可用性グループのフェールオーバー ウィザードの使用 (SQL Server Management Studio)Use the Fail Over Availability Group Wizard (SQL Server Management Studio)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 SQL Server Management StudioSQL Server Management StudioTransact-SQLTransact-SQLSQL Server 2017SQL Server 2017、または PowerShell を使用して、AlwaysOn 可用性グループ上で計画的な手動フェールオーバーまたは強制手動フェールオーバー (強制フェールオーバー) を実行する方法について説明します。This topic describes how to perform a planned manual failover or forced manual failover (forced failover) on an Always On availability group by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, Transact-SQLTransact-SQL, or PowerShell in SQL Server 2017SQL Server 2017. 可用性グループは、可用性レプリカのレベルでフェールオーバーします。An availability group fails over at the level of an availability replica. SYNCHRONIZED 状態のセカンダリ レプリカにフェールオーバーする場合は、ウィザードで計画的な手動フェールオーバー (データ損失なし) を実行します。If you fail over to a secondary replica in the SYNCHRONIZED state, the wizard performs a planned manual failover (without data loss). UNSYNCHRONIZED 状態または NOT SYNCHRONIZING 状態のセカンダリ レプリカにフェールオーバーする場合は、ウィザードで "強制フェールオーバー" とも呼ばれる強制手動フェールオーバー (データ損失の可能性あり) を実行します。If you fail over to a secondary replica in the UNSYNCHRONIZED or NOT SYNCHRONIZING state, the wizard performs a forced manual failover-also known as a forced failover (with possible data loss). どちらの形式の手動フェールオーバーでも、接続先のセカンダリ レプリカはプライマリ ロールに移行します。Both forms of manual failover transition the secondary replica to which you are connected to the primary role. 計画的な手動フェールオーバーでは、同時に、元のプライマリ レプリカはセカンダリ ロールに移行します。A planned manual failover currently transitions the former primary replica to the secondary role. 強制フェールオーバー後は、元のプライマリ レプリカはオンラインになると、セカンダリ ロールに移行します。After a forced failover, when the former primary replica comes online, it transitions to the secondary role.

はじめにBefore You Begin

計画的な手動フェールオーバーを初めて実行する前に、「 可用性グループの計画的な手動フェールオーバーの実行 (SQL Server)、または PowerShell を使用して、AlwaysOn 可用性グループ上で計画的な手動フェールオーバーまたは強制手動フェールオーバー (強制フェールオーバー) を実行する方法について説明します。Before your first planned manual failover, see the "Before You Begin" section in Perform a Planned Manual Failover of an Availability Group (SQL Server).

強制手動フェールオーバーを初めて実行する前に、「可用性グループの強制手動フェールオーバーの実行 (SQL Server)」の「補足情報: 強制フェールオーバー後の必須タスク」セクションを参照してください。Before your first forced failover, see the "Before You Begin" and "Follow Up: Essential Tasks After a Forced Failover" sections in Perform a Forced Manual Failover of an Availability Group (SQL Server).

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

  • フェールオーバー コマンドは、ターゲットのセカンダリ レプリカがコマンドを受け入れた直後に戻ります。A failover command returns as soon as the target secondary replica has accepted the command. ただし、データベースの復旧は、可用性グループがフェールオーバーを完了した後に非同期で行われます。However, database recovery occurs asynchronously after the availability group has finished failing over.

可用性グループのフェールオーバー ウィザードを使用するための前提条件Prerequisites for Using the Failover Availability Group Wizard

  • 現在使用可能な可用性レプリカをホストするサーバー インスタンスに接続している必要があります。You must be connected to the server instance that hosts an availability replica that is currently available.

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

可用性グループの ALTER AVAILABILITY GROUP 権限、CONTROL AVAILABILITY GROUP 権限、ALTER ANY AVAILABILITY GROUP 権限、または CONTROL SERVER 権限が必要です。Requires ALTER AVAILABILITY GROUP permission on the availability group, CONTROL AVAILABILITY GROUP permission, ALTER ANY AVAILABILITY GROUP permission, or CONTROL SERVER permission.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

可用性グループのフェールオーバー ウィザードを使用するにはTo Use the Failover Availability Group Wizard

  1. オブジェクト エクスプローラーで、フェールオーバーを行う可用性グループのセカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンスに接続し、サーバー ツリーを展開します。In Object Explorer, connect to the server instance that hosts a secondary replica of the availability group that needs to be failed over, and expand the server tree.

