可用性グループ ウィザードの使用 (SQL Server Management Studio)Use the Availability Group Wizard (SQL Server Management Studio)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio新しい可用性グループ ウィザードを使用して、SQL Server 2017SQL Server 2017 で Always On 可用性グループを作成および構成する方法について説明します。This topic describes how to use the New Availability Group Wizard in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio to create and configure an Always On availability group in SQL Server 2017SQL Server 2017. 可用性グループ は、1 つのまとまりとしてフェールオーバーする一連のユーザー データベースと、フェールオーバーをサポートする一連のフェールオーバー パートナー ( 可用性レプリカ) を定義します。An availability group defines a set of user databases that will fail over as a single unit and a set of failover partners, known as availability replicas, that support failover.

注意

可用性グループの概要については、「 Always On 可用性グループの概要 (SQL Server)で Always On 可用性グループを作成および構成する方法について説明します。For an introduction to availability groups, see Overview of Always On Availability Groups (SQL Server).

はじめにBefore You Begin

可用性グループを初めて作成する場合は、あらかじめこのセクションに目を通しておくことを強くお勧めします。We strongly recommend that you read this section before attempting to create your first availability group.

前提条件、制限事項、および推奨事項Prerequisites, Restrictions, and Recommendations

ほとんどの場合、可用性グループの作成と構成に必要なすべての作業は、新しい可用性グループ ウィザードで行うことができます。In most cases, you can use the New Availability Group Wizard to complete all of the tasks require to create and configure an availability group. ただし、一部手作業が必要になる場合があります。However, you might need to complete some of the tasks manually.

  • Windows Server フェールオーバー クラスター (WSFC) クラスター タイプを使用して可用性グループをホストする場合は、可用性レプリカをホストする SQL ServerSQL Server のインスタンスが、同じ WSFC 内の別のクラスター サーバー (またはノード) に存在していることを確認します。If you are using a Windows Server Failover Cluster (WSFC) cluster type to host availability group, verify that the instances of SQL ServerSQL Server that host the availability replicas rside on different cluster servers (or nodes) within the same WSFC. また、各サーバー インスタンスが Always On 可用性グループAlways On availability groups の他のすべての前提条件を満たしていることも確認します。Also, verify that each of the server instances meets all other Always On 可用性グループAlways On availability groups prerequisites. 詳細については、「 AlwaysOn 可用性グループの前提条件、制限事項、および推奨事項 (SQL Server)のインスタンスに AlwaysOn 可用性グループを作成する方法について説明します。For more information, we strongly recommend that you read Prerequisites, Restrictions, and Recommendations for Always On Availability Groups (SQL Server).

  • 可用性レプリカのホストとして選択したサーバー インスタンスがドメイン ユーザー アカウントで実行されていて、まだデータベース ミラーリング エンドポイントが存在しない場合、ウィザードでエンドポイントを作成し、サーバー インスタンスのサービス アカウントに CONNECT 権限を許可することができます。If a server instance that you select to host an availability replica is running under a domain user account and does not yet have a database mirroring endpoint, the wizard can create the endpoint and grant CONNECT permission to the server instance service account. ただし、 SQL ServerSQL Server サービスがビルトイン アカウント (Local System、Local Service、Network Service など) で実行されている場合または非ドメイン アカウントで実行されている場合は、エンドポイント認証に証明書を使用する必要があります。ウィザードは、サーバー インスタンス上でデータベース ミラーリング エンドポイントを作成できなくなります。However, if the SQL ServerSQL Server service is running as a built-in account, such as Local System, Local Service, or Network Service, or a nondomain account, you must use certificates for endpoint authentication, and the wizard will be unable to create a database mirroring endpoint on the server instance. この場合は、データベース ミラーリング エンドポイントを手動で作成してから、新しい可用性グループ ウィザードを起動することをお勧めします。In this case, we recommend that you create the database mirroring endpoints manually before you launch the New Availability Group Wizard.

    データベース ミラーリング エンドポイントで証明書を使用するには:To use certificates for a database mirroring endpoint:

    CREATE ENDPOINT (Transact-SQL)CREATE ENDPOINT (Transact-SQL)

    データベース ミラーリング エンドポイントでの証明書の使用 (Transact-SQL)Use Certificates for a Database Mirroring Endpoint (Transact-SQL)

  • SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) は可用性グループによる自動フェールオーバーをサポートしないため、FCI によってホストされる可用性レプリカは手動フェールオーバー用にのみ構成できます。SQL Server Failover Cluster Instances (FCIs) do not support automatic failover by availability groups, so any availability replica that is hosted by an FCI can only be configured for manual failover.

