nested triggers サーバー構成オプションの構成Configure the nested triggers Server Configuration Option

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 または SQL Server 2017SQL Server 2017 を使用して、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio nested triggers Transact-SQLTransact-SQLサーバー構成オプションを構成する方法について説明します。This topic describes how to configure the nested triggers server configuration option in SQL Server 2017SQL Server 2017 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL. nested triggers オプションは、AFTER トリガーを連鎖できるかどうかを制御します。The nested triggers option controls whether an AFTER trigger can cascade. つまり、1 つの操作が別のトリガーを開始し、開始されたトリガーからさらに別のトリガーを開始するなどの動作ができるかどうかを制御します。That is, perform an action that initiates another trigger, which initiates another trigger, and so on. nested triggers を 0 に設定すると、AFTER トリガーは連鎖できません。When nested triggers is set to 0, AFTER triggers cannot cascade. nested triggers を 1 (既定値) に設定すると、AFTER トリガーは 32 レベルまで連鎖できます。When nested triggers is set to 1 (the default), AFTER triggers can cascade to as many as 32 levels. INSTEAD OF トリガーは、このオプションの設定に関係なく入れ子にできます。INSTEAD OF triggers can be nested regardless of the setting of this option.

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。Execute permissions on sp_configure with no parameters or with only the first parameter are granted to all users by default. 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。To execute sp_configure with both parameters to change a configuration option or to run the RECONFIGURE statement, a user must be granted the ALTER SETTINGS server-level permission. ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。The ALTER SETTINGS permission is implicitly held by the sysadmin and serveradmin fixed server roles.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

nested triggers オプションを構成するにはTo configure the nested triggers option

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。In Object Explorer, right-click a server, and then select Properties.

  2. [詳細設定] ページで、 [トリガーから他のトリガーの起動を許可する] オプションを [True] (既定) または [False] に設定します。On the Advanced page, set the Allow Triggers to Fire Others option to True (the default) or False.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

nested triggers オプションを構成するにはTo configure the nested triggers option

  1. データベース エンジンDatabase Engineに接続します。Connect to the データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。From the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute. この例では、 sp_configure を使用して、 nested triggers オプションの値を 0に設定する方法を示します。This example shows how to use sp_configure to set the value of the nested triggers option to 0.

USE AdventureWorks2012 ;  
GO  
EXEC sp_configure 'show advanced options', 1;  
GO  
RECONFIGURE ;  
GO  
EXEC sp_configure 'nested triggers', 0 ;  
GO  
RECONFIGURE;  
GO  
  

詳細については、「 サーバー構成オプション (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Server Configuration Options (SQL Server).

補足情報: nested triggers オプションを構成した後Follow Up: After you configure the nested triggers option

新しい設定は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。The setting takes effect immediately without restarting the server.

参照See Also

入れ子になったトリガーの作成 Create Nested Triggers
RECONFIGURE (Transact-SQL) RECONFIGURE (Transact-SQL)
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL)sp_configure (Transact-SQL)