  2. [AlwaysOn 高可用性] ノードと [可用性グループ] ノードを展開します。Expand the Always On High Availability node and the Availability Groups node.

  3. 可用性グループのフェールオーバー ウィザードを起動するには、フェールオーバーを行う可用性グループを右クリックして [フェールオーバー] をクリックします。To launch the Failover Availability Group Wizard, right-click the availability group that you are going to fail over, and select Failover.

  4. [説明] ページに表示される情報は、セカンダリ レプリカが計画的フェールオーバーの対象であるかどうかによって異なります。The information presented by the Introduction page depends on whether any secondary replica is eligible for a planned failover. このページに "この可用性グループの計画的フェールオーバーを実行します" と表示されている場合は、データを失わずに可用性グループをフェールオーバーできます。If this page says, "Perform a planned failover for this availability group", you can failover the availability group without data loss.

  5. [新しいプライマリ レプリカの選択] ページで、新しいプライマリ レプリカになるセカンダリ レプリカ ( フェールオーバー ターゲット) を選択する前に、現在のプライマリ レプリカと WSFC クォーラムの状態を確認できます。On the Select New Primary Replica page, you can view the status of the current primary replica and of the WSFC quorum, before you choose the secondary replica that will become the new primary replica (the failover target). 計画的な手動フェールオーバーの場合は、 [フェールオーバーの準備] の値が [データ損失なし] になっているセカンダリ レプリカを選択する必要があります。For a planned manual failover, be sure to select a secondary replica whose Failover Readiness value is "No data loss". 強制フェールオーバーの場合は、すべてのフェールオーバー ターゲット候補について、この値は [データ損失、警告 (#)] になります。# は、特定のセカンダリ レプリカに存在する警告の数を示します。For a forced failover, for all the possible failover targets, this value will be "Data loss, Warnings(#)", where # indicates the number of warnings that exist for a given secondary replica. 特定のフェールオーバー ターゲットの警告を表示するには、その [フェールオーバーの準備] の値をクリックします。To view the warnings for a given failover target, click its "Failover Readiness" value.

    詳細については、このトピックの「 [新しいプライマリ レプリカの選択] ページ」を参照してください。For more information, see Select New Primary Replica page, later in this topic.

  6. [レプリカへの接続] ページで、フェールオーバー ターゲットに接続します。On the Connect to Replica page, connect to the failover target. 詳細については、このトピックの「 [レプリカへの接続] ページ」を参照してください。For more information, see Connect to Replica page, later in this topic.

  7. 強制フェールオーバーを実行する場合は、 [データ損失の可能性の確認] ページが表示されます。If you are performing a forced failover, the wizard displays the Confirm Potential Data Loss page. フェールオーバーを続行するには、 [ここをクリックしてデータ損失の可能性があるフェールオーバーを実行する] を選択する必要があります。To proceed with the failover, you must select Click here to confirm failover with potential data loss. 詳細については、このトピックの「[データ損失の可能性の確認] ページ」を参照してください。For more information, see .Confirm Potential Data Loss page, later in this topic.

  8. [概要] ページで、選択したセカンダリ レプリカへのフェールオーバーの影響を確認します。On the Summary page, review the implications of failing over to the selected secondary replica.

    選択内容に問題がなければ、 [スクリプト] をクリックして、ウィザードが実行する手順のスクリプトを作成することもできます。If you are satisfied with your selections, optionally click Script to create a script of the steps the wizard will execute. その後、可用性グループを選択したセカンダリ レプリカにフェールオーバーするには、 [完了] をクリックします。Then, to failover the availability group to the selected secondary replica, click Finish.

  9. [進行状況] ページに、可用性グループのフェールオーバーの進行状況が表示されます。The Progress page displays the progress of failing over the availability group.

  10. フェールオーバー操作が完了すると、 [結果] ページに結果が表示されます。When the failover operation finishes, the Results page displays the result. ウィザードでの作業が完了したら、 [閉じる] をクリックして終了します。When the wizard completes, click Close to exit.

    詳細については、「 [結果] ページ (AlwaysOn 可用性グループ ウィザード)、または PowerShell を使用して、AlwaysOn 可用性グループ上で計画的な手動フェールオーバーまたは強制手動フェールオーバー (強制フェールオーバー) を実行する方法について説明します。For more information, see Results Page (Always On Availability Group Wizards).