  • ウィザードによって初期データの完全同期を実行するための前提条件Prerequisites for the wizard to perform full initial data synchronization

    • 可用性グループのレプリカをホストするすべてのサーバー インスタンスで、すべてのデータベース ファイルのパスが同じである必要があります。All the database-file paths must be identical on every server instance that hosts a replica for the availability group.

    • セカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンスにプライマリ データベース名が存在することはできません。No primary database name can exist on any server instance that hosts a secondary replica. これは、新しいセカンダリ データベースがまだ存在しないことを意味します。This means that none of the new secondary databases can exist yet.

    • ウィザードでバックアップを作成し、バックアップにアクセスするために、ネットワーク共有を指定する必要があります。You will need to specify a network share in order for the wizard to create and access backups. プライマリ レプリカでは、 データベース エンジンDatabase Engine の起動に使用するアカウントにネットワーク共有での読み取り/書き込みファイルシステム権限が必要です。For the primary replica, the account used to start the データベース エンジンDatabase Engine must have read and write file-system permissions on a network share. セカンダリ レプリカでは、アカウントは、ネットワーク共有に対する読み取り権限を持つ必要があります。For secondary replicas, the account must have read permission on the network share.

      重要

      ログ バックアップは、ログ バックアップ チェーンの一部になります。The log backups will be part of your log backup chain. ログ バックアップ ファイルは適切に保存してください。Store the log backup files appropriately.

    ウィザードを使用して初期データの完全同期を実行できない場合は、セカンダリ データベースを手動で準備する必要があります。If you are unable to use the wizard to perform full initial data synchronization, you need to prepare your secondary databases manually. これは、ウィザードの実行前でも実行後でもかまいません。You can do this before or after running the wizard. 詳細については、「 可用性グループに対するセカンダリ データベースの手動準備 (SQL Server)で Always On 可用性グループを作成および構成する方法について説明します。For more information, see Manually Prepare a Secondary Database for an Availability Group (SQL Server).

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップと、CREATE AVAILABILITY GROUP サーバー権限、ALTER ANY AVAILABILITY GROUP 権限、CONTROL SERVER 権限のいずれかが必要です。Requires membership in the sysadmin fixed server role and either CREATE AVAILABILITY GROUP server permission, ALTER ANY AVAILABILITY GROUP permission, or CONTROL SERVER permission.

また、可用性グループ ウィザードでデータベース ミラーリング エンドポイントを管理できるようにする場合は、CONTROL ON ENDPOINT 権限も必要です。Also requires CONTROL ON ENDPOINT permission if you want to allow Availability Group Wizard to manage the database mirroring endpoint.

新しい可用性グループ ウィザードの使用Using the New Availability Group Wizard

  1. オブジェクト エクスプローラーで、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスに接続します。In Object Explorer, connect to the server instance that hosts the primary replica.

  2. [Always On 高可用性] ノードと [可用性グループ] ノードを展開します。Expand the Always On High Availability node and the Availability Groups node.

  3. 新しい可用性グループ ウィザードを起動するには、 [新しい可用性グループ ウィザード] をクリックします。To launch the New Availability Group Wizard, select the New Availability Group Wizard command.

  4. このウィザードの初回実行時には、 [説明] ページが表示されます。The first time you run this wizard, an Introduction page appears. 今後このページを省略するには、 [次回からこのページを表示しない] をクリックします。To bypass this page in the future, you can click Do not show this page again. このページの内容を確認してから、 [次へ] をクリックします。After reading this page, click Next.

