特定の TCP ポートで受信待ちするようにサーバーを構成するConfigure a Server to Listen on a Specific TCP Port

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、SQL Server 構成マネージャーを使用して、 SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine のインスタンスが特定の固定ポートで受信待ちするように構成する方法について説明します。This topic describes how to configure an instance of the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine to listen on a specific fixed port by using the SQL Server Configuration Manager. SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine の既定のインスタンスは、有効であれば TCP ポート 1433 で受信待ちします。If enabled, the default instance of the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine listens on TCP port 1433. データベース エンジンDatabase EngineSQL Server CompactSQL Server Compact の名前付きインスタンスは、 動的ポートを使用するように構成されています。Named instances of the データベース エンジンDatabase Engine and SQL Server CompactSQL Server Compact are configured for dynamic ports. つまり、これらのインスタンスでは、 SQL ServerSQL Server サービスの開始時に、使用可能なポートが選択されます。This means they select an available port when the SQL ServerSQL Server service is started. 名前付きインスタンスにファイアウォール経由で接続する場合は、特定のポートで受信待ちするように データベース エンジンDatabase Engine を構成します。これにより、ファイアウォールで適切なポートを開くことができます。When you are connecting to a named instance through a firewall, configure the データベース エンジンDatabase Engine to listen on a specific port, so that the appropriate port can be opened in the firewall.

ポート 1433 は SQL ServerSQL Server の既知の標準であるため、セキュリティを強化するために SQL ServerSQL Server のポート番号を変更する必要があると指定されることがあります。Because port 1433 is the known standard for SQL ServerSQL Server, some organizations specify that the SQL ServerSQL Server port number should be changed to enhance security. 環境によってはそれが役に立つことがあります。This might be helpful in some environments. ただし、TCP/IP アーキテクチャではポート スキャナーで開いているポートをクエリすることが許可されているため、ポート番号の変更は堅牢なセキュリティ対策とは見なされません。However, the TCP/IP architecture permits a port scanner to query for open ports, so changing the port number is not considered a robust security measure.

Windows ファイアウォールの既定の設定の詳細と、データベース エンジン、Analysis Services、Reporting Services、および Integration Services に影響する TCP ポートの説明については、「 SQL Server のアクセスを許可するための Windows ファイアウォールの構成」をご覧ください。For more information about the default Windows firewall settings, and a description of the TCP ports that affect the Database Engine, Analysis Services, Reporting Services, and Integration Services, see Configure the Windows Firewall to Allow SQL Server Access.

ヒント

ポート番号を選択する際は、特定のアプリケーションに割り当てられているポート番号の一覧を https://www.iana.org/assignments/port-numbers で確認し、When selecting a port number, consult https://www.iana.org/assignments/port-numbers for a list of port numbers that are assigned to specific applications. 未割り当てのポート番号を選択してください。Select an unassigned port number. 詳細については、「 Windows Vista および Windows Server 2008 では TCP/IP の既定の動的ポート範囲が変更されている」を参照してください。For more information, see The default dynamic port range for TCP/IP has changed in Windows Vista and in Windows Server 2008.

警告

データベース エンジンは、再起動時に新しいポート上でリッスンを開始します。The Database Engine begins listening on a new port when restarted. ただし SQL ServerSQL Server Browser サービスは、レジストリを監視し、データベース エンジンが使用していない可能性があっても、構成が変更されるとすぐに新しいポート番号をレポートします。However the SQL ServerSQL Server Browser service monitors the registry and reports the new port number as soon as the configuration is changed, even though the Database Engine might not be using it. 一貫性を確保し、接続エラーを避けるために、データベース エンジンを再開します。Restart the Database Engine to ensure consistency and avoid connection failures.

SQL Server 構成マネージャーの使用Using SQL Server Configuration Manager

SQL Server データベース エンジンに TCP/IP ポート番号を割り当てるにはTo assign a TCP/IP port number to the SQL Server Database Engine

  1. SQL Server 構成マネージャーのコンソール ペインで、 [SQL Server ネットワークの構成][<インスタンス名> のプロトコル] の順に展開し、 [TCP/IP] をダブルクリックします。In SQL Server Configuration Manager, in the console pane, expand SQL Server Network Configuration, expand Protocols for <instance name>, and then double-click TCP/IP.

    注意

    SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを開く際に問題がある場合は、「 SQL Server 構成マネージャー」を参照してください。If you are having trouble opening SQL ServerSQL Server Configuration Manager, see SQL Server Configuration Manager.

