two digit year cutoff サーバー構成オプションの構成

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このトピックでは、SQL Server Management Studio または transact-sql SQL を使用して SQL Server のtwo digit year 締サーバー構成オプションを構成する方法について説明します。 two digit year cutoff オプションでは、2 桁の年を 4 桁の西暦年として解釈する場合に世紀の区切りとする年 (終了年) を 1753 ~ 9999 の整数で指定します。 SQL Server の既定の期間は1950-2049 です。これは、2049の終了年を表します。 つまり、SQL Server は、49の2桁の年を2049、50を1950として、2桁の西暦を99として解釈します。 旧バージョンとの互換性を保つため、この設定は既定値のままにします。

このトピックの内容

はじめに

推奨事項

  • このオプションは詳細設定オプションであるため、熟練したデータベース管理者または認定された SQL Server プロフェッショナルだけが変更するようにしてください。

  • OLE オートメーション オブジェクトでは、2 桁の西暦の終了年として 2030 が使用されます。 2 桁の年の切り捨てオプションを使用すると、SQL Server とクライアントアプリケーションの間の日付値の一貫性を確保できます。

  • あいまいな日付で混乱するのを防ぐために、常に 4 桁で年を表記してください。

セキュリティ

アクセス許可

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。 ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。

SQL Server Management Studio を使用する

two digit year cutoff オプションを構成するには

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。

  2. [その他のサーバーの設定] ノードをクリックします。

  3. [2 桁の年のサポート][2 桁の年を以下の間にある年として解釈] ボックスに、期間の終了する年を入力または選択します。

Transact-SQL の使用

two digit year cutoff オプションを構成するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。 この例では、 sp_configureを使用してオプションの値をに 2030 設定する方法を示します。

USE AdventureWorks2012 ;  
GO  
EXEC sp_configure 'show advanced options', 1;  
GO  
RECONFIGURE ;  
GO  
EXEC sp_configure 'two digit year cutoff', 2030 ;  
GO  
RECONFIGURE;  
GO  
  

詳細については、「サーバー構成オプション (SQL Server)」を参照してください。

補足情報: two digit year cutoff オプションを構成した後

新しい設定は、サーバーを再起動しなくてもすぐに有効になります。

参照

サーバー構成オプション (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL)
RECONFIGURE (Transact-SQL)