recovery interval サーバー構成オプションの構成Configure the recovery interval Server Configuration Option

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 または を使用して、 SQL Server 2017SQL Server 2017SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio recovery interval Transact-SQLTransact-SQLサーバー構成オプションを構成する方法について説明します。This topic describes how to configure the recovery interval server configuration option in SQL Server 2017SQL Server 2017 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL. recovery interval オプションは、データベースの復旧に必要な時間の上限を定義します。The recovery interval option defines an upper limit on the time recovering a database should take. SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine は、このオプションに指定された値を使って、自動チェックポイントが特定のデータベースに対して発行されるおおよその頻度を決定します。The SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine uses the value specified for this option to determine approximately how often to issue automatic checkpoints on a given database.

recovery-interval の既定値は 0 で、 データベース エンジンDatabase Engine によって自動的に復旧間隔が構成されます。The default recovery-interval value is 0, which allows the データベース エンジンDatabase Engine to automatically configure the recovery interval. 既定の recovery interval では、通常、アクティブなデータベースの自動チェックポイントの発生間隔は約 1 分、復旧時間は 1 分未満になります。Typically, the default recovery interval results in automatic checkpoints occurring approximately once a minute for active databases and a recovery time of less than one minute. 既定値より大きな値は、おおよその最大リカバリ時間 (分単位) を示します。Higher values indicate the approximate maximum recovery time, in minutes. たとえば、recovery interval を '3' に設定した場合は、最大リカバリ時間は約 3 分になります。For example, setting the recovery interval to 3 indicates a maximum recovery time of approximately three minutes.

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

  • recovery interval が作用するのは、既定のターゲット復旧時間 (0) を使用するデータベースだけです。The recovery interval affects only databases that use the default target recovery time (0). データベース上のサーバー復旧間隔をオーバーライドするには、データベースの既定のターゲット復旧時間を既定以外の値に変更します。To override the server recovery interval on a database, configure a non-default target recovery time on the database. 詳細については、「 データベースのターゲットの復旧時間の変更 (SQL Server)サーバー構成オプションを構成する方法について説明します。For more information, see Change the Target Recovery Time of a Database (SQL Server).

推奨事項Recommendations

  • このオプションは詳細設定オプションであるため、熟練したデータベース管理者または認定された SQL ServerSQL Server プロフェッショナルだけが変更するようにしてください。This option is an advanced option and should be changed only by an experienced database administrator or certified SQL ServerSQL Server professional.

  • 通常は、パフォーマンス上の問題が発生する場合を除いて、recovery interval は 0 のままにすることをお勧めします。Typically, we recommend that you keep the recovery interval at 0, unless you experience performance problems. recovery interval 設定を長くする場合には、少しずつ値を増やして、そのたびに復旧のパフォーマンスへの影響を評価することをお勧めします。If you decide to increase the recovery-interval setting, we recommend increasing it gradually by small increments and evaluating the effect of each incremental increase on recovery performance.

  • sp_configure を使用し、recovery interval オプションの値を 60 (分) よりも大きくするには、RECONFIGURE WITH OVERRIDE を指定する必要があります。If you use sp_configure to change the value of the recovery interval option to more than 60 (minutes), specify RECONFIGURE WITH OVERRIDE. WITH OVERRIDE は、構成値のチェック (無効な値や非推奨値のチェック) を無効にします。WITH OVERRIDE disables configuration value checking (for values that are not valid or are nonrecommended values).

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。Execute permissions on sp_configure with no parameters or with only the first parameter are granted to all users by default. 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。To execute sp_configure with both parameters to change a configuration option or to run the RECONFIGURE statement, a user must be granted the ALTER SETTINGS server-level permission. ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。The ALTER SETTINGS permission is implicitly held by the sysadmin and serveradmin fixed server roles.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

復旧間隔を設定するにはTo set the recovery interval

  1. オブジェクト エクスプローラーでサーバー インスタンスを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。In Object Explorer, right-click server instance and select Properties.

  2. [データベースの設定] ノードをクリックします。Click the Database settings node.

  3. [復旧][復旧間隔 (分単位)] ボックスで、0 ~ 32767 の値を入力するか選択して、 SQL ServerSQL Server が起動時に各データベースの復旧に要する最大時間を分単位で設定します。Under Recovery, in the Recovery interval (minutes) box, type or select a value from 0 through 32767 to set the maximum amount of time, in minutes, that SQL ServerSQL Server should spend recovering each database at startup. 既定値は 0 です。0 の場合、 SQL ServerSQL Serverによって自動的に構成されます。The default is 0, indicating automatic configuration by SQL ServerSQL Server. 実際には、復旧時間が 1 分未満で、アクティブなデータベースのチェックポイントは約 1 分間隔になります。In practice, this means a recovery time of less than one minute and a checkpoint approximately every one minute for active databases.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

復旧間隔を設定するにはTo set the recovery interval

  1. データベース エンジンDatabase Engineに接続します。Connect to the データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。From the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute. この例では、 sp_configure を使用して、 recovery interval オプションの値を 3 分に設定する方法を示します。This example shows how to use sp_configure to set the value of the recovery interval option to 3 minutes.

USE AdventureWorks2012 ;  
GO  
EXEC sp_configure 'show advanced options', 1;  
GO  
RECONFIGURE ;  
GO  
EXEC sp_configure 'recovery interval', 3 ;  
GO  
RECONFIGURE;  
GO  
  

詳細については、「 サーバー構成オプション (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Server Configuration Options (SQL Server).

補足情報: recovery internal オプションを構成した後Follow Up: After you configure the recovery internal option

新しい設定は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。The setting takes effect immediately without restarting the server.

参照See Also

データベースのターゲットの復旧時間の変更 (SQL Server) Change the Target Recovery Time of a Database (SQL Server)
データベース チェックポイント (SQL Server) Database Checkpoints (SQL Server)
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL) sp_configure (Transact-SQL)
show advanced options サーバー構成オプション show advanced options Server Configuration Option
RECONFIGURE (Transact-SQL)RECONFIGURE (Transact-SQL)