  5. [可用性グループ オプションの指定] ページの [可用性グループ名] フィールドに、新しい可用性グループの名前を入力します。On the Specify Availability Group Options page, enter the name of the new availability group in the Availability group name field. この名前は、クラスターおよびドメイン全体で一意となる有効な SQL ServerSQL Server 識別子であることが必要です。This name must be a valid SQL ServerSQL Server identifier that is unique on the cluster and in your domain as a whole. 可用性グループ名の最大文字数は 128 文字です。The maximum length for an availability group name is 128 characters. ee

  6. 次に、クラスター タイプを指定します。Next, specify the cluster type. 使用できるクラスター タイプは、SQL ServerSQL Server バージョンとオペレーティング システムによって異なります。The possible cluster types depend on the SQL ServerSQL Server version and operating system. WSFCEXTERNALNONE のいずれかを選択してください。Choose either WSFC, EXTERNAL, or NONE. 詳細については、「Specify Availability Group Name Page」 ([可用性グループ名の指定] ページ) を参照してください。For details see Specify Availability Group Name Page

  7. [データベースの選択] ページのグリッドに、接続されているサーバー インスタンス上の 可用性データベースとして利用できるユーザー データベースが一覧表示されます。On the Select Databases page, the grid lists user databases on the connected server instance that are eligible to become the availability databases. 新しい可用性グループに追加する 1 つまたは複数のデータベースを一覧から選択します。Select one or more of the listed databases to participate in the new availability group. これらのデータベースが初期 プライマリ データベースとなります。These databases will initially be the initial primary databases.

    一覧の各データベースの [サイズ] 列には、データベースのサイズが表示されます (わかっている場合)。For each listed database, the Size column displays the database size, if known. [状態] 列は、データベースが可用性データベースとしての 前提条件を満たしているかどうかを示します。The Status column indicates whether a given database meets the prerequisitesfor availability databases. 前提条件が満たされていない場合は、簡単な状態説明によって、データベースが不適格である理由が示されます (完全復旧モデルを使用していない、など)。It the prerequisites are not met, a brief status description indicates the reason that the database is ineligible; for example, if it does not use the full recovery model. 詳細については、状態の説明をクリックしてください。For more information, click the status description.

    要件を満たすようにデータベースを変更した場合は、 [更新] をクリックして、データベース グリッドを最新の情報に更新します。If you change a database to make it eligible, click Refresh to update the databases grid.

    データベースにデータベース マスター キーが含まれている場合、 [パスワード] 列にデータベース マスター キーのパスワードを入力します。If the database contains a database master key, enter the password for the database master key in the Password column.

  8. [レプリカの指定] ページで、新しい可用性グループの 1 つまたは複数のレプリカを指定し、構成します。On the Specify Replicas page, specify and configure one or more replicas for the new availability group. このページには、4 つのタブがあります。This page contains four tabs. 次の表では、これらのタブについて説明します。The following table introduces these tabs. 詳細については、「[レプリカの指定] ページ (新しい可用性グループウィザード: レプリカの追加ウィザード)」のトピックを参照してください。For more information, see the Specify Replicas Page (New Availability Group Wizard: Add Replica Wizard) topic.

    タブTab 簡単な説明Brief Description
    レプリカReplicas このタブを使用して、セカンダリ レプリカをホストする SQL ServerSQL Server の各インスタンスを指定します。Use this tab to specify each instance of SQL ServerSQL Server that will host a secondary replica. 現在接続しているサーバー インスタンスでプライマリ レプリカをホストする必要があることに注意してください。Note that the server instance to which you are currently connected must host the primary replica.
    エンドポイントEndpoints このタブを使用して、既存の任意のデータベース ミラーリング エンドポイントを検証します。また、サービス アカウントが Windows 認証を使用しているサーバー インスタンスでエンドポイントが不足している場合は、エンドポイントを自動的に作成します。Use this tab to verify any existing database mirroring endpoints and also, if this endpoint is lacking on a server instance whose service accounts use Windows Authentication, to create the endpoint automatically.

    注:ドメイン以外のユーザー アカウントで実行されているサーバー インスタンスが 1 つでもある場合、ウィザードを続行するには、サーバー インスタンスに手動で変更を加える必要があります。Note: If any server instance is running under a non-domain user account, you need to do make a manual change to your server instance before you can proceed in the wizard. 詳細については、このトピックの「 前提条件」をご覧ください。For more information, see Prerequisites, earlier in this topic.
    バックアップの設定Backup Preferences このタブを使用して、可用性グループ全体についてバックアップの設定を指定し、各可用性レプリカのバックアップ優先順位を指定します。Use this tab to specify your backup preference for the availability group as a whole and your backup priorities for the individual availability replicas.
    リスナーListener このタブを使用して、可用性グループ リスナーを作成します。Use this tab to create an availability group listener. 既定では、ウィザードによってリスナーは作成されません。By default, the wizard does not create a listener.
  9. [最初のデータの同期を選択] ページで、新しいセカンダリ データベースを作成して可用性グループに参加させる方法を選択します。On the Select Initial Data Synchronization page, choose how you want your new secondary databases to be created and joined to the availability group. 次のいずれかのオプションを選択します。Choose one of the following options:

    • [自動シード処理]Automatic seeding

      グループの各データベースのセカンダリ レプリカが SQL Server で自動的に作成されます。SQL Server automatically creates the secondary replicas for every database in the group. 自動シード処理には、データとログ ファイルのパスが、グループに参加しているすべての SQL Server インスタンスで同じである必要があります。Automatic seeding requires that the data and log file paths are the same on every SQL Server instance participating in the group. SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降で使用できます。Available on SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later. AlwaysOn 可用性グループを自動的に初期化する」を参照してください。See Automatically initialize Always On Availability group.

    • [完全なデータベースとログ バックアップ]Full database and log backup

      使用している環境が、初期データの同期を自動的に開始するための要件を満たす場合は、このオプションを選択します (詳細については、このトピックの「 前提条件、制限事項、および推奨事項」をご覧ください)。Select this option if your environment meets the requirements for automatically starting initial data synchronization (for more information, see Prerequisites, Restrictions, and Recommendations, earlier in this topic).

      [完全] を選択すると、可用性グループを作成後、ウィザードはすべてのプライマリ データベースとそのトランザクション ログをネットワーク共有にバックアップし、セカンダリ レプリカをホストするすべてのサーバー インスタンスでそのバックアップを復元します。If you select Full, after creating the availability group, the wizard will back up every primary database and its transaction log to a network share and restore the backups on every server instance that hosts an secondary replica. その後、ウィザードは、すべてのセカンダリ データベースを可用性グループに参加させます。The wizard will then join every secondary database to the availability group.

      [すべてのレプリカからアクセス可能な共有ネットワーク場所を指定] フィールドで、レプリカをホストするサーバー インスタンスが読み取り/書き込み権限を持つバックアップ共有を指定します。In the Specify a shared network location accessible by all replicas: field, specify a backup share to which all of the server instance that host replicas have read-write access. 詳細については、このトピックの「 前提条件」をご覧ください。For more information, see Prerequisites, earlier in this topic. 検証手順で、指定されたネットワークの場所が有効であることを確認するテストが行われます。このテストにより、プライマリ レプリカにデータベースが作成されますが、その名前は "BackupLocDb_" に GUID を続ける方式で付けられます。さらに、指定されたネットワークの場所にバックアップが実行され、セカンダリ レプリカでそれが復元されます。In the validation step, the wizard will perform a test to make sure the provided network location is valid, the test will create a database on the primary replica named "BackupLocDb_" followed by a Guid and perform backup to the provided network location, then restore it on the secondary replicas. このデータベースがウィザードで削除できなかった場合、そのバックアップ履歴とバックアップ ファイルと共に削除しておくことをお勧めします。It is safe to delete this database along with its backup history and backup file in case the wizard failed to delete them.

    • [参加のみ]Join only

      セカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンス上のセカンダリ データベースを手動で準備した場合は、このオプションを選択できます。If you have manually prepared secondary databases on the server instances that will host the secondary replicas, you can select this option. ウィザードは、既存のセカンダリ データベースを可用性グループに参加させます。The wizard will join the existing secondary databases to the availability group.

    • [最初のデータの同期をスキップ]Skip initial data synchronization

      プライマリ データベースの独自のデータベースとログ バックアップを使用する場合は、このオプションを選択します。Select this option if you want to use your own database and log backups of your primary databases. 詳細については、Always On セカンダリ データベース上のデータ移動の開始 (SQL Server) を参照してください。For more information, see Start Data Movement on an Always On Secondary Database (SQL Server).

  10. [検証] ページでは、このウィザードで指定した値が、新しい可用性グループ ウィザードの要件を満たしているかどうかが確認されます。The Validation page verifies whether the values you specified in this Wizard meet the requirements of the New Availability Group Wizard. 変更が必要な場合は、 [戻る] をクリックして前のウィザード ページに戻り、値を変更できます。To make a change, click Previous to return to an earlier wizard page to change one or more values. その後、 [次へ] をクリックして [検証] ページに戻り、 [検証の再実行] をクリックします。The click Next to return to the Validation page, and click Re-run Validation.