  2. [TCP/IP のプロパティ] ダイアログ ボックスの [IP アドレス] タブに、 IP1IP2という形式で IPAllまで IP アドレスが表示されます。In the TCP/IP Properties dialog box, on the IP Addresses tab, several IP addresses appear in the format IP1, IP2, up to IPAll. このうちいずれかが、ループバック アダプターの IP アドレス 127.0.0.1 です。One of these is for the IP address of the loopback adapter, 127.0.0.1. 追加の IP アドレスがコンピューターの各 IP アドレスとして表示されます。Additional IP addresses appear for each IP Address on the computer. (おそらく IP バージョン 4 と IP バージョン 6 の両方のアドレスが表示されます)。各アドレスを右クリックし、 [プロパティ] をクリックして、構成する IP アドレスを識別します。(You will probably see both IP version 4 and IP version 6 addresses.) Right-click each address, and then click Properties to identify the IP address that you want to configure.

  3. [TCP 動的ポート] ダイアログ ボックスには、 が動的ポートで受信待ちすることを示す0 データベース エンジンDatabase Engine が表示されています。この 0 を削除します。If the TCP Dynamic Ports dialog box contains 0, indicating the データベース エンジンDatabase Engine is listening on dynamic ports, delete the 0.

    TCP_portsTCP_ports

  4. IPn のプロパティ ボックスの TCP ポート box, type the port number you want this IP address to listen on, and then click OKをクリックします。In the IPn Properties area box, in the TCP Port box, type the port number you want this IP address to listen on, and then click OK. 複数のポートを指定する場合は、コンマで区切ります。Multiple ports may be specified by separating them with a comma.

    注意

    [プロトコル] タブの [すべて受信待ち] 設定が [はい] に設定されている場合、 [IPAll] セクションの [TCP ポート][TCP 動的ポート] の値のみが使用され、個々の [IPn] セクションは完全に無視されます。If the Listen All setting on the Protocol tab is set to "Yes", then only TCP Port and TCP Dynamic Port values under the IPAll section will be used and individual IPn sections will be ignored in their entirety. [すべて受信待ち] の設定が [いいえ] に設定されている場合、 [IPAll] セクションの [TCP ポート][TCP 動的ポート] の設定は無視され、個々の [IPn] セクションの [TCP ポート][TCP 動的ポート] 、および [有効] の設定が代わりに使用されます。If the Listen All setting is set to "No", then the TCP Port and TCP Dynamic Port settings under the IPAll section will be ignored and the TCP Port, TCP Dynamic Port, and Enabled settings on the individual IPn sections will be used instead. [IPn] セクションには、既定値が [いいえ] の [有効] 設定があります。[いいえ] では、ポートが定義されている場合でも、SQL ServerSQL Server でこの IP アドレスは無視されます。Each IPn section has an Enabled setting with a default value of "No" which causes SQL ServerSQL Server to ignore this IP address even if it has a port defined.

  5. コンソール ペインで、 [SQL Server のサービス] をクリックします。In the console pane, click SQL Server Services.

  6. 詳細ペインで [SQL Server ( <インスタンス名> )] を右クリックします。次に、 [再起動] をクリックして SQL ServerSQL Server を停止し、再起動します。In the details pane, right-click SQL Server (<instance name>) and then click Restart, to stop and restart SQL ServerSQL Server.

接続Connecting

特定のポートで受信待ちするように SQL ServerSQL Server を構成した後、次の 3 つの方法でクライアント アプリケーションを使用して特定のポートに接続できます。After you have configured SQL ServerSQL Server to listen on a specific port, there are three ways to connect to a specific port with a client application:

  • サーバーで SQL ServerSQL Server Browser サービスを実行し、名前を使用して データベース エンジンDatabase Engine のインスタンスに接続する。Run the SQL ServerSQL Server Browser service on the server to connect to the データベース エンジンDatabase Engine instance by name.
  • ポート番号を指定してクライアント上に別名を作成する。Create an alias on the client, specifying the port number.
  • クライアントで、カスタム接続文字列を使用して接続するように指定します。Program the client to connect using a custom connection string.

参照See Also

クライアントが使用するサーバーの別名の作成または削除 (SQL Server 構成マネージャー) Create or Delete a Server Alias for Use by a Client (SQL Server Configuration Manager)
SQL Server Browser サービスSQL Server Browser Service