  11. 強制フェールオーバーの後は、「可用性グループの強制手動フェールオーバーの実行 (SQL Server)」の「補足情報: 強制フェールオーバー後」セクションを参照してください。After a forced failover, see the "Follow Up: After a Forced Failover" section in the Perform a Forced Manual Failover of an Availability Group (SQL Server).

このウィザードに固有のページのヘルプHelp for Pages that are Exclusive to This Wizard

ここでは、 可用性グループのフェールオーバー ウィザードFail Over Availability Group Wizardに固有のページについて説明します。This section describes the pages that are unique to the 可用性グループのフェールオーバー ウィザードFail Over Availability Group Wizard.

このセクションの内容In This Section

このウィザードの他のページのヘルプは、他の AlwaysOn 可用性グループ ウィザードと共通で、個別の F1 ヘルプ トピックに記載されています。The other pages of this wizard share help with one or more of the other Always On Availability Groups wizards and are documented in separate F1 help topics.

Select New Primary Replica PageSelect New Primary Replica Page

ここでは、 [新しいプライマリ レプリカの選択] ページのオプションについて説明します。This section describes the options of the Select New Primary Replica page. このページを使用すると、可用性グループのフェールオーバー先のセカンダリ レプリカ (フェールオーバー ターゲット) を選択できます。Use this page to select the secondary replica (failover target) to which the availability group will fail over. このレプリカは新しいプライマリ レプリカになります。This replica will become the new primary replica.

ページのオプションPage Options

現在のプライマリ レプリカCurrent Primary Replica
オンラインの場合、現在のプライマリ レプリカの名前を表示します。Displays the name of the current primary replica, if it is online.

[プライマリ レプリカの状態]Primary Replica Status
オンラインの場合、現在のプライマリ レプリカの状態を表示します。Displays the status of the current primary replica, if it is online.

[クォーラムの状態]Quorum Status
クラスター タイプ WSFC の場合は、可用性レプリカのクォーラムの状態を表示します。次のいずれかになります。For cluster type WSFC, displays the quorum status for the availability replica, one of:

[値]Value [説明]Description
[標準のクォーラム]Normal quorum クラスターは、標準のクォーラムを使用して起動しました。The cluster has started with normal quorum.
強制されたクォーラムForced quorum クラスターは、強制されたクォーラムを使用して起動しました。The cluster has started with forced quorum.
[不明なクォーラム]Unknown quorum クラスター クォーラムの状態が不明です。The cluster quorum status is unavailable.
適用なしNot applicable 可用性レプリカをホストするノードにクォーラムがありません。The node that hosts the availability replica has no quorum.

詳細については、「WSFC クォーラム モードと投票の構成 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see WSFC Quorum Modes and Voting Configuration (SQL Server).

クラスター タイプ NONE の場合、クォーラムの状態は適用されません。For cluster type NONE, the quorum status does not apply.

クラスター タイプ EXTERNAL の場合、クォーラムの状態はクラスター マネージャーで管理され、SQL Server には表示されません。For cluster type EXTERNAL, the quorum status is managed by the cluster manager, and not visible to SQL Server.

[新しいプライマリ レプリカの選択]Choose a new primary replica
このグリッドを使用して、新しいプライマリ レプリカになるセカンダリ レプリカを選択します。Use this grid to select a secondary replica to become the new primary replica. このグリッドの列は次のとおりです。The columns in this grid are as follows:

サーバー インスタンスServer Instance
セカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンスの名前を表示します。Displays the name of a server instance that hosts a secondary replica.

可用性モードAvailability Mode
サーバー インスタンスの可用性モードを表示します。次のいずれかになります。Displays the availability mode of the server instance, one of:

[値]Value [説明]Description
[同期コミット]Synchronous commit 同期コミット モードの場合、同期コミット プライマリ レプリカは、同期コミット セカンダリ レプリカによるログ書き込みが確認されるまで待機した後で、トランザクションをコミットします。Under synchronous-commit mode, before committing transactions, a synchronous-commit primary replica waits for a synchronous-commit secondary replica to acknowledge that it has finished hardening the log. 同期コミット モードでは、特定のセカンダリ データベースがプライマリ データベースに 1 回同期されれば、コミットされたトランザクションが完全に保護されることが保証されます。Synchronous-commit mode ensures that once a given secondary database is synchronized with the primary database, committed transactions are fully protected.
[非同期コミット]Asynchronous commit 非同期コミット モードでは、非同期コミット セカンダリ レプリカによりログが書き込まれことが確認されるまで待機せずに、プライマリ レプリカがトランザクションをコミットします。Under asynchronous-commit mode, the primary replica commits transactions without waiting for acknowledgement that an asynchronous-commit secondary replica has hardened the log. 非同期コミット モードでは、セカンダリ データベースでのトランザクションの遅延が最小になりますが、セカンダリ データベースがプライマリ データベースよりも遅延する場合があるため、一部のデータが失われる可能性があります。Asynchronous-commit mode minimizes transaction latency on the secondary databases but allows them to lag behind the primary databases, making some data loss possible.