  11. [概要] ページで、新しい可用性グループに対して選択した内容を確認します。On the Summary page, review your choices for the new availability group. 変更が必要な場合は、 [戻る] をクリックして、該当するページに戻ります。To make a change, click Previous to return to the relevant page. 必要な変更を加えたら、 [次へ] をクリックして、 [概要] ページに戻ります。After making the change, click Next to return to the Summary page.

    重要

    新しい可用性レプリカをホストするサーバー インスタンスの SQL ServerSQL Server サービス アカウントがログインとして存在していない場合は、新しい可用性グループ ウィザードでログインを作成する必要があります。When the SQL ServerSQL Server service account of a server instance that will host a new availability replica does not already exist as a login, the New Availability Group Wizard needs to create the login. [概要] ページには、作成するログインの情報が表示されます。On the Summary page, the wizard displays the information for the login that is to be created. [完了] をクリックすると、SQL Server サービス アカウントに対してこのログインが作成され、ログインに CONNECT 権限が付与されます。If you click Finish, the wizard creates this login for the SQL Server service account and grants the login CONNECT permission.

    選択内容に問題がなければ、 [スクリプト] をクリックして、ウィザードが実行する手順のスクリプトを作成することもできます。If you are satisfied with your selections, optionally click Script to create a script of the steps the wizard will execute. 新しい可用性グループを作成して構成するには、 [完了] をクリックします。Then, to create and configure the new availability group, click Finish.

  12. 可用性グループの作成手順 (エンドポイントの構成、可用性グループの作成、グループへのセカンダリ レプリカの参加) の進行状況が、 [進行状況] ページに表示されます。The Progress page displays the progress of the steps for creating the availability group (configuring endpoints, creating the availability group, and joining the secondary replica to the group).

  13. 以上の手順が完了すると、 [結果] ページに各手順の結果が表示されます。When these steps complete, the Results page displays the result of each step. これらのすべての手順が成功した場合は、新しい可用性グループが完全に構成されます。If all these steps succeed, the new availability group is completely configured. 手順のいずれかでエラーが発生した場合は、手動で構成を完了するか、失敗した手順に対してウィザードを使用する必要があります。If any of the steps result in an error, you might need to manually complete the configuration or use a wizard for the failed step. 特定のエラーの原因については、 [結果] 列の [エラー] リンクをクリックします。For information about the cause of a given error, click the associated "Error" link in the Result column.

    ウィザードでの作業が完了したら、 [閉じる] をクリックして終了します。When the wizard completes, click Close to exit.

関連タスクRelated Tasks

可用性グループの構成を完了するにはTo complete availability group configuration

別の方法で可用性グループを作成するAlternative ways to create an availability group

AlwaysOn 可用性グループを有効にするにはTo enable Always On Availability Groups

データベース ミラーリング エンドポイントを構成するにはTo configure a database mirroring endpoint

AlwaysOn 可用性グループの構成のトラブルシューティング方法To troubleshoot Always On Availability Groups configuration

関連コンテンツRelated Content

別の方法で可用性グループを作成するAlternate ways to create availability groups

新しい可用性グループ ウィザードの代わりに、 Transact-SQLTransact-SQLSQL ServerSQL Server PowerShell コマンドレットを使用する方法もあります。As an alternative to using the New Availability Group Wizard, you can use Transact-SQLTransact-SQL or SQL ServerSQL Server PowerShell cmdlets. 詳細については、「 可用性グループの作成 (Transact-SQL)可用性グループの作成 (SQL Server PowerShell)で Always On 可用性グループを作成および構成する方法について説明します。For more information, see Create an Availability Group (Transact-SQL) or Create an Availability Group (SQL Server PowerShell).

参照See Also

データベース ミラーリング エンドポイント (SQL Server) The Database Mirroring Endpoint (SQL Server)
AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server) Overview of Always On Availability Groups (SQL Server)
Always On 可用性グループの前提条件、制限事項、および推奨事項 (SQL Server)Prerequisites, Restrictions, and Recommendations for Always On Availability Groups (SQL Server)