priority boost サーバー構成オプションの構成Configure the priority boost Server Configuration Option

このトピックに適用されますはいSQL ServerありませんAzure SQL DatabaseありませんAzure SQL Data Warehouseありません。並列データ ウェアハウスTHIS TOPIC APPLIES TO: yesSQL ServernoAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 または SQL Server 2017SQL Server 2017 を使用して、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio priority boost Transact-SQLTransact-SQL構成オプションを構成する方法について説明します。This topic describes how to configure the priority boost configuration option in SQL Server 2017SQL Server 2017 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL. オプションは、 MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server MicrosoftMicrosoft を実行するかどうかを指定するために使用します。Use the priority boost option to specify whether MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server should run at a higher MicrosoftMicrosoft Windows 2008 or Windows 2008 R2 scheduling priority than other processes on the same computer. このオプションを 1 に設定すると、 SQL ServerSQL Server は、Windows 2008 または Windows Server 2008 R2 のスケジューラで優先度ベース 13 で実行されます。If you set this option to 1, SQL ServerSQL Server runs at a priority base of 13 in the Windows 2008 or Windows Server 2008 R2 scheduler. 既定値は 0 (優先度ベース 7) です。The default is 0, which is a priority base of 7.


この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。This feature will be removed in a future version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションはできるだけ早く修正してください。Do not use this feature in new development work, and modify applications that currently use this feature as soon as possible.

このトピックの内容In This Topic

作業を開始する準備Before You Begin

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

  • この優先度を高くしすぎると、オペレーティング システムやネットワーク機能の重要なリソースを奪うことになり、その結果、SQL Server のシャットダウン時に障害が発生する場合や、オペレーティング システムの他のタスクをサーバー上で実行できなくなる場合があります。Raising the priority too high may drain resources from essential operating system and network functions, resulting in problems shutting down SQL Server or using other operating system tasks on the server.



パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。Execute permissions on sp_configure with no parameters or with only the first parameter are granted to all users by default. 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。To execute sp_configure with both parameters to change a configuration option or to run the RECONFIGURE statement, a user must be granted the ALTER SETTINGS server-level permission. ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。The ALTER SETTINGS permission is implicitly held by the sysadmin and serveradmin fixed server roles.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

priority boost オプションを構成するにはTo configure the priority boost option

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックし、 [プロパティ]をクリックします。In Object Explorer, right-click a server and select Properties.

  2. [プロセッサ] ノードをクリックします。Click the Processors node.

  3. [スレッド][SQL Server の優先度を上げる] チェック ボックスをオンにします。Under Threads, select the Boost SQL Server priority check box.

  4. SQL ServerSQL Serverを停止して再起動します。Stop and restart SQL ServerSQL Server.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

priority boost オプションを構成するにはTo configure the priority boost option

  1. データベース エンジンDatabase Engineに接続します。Connect to the データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ]をクリックします。From the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行]をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute. この例では、 sp_configure を使用して、 priority boost オプションの値を 1に設定する方法を示します。This example shows how to use sp_configure to set the value of the priority boost option to 1.

USE AdventureWorks2012 ;  
EXEC sp_configure 'show advanced options', 1;  
EXEC sp_configure 'priority boost', 1 ;  

詳細については、「 サーバー構成オプション (SQL Server)構成オプションを構成する方法について説明します。For more information, see Server Configuration Options (SQL Server).

補足情報: priority boost オプションを構成した後Follow Up: After you configure the priority boost option

設定を有効にするには、サーバーを再起動する必要があります。The server must be restarted before the setting can take effect.

参照See Also

サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL)sp_configure (Transact-SQL)