詳細については、「 可用性モード (AlwaysOn 可用性グループ)、または PowerShell を使用して、AlwaysOn 可用性グループ上で計画的な手動フェールオーバーまたは強制手動フェールオーバー (強制フェールオーバー) を実行する方法について説明します。For more information, see Availability Modes (Always On Availability Groups).

フェールオーバー モードFailover Mode
サーバー インスタンスのフェールオーバー モードを表示します。次のいずれかになります。Displays the failover mode of the server instance, one of:

[値]Value [説明]Description
自動Automatic 自動フェールオーバー用に構成されているセカンダリ レプリカでは、そのセカンダリ レプリカがプライマリ レプリカと同期されている場合は計画的な手動フェールオーバーもサポートされます。A secondary replica that is configured for automatic failover also supports planned manual failover whenever the secondary replica is synchronized with the primary replica.
手動Manual 手動フェールオーバーには、計画的 (データ損失なし) および強制 (データ損失の可能性あり) の 2 種類があります。Two types of manual failover exist: planned (without data loss) and forced (with possible data loss). 特定のセカンダリ レプリカでサポートされる手動フェールオーバーはどちらか 1 つだけで、このサポートは可用性モードによって異なり、同期コミット モードのサポートはセカンダリ レプリカの同期状態によって決まります。For a given secondary replica, only one of these is supported, depending on the availability mode and, for synchronous-commit mode, the synchronization state of the secondary replica. 特定のセカンダリ レプリカで現在サポートされている手動フェールオーバーの形式を調べるには、このグリッドの [フェールオーバーの準備] 列を参照してください。To determine which form of manual failover is currently supported by a given secondary replica, see the Failover Readiness column of this grid.

詳細については、「 フェールオーバーとフェールオーバー モード (AlwaysOn 可用性グループ)、または PowerShell を使用して、AlwaysOn 可用性グループ上で計画的な手動フェールオーバーまたは強制手動フェールオーバー (強制フェールオーバー) を実行する方法について説明します。For more information, see Failover and Failover Modes (Always On Availability Groups).

[フェールオーバーの準備]Failover Readiness
セカンダリ レプリカのフェールオーバーの準備を表示します。次のいずれかになります。Displays failover readiness of the secondary replica, one of:

[値]Value [説明]Description
[データ損失なし]No data loss このセカンダリ レプリカでは現在、計画的フェールオーバーがサポートされています。This secondary replica currently supports planned failover. この値は、同期コミット モードのセカンダリ レプリカが現在、プライマリ レプリカと同期されている場合にのみ表示されます。This value occurs only when a synchronous-commit mode secondary replica is currently synchronized with the primary replica.
[データ損失、警告 ( # )]Data loss, Warnings( # ) このセカンダリ レプリカでは現在、強制フェールオーバー (データ損失の可能性あり) がサポートされています。This secondary replica currently supports forced failover (with possible data loss). この値は、セカンダリ レプリカがプライマリ レプリカと同期されていない場合に表示されます。This value occurs whenever the secondary replica is not synchronized with the primary replica. データ損失の警告リンクをクリックすると、データ損失の可能性に関する情報が表示されます。Click the data-loss warnings link for information about the possible data loss.

[更新]Refresh
グリッドを更新します。Click to update the grid.

キャンセルCancel
ウィザードをキャンセルします。Click to cancel the wizard. [新しいプライマリ レプリカの選択] ページでウィザードをキャンセルすると、何もアクションを実行せずに終了します。On the Select New Primary Replica page, cancelling the wizard cause it to exit without performing any actions.

