remote query timeout サーバー構成オプションの構成Configure the remote query timeout Server Configuration Option

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、SQL Server Management StudioSQL Server Management StudioまたはTransact-SQLTransact-SQLを利用してSQL Server 2017SQL Server 2017remote query timeout サーバー構成オプションを構成する方法について説明します。This topic describes how to configure the remote query timeout server configuration option in SQL Server 2017SQL Server 2017 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL. remote query timeout オプションは、リモート操作を実行してから SQL ServerSQL Server がタイムアウトになるまでの時間 (秒単位) を指定します。このオプションの既定値は 600 で、10 分間の待機時間が見込まれています。The remote query timeout option specifies how long, in seconds, a remote operation can take before SQL ServerSQL Server times out. The default value for this option is 600, which allows a 10-minute wait. この値は、データベース エンジンDatabase Engine によってリモート クエリとして開始された発信接続に適用されます。This value applies to an outgoing connection initiated by the データベース エンジンDatabase Engine as a remote query. この値は、データベース エンジンDatabase Engineが受信したクエリには影響を与えません。This value has no effect on queries received by the データベース エンジンDatabase Engine. タイムアウトを無効にするには、値を 0 に設定します。To disable the time-out, set the value to 0. クエリは完了するまで待機します。A query will wait until it completes.

異種クエリの場合、 remote query timeout は、リモート プロバイダーが結果セットを待機する場合のクエリのタイムアウト時間を秒数で指定します。この値は、DBPROP_COMMANDTIMEOUT 行セット プロパティを使用してコマンド オブジェクトで初期化されます。また、リモート プロバイダーで DBPROP_GENERALTIMEOUT がサポートされている場合、この値は DBPROP_GENERALTIMEOUT の設定にも使用されます。For heterogeneous queries, remote query timeout specifies the number of seconds (initialized in the command object using the DBPROP_COMMANDTIMEOUT rowset property) that a remote provider should wait for result sets before the query times out. This value is also used to set DBPROP_GENERALTIMEOUT if supported by the remote provider. これによって、他の操作に対しても、指定した秒数の後にタイムアウトが適用されます。This will cause any other operations to time out after the specified number of seconds.

リモート ストアド プロシージャの場合、 remote query timeout は、リモート EXEC ステートメントを送信してからリモート ストアド プロシージャがタイムアウトするまでの経過時間を指定します。For remote stored procedures, remote query timeout specifies the number of seconds that must elapse after sending a remote EXEC statement before the remote stored procedure times out.

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

前提条件Prerequisites

  • この値を設定するには、あらかじめリモート サーバー接続が許可されている必要があります。Remote server connections must be allowed before this value can be set.

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。Execute permissions on sp_configure with no parameters or with only the first parameter are granted to all users by default. 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。To execute sp_configure with both parameters to change a configuration option or to run the RECONFIGURE statement, a user must be granted the ALTER SETTINGS server-level permission. ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。The ALTER SETTINGS permission is implicitly held by the sysadmin and serveradmin fixed server roles.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

remote query timeout オプションを構成するにはTo configure the remote query timeout option

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。In Object Explorer, right-click a server and select Properties.

  2. [接続] ノードをクリックします。Click the Connections node.

  3. [リモート サーバー接続][リモート クエリ タイムアウト] ボックスで、0 ~ 2,147,483,647 の値を入力するか選択し、 SQL ServerSQL Server がタイムアウトするまでの最大秒数を設定します。Under Remote server connections, in the Remote query timeout box, type or select a value from 0 through 2,147,483,647 to set the maximum number seconds for SQL ServerSQL Server to wait before timing out.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

remote query timeout オプションを構成するにはTo configure the remote query timeout option

  1. データベース エンジンDatabase Engineに接続します。Connect to the データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。From the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute. この例では、 sp_configure を使用して remote query timeout オプションの値を 0 に設定し、タイムアウトを無効にする方法を示します。This example shows how to use sp_configure to set the value of the remote query timeout option to 0 to disable the time-out.

USE AdventureWorks2012 ;  
GO  
EXEC sp_configure 'remote query timeout', 0 ;  
GO  
RECONFIGURE ;  
GO  
  

詳細については、「 サーバー構成オプション (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Server Configuration Options (SQL Server).

補足情報: remote query timeout オプションを構成した後Follow Up: After you configure the remote query timeout option

新しい設定は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。The setting takes effect immediately without restarting the server.

参照See Also

RECONFIGURE (Transact-SQL) RECONFIGURE (Transact-SQL)
行セットのプロパティと動作 Rowset Properties and Behaviors
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL)sp_configure (Transact-SQL)