user connections サーバー構成オプションの構成Configure the user connections Server Configuration Option

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 または SQL Server 2017SQL Server 2017 を使用して、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio user connections Transact-SQLTransact-SQLサーバー構成オプションを構成する方法について説明します。This topic describes how to set the user connections server configuration option in SQL Server 2017SQL Server 2017 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL. user connections オプションは、 SQL ServerSQL Serverのインスタンスで許可される同時ユーザー接続の最大数を指定します。The user connections option specifies the maximum number of simultaneous user connections that are allowed on an instance of SQL ServerSQL Server. 許可される実際のユーザー接続数は、使用している SQL ServerSQL Server のバージョンと、使用しているアプリケーションおよびハードウェアの制限によって異なります。The actual number of user connections allowed also depends on the version of SQL ServerSQL Server that you are using, and also the limits of your application or applications and hardware. SQL ServerSQL Server では、最大 32,767 個のユーザー接続を確立できます。allows a maximum of 32,767 user connections. User Connections はサーバー自身が構成する動的なオプションなので、ユーザー接続の最大数は必要に応じて自動的に SQL ServerSQL Server によって最大許容範囲内で調整されます。Because user connections is a dynamic (self-configuring) option, SQL ServerSQL Server adjusts the maximum number of user connections automatically as needed, up to the maximum value allowable. たとえば、10 人のユーザーがログインしている場合、10 個のユーザー接続オブジェクトが割り当てられます。For example, if only 10 users are logged in, 10 user connection objects are allocated. ほとんどの場合は、このオプションの値を変更する必要はありません。In most cases, you do not have to change the value for this option. 既定は 0 で、最大数 (32,767) のユーザー接続を許可することを示します。The default is 0, which means that the maximum (32,767) user connections are allowed.

システムで許可されるユーザー接続の最大数を決定するには、 sp_configure を使用するか、または sys.configuration カタログ ビューに対してクエリを実行します。To determine the maximum number of user connections that your system allows, you can execute sp_configure or query the sys.configuration catalog view.

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

推奨事項Recommendations

  • このオプションは詳細設定オプションであるため、熟練したデータベース管理者または認定された SQL ServerSQL Server プロフェッショナルだけが変更するようにしてください。This option is an advanced option and should be changed only by an experienced database administrator or certified SQL ServerSQL Server professional.

  • User Connections オプションを使用すると、コンカレント接続数が多すぎてサーバーが過負荷になるのを防ぐことができます。Using the user connections option helps avoid overloading the server with too many concurrent connections. 接続数は、システムやユーザーの必要条件に基づいて予測できます。You can estimate the number of connections based on system and user requirements. たとえば、ユーザー数が多いシステムの場合、通常はどのユーザーにも専用の接続が必要なわけではありません。For example, on a system with many users, each user would not usually require a unique connection. 接続は、ユーザー間で共有できます。Connections can be shared among users. OLE DB アプリケーションを実行しているユーザーの場合は、開いている接続オブジェクトごとに 1 つの接続が必要であり、ODBC (Open Database Connectivity) アプリケーションを実行しているユーザーの場合は、アプリケーション内のアクティブな接続ハンドルごとに 1 つの接続が必要です。また、DB-Library アプリケーションを実行しているユーザーの場合は、DB-Library の dbopen 関数を呼び出すプロセスが開始されるたびに 1 つの接続が必要です。Users running OLE DB applications need a connection for each open connection object, users running Open Database Connectivity (ODBC) applications need a connection for each active connection handle in the application, and users running DB-Library applications need one connection for each process started that calls the DB-Library dbopen function.

    重要

    このオプションを使用する必要がある場合、値を大きくしすぎないでください。1 つ接続すると、その接続が使用中であるかどうかに関係なくオーバーヘッドが生じます。If you must use this option, do not set the value too high, because each connection has overhead regardless of whether the connection is being used. ユーザー接続の最大数を超えると、エラー メッセージが表示され、別の接続が使用可能になるまで接続できなくなります。If you exceed the maximum number of user connections, you receive an error message and are not able to connect until another connection becomes available.

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

パラメーターなしで、または最初のパラメーターだけを指定して sp_configure を実行する権限は、既定ですべてのユーザーに付与されます。Execute permissions on sp_configure with no parameters or with only the first parameter are granted to all users by default. 両方のパラメーターを指定して sp_configure を実行し構成オプションを変更したり RECONFIGURE ステートメントを実行したりするには、ALTER SETTINGS サーバーレベル権限がユーザーに