significantly reduce the transfer time and will increase the load on the processor.
95929592 同期レプリカを使用した可用性グループのログ ストリーム圧縮を有効にします。Enables log stream compression for Availability Groups with synchronous replicas. この機能は、圧縮によって待機時間が追加されるため、同期レプリカでは既定で無効にされています。This feature is disabled by default on synchronous replicas because compression adds latency. 非同期レプリカのログ ストリーム圧縮は同期レプリカに対しては既定で有効にされています。Log stream compression is enabled by default for asynchronous replicas.

リソースResources

データベース エンジンのスタートアップ オプションDatabase Engine Startup Options

自動シード処理Automatic Seeding

Always On の前提条件Always On Prerequisites