Confirm Potential Data Loss PageConfirm Potential Data Loss Page

ここでは、強制フェールオーバーを実行する場合にのみ表示される [データ損失の可能性の確認] ページのオプションについて説明します。This section describes the options of the Confirm Potential Data Loss page, which is displayed only if you are performing a forced failover. このトピックの対象は、 可用性グループのフェールオーバー ウィザードFail Over Availability Group Wizardだけです。This topic is used only by the 可用性グループのフェールオーバー ウィザードFail Over Availability Group Wizard. このページを使用すると、可用性グループを強制的にフェールオーバーするためにデータの損失を許容できるかどうかを指定できます。Use this page to indicate whether you are willing to risk possible data loss in order to force the availability group to fail over.

[データ損失の可能性の確認] のオプションConfirm Potential Data Loss Options

選択したセカンダリ レプリカがプライマリ レプリカと同期されていない場合は、このセカンダリ レプリカにフェールオーバーすると 1 つ以上のデータベースのデータが失われる可能性があるという警告が表示されます。If the selected secondary replica is not synchronized with the primary replica, the wizard displays a warning that failing over to this secondary replica could cause data loss on one or more databases.

[ここをクリックしてデータ損失の可能性があるフェールオーバーを実行する。]Click here to confirm failover with potential data loss.
ユーザーがこの可用性グループのデータベースを使用できるようにするためにデータの損失を許容できる場合は、このチェック ボックスをオンにします。If you are willing to risk data loss in order to make the databases in this availability group available to users, click this checkbox. データの損失を許容できない場合は、 [戻る] をクリックして [新しいプライマリ レプリカの選択] ページに戻るか、 [キャンセル] をクリックして可用性グループをフェールオーバーせずにウィザードを終了することができます。If you are not willing to risk data loss, you can either click Previous to return to the Select New Primary Replica page, or click Cancel to exit the wizard without failing over the availability group.

キャンセルCancel
ウィザードをキャンセルします。Click to cancel the wizard. [データ損失の可能性の確認] ページでウィザードをキャンセルすると、何もアクションを実行せずに終了します。On the Confirm Potential Data Loss page, cancelling the wizard cause it to exit without performing any actions.

Connect to Replica PageConnect to Replica Page

ここでは、 [レプリカへの接続] 可用性グループのフェールオーバー ウィザードFail Over Availability Group Wizardページのオプションについて説明します。This section describes the options of the Connect to Replica page of the 可用性グループのフェールオーバー ウィザードFail Over Availability Group Wizard. このページは、ターゲット セカンダリ レプリカに接続していない場合にのみ表示されます。This page is displayed only if you are not connected to the target secondary replica. このページを使用すると、新しいプライマリ レプリカとして選択したセカンダリ レプリカに接続できます。Use this page to connect to the secondary replica that you have selected as the new primary replica.

ページのオプションPage Options

グリッド列:Grid columns:
サーバー インスタンスServer Instance
可用性レプリカをホストするサーバー インスタンスの名前を表示します。Displays the name of the server instance that will host the availability replica.

接続ユーザーConnected As
接続が確立されると、サーバー インスタンスに接続されるアカウントを表示します。Displays the account that is connected to the server instance, once the connection has been established. この列で、特定のサーバー インスタンスについて "未接続" と表示される場合、 [接続] ボタンをクリックする必要があります。If this column displays "Not Connected" for a given server instance, you will need to click the Connect button.

のインスタンスに接続するときには、Connect
このサーバー インスタンスが、接続する他のサーバー インスタンスとは異なるアカウントで実行されている場合にクリックします。Click if this server instance is running under a different account than other server instances to which you need to connect.

キャンセルCancel
ウィザードをキャンセルします。Click to cancel the wizard. [レプリカへの接続] ページでウィザードをキャンセルすると、何もアクションを実行せずに終了します。On the Connect to Replica page, cancelling the wizard cause it to exit without performing any actions.

参照See Also

AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server) Overview of Always On Availability Groups (SQL Server)
可用性モード (AlwaysOn 可用性グループ) Availability Modes (Always On Availability Groups)
フェールオーバーとフェールオーバー モード (AlwaysOn 可用性グループ) Failover and Failover Modes (Always On Availability Groups)
可用性グループの計画的な手動フェールオーバーの実行 (SQL Server) Perform a Planned Manual Failover of an Availability Group (SQL Server)
可用性グループの強制手動フェールオーバーの実行 (SQL Server) Perform a Forced Manual Failover of an Availability Group (SQL Server)
WSFC の強制クォーラムによる災害復旧 (SQL Server)WSFC Disaster Recovery through Forced Quorum (SQL Server)