network packet size サーバー構成オプションの構成Configure the network packet size Server Configuration Option

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 または SQL Server 2017SQL Server 2017 を使用して、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio network packet size Transact-SQLTransact-SQLサーバー構成オプションを構成する方法について説明します。This topic describes how to configure the network packet size server configuration option in SQL Server 2017SQL Server 2017 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL. network packet size オプションは、ネットワーク全体で使用するパケット サイズ (バイト単位) を設定します。The network packet size option sets the packet size (in bytes) that is used across the whole network. パケットとは、固定サイズのデータのチャンクで、クライアントとサーバー間で要求および結果を転送します。Packets are the fixed-size chunks of data that transfer requests and results between clients and servers. 既定のパケット サイズは 4,096 バイトです。The default packet size is 4,096 bytes.

注意

パフォーマンスの向上が明確でない限り、パケット サイズは変更しないでください。Do not change the packet size unless you are certain that it will improve performance. 多くのアプリケーションでは、既定のパケット サイズが最適です。For most applications, the default packet size is best.

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

  • 暗号化された接続の最大ネットワーク パケット サイズは 16,383 バイトです。The maximum network packet size for encrypted connections is 16,383 bytes.

注意

MARS が有効な場合、SMUX プロバイダーによって SSL 暗号化の前に 16 バイトのヘッダーがパケットに追加され、最大ネットワーク パケット サイズは 16,368 バイトに減ります。If MARS is enabled, the SMUX provider will add a 16-byte header to the packet before SSL encryption, reducing the maximum network packet size to 16368 bytes.

推奨事項Recommendations

  • このオプションは詳細設定オプションであるため、熟練したデータベース管理者または認定された SQL ServerSQL Server プロフェッショナルだけが変更するようにしてください。This option is an advanced option and should be changed only by an experienced database administrator or certified SQL ServerSQL Server professional.

  • アプリケーションで一括コピー操作を行ったり、大量の text 型または image 型のデータを送受信する場合は、パケット サイズを既定値より大きくすると、ネットワークの読み取りと書き込みの操作が少なくなるので効率が向上することがあります。If an application does bulk copy operations or sends or receives large amounts of text or image data, a packet size larger than the default might improve efficiency because it results in fewer network read-and-write operations. アプリケーションで送受信する情報量が少ない場合は、パケット サイズを 512 バイトに設定できます。これは、ほとんどのデータ転送に十分なサイズです。If an application sends and receives small amounts of information, the packet size can be set to 512 bytes, which is sufficient for most data transfers.

  • 異なるネットワーク プロトコルを使用しているシステムでは、最も一般的に使用されるプロトコル向けのサイズに network packet size を設定します。On systems that are using different network protocols, set network packet size to the size for the most common protocol used. ネットワーク プロトコルで大きなパケットがサポートされるときは、network packet size オプションを設定することでネットワーク パフォーマンスを向上できます。The network packet size option improves network performance when network protocols support larger packets. クライアント アプリケーションはこの値をオーバーライドできます。Client applications can override this value.

  • OLE DB 関数、ODBC (Open Database Connectivity) 関数、および DB-Library 関数を呼び出して、パケット サイズの変更を要求することもできます。You can also call OLE DB, Open Database Connectivity (ODBC), and DB-Library functions request a change the packet size. 要求されたパケット サイズにサーバーが対応できない場合、 データベース エンジンDatabase Engine からクライアントに警告メッセージが送信されます。If the server cannot support the requested packet size, the データベース エンジンDatabase Engine will send a warning message to the client. 環境によっては、パケット サイズを変更すると、次のような通信リンク エラーが発生することがあります。In some circumstances, changing the packet size might lead to a communication link failure, such as the following:

    Native Error: 233, no process is on the other end of the pipe.

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。Execute permissions on sp_configure with no parameters or with only the first parameter are granted to all users by default. 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。To execute sp_configure with both parameters to change a configuration option or to run the RECONFIGURE statement, a user must be granted the ALTER SETTINGS server-level permission. ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。The ALTER SETTINGS permission is implicitly held by the sysadmin and serveradmin fixed server roles.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

network packet size オプションを構成するにはTo configure the network packet size option

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。In Object Explorer, right-click a server and select Properties.

  2. [詳細設定] ノードをクリックします。Click the Advanced node.

  3. [ネットワーク][ネットワーク パケット サイズ] ボックスに値を指定します。Under Network, select a value for the Network Packet Size box.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

network packet size オプションを構成するにはTo configure the network packet size option

  1. データベース エンジンDatabase Engineに接続します。Connect to the データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。From the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute. この例では、 sp_configure を使用して、 network packet size オプションの値を 6500 バイトに設定する方法を示します。This example shows how to use sp_configure to set the value of the network packet size option to 6500 bytes.

USE AdventureWorks2012 ;  
GO  
EXEC sp_configure 'show advanced options', 1;  
GO  
RECONFIGURE ;  
GO  
EXEC sp_configure 'network packet size', 6500 ;  
GO  
RECONFIGURE;  
GO  
  

詳細については、「 サーバー構成オプション (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Server Configuration Options (SQL Server).

補足情報: network packet size オプションを構成した後Follow Up: After you configure the network packet size option

新しい設定は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。The setting takes effect immediately without restarting the server.

参照See Also

RECONFIGURE (Transact-SQL) RECONFIGURE (Transact-SQL)
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL)sp_configure (Transact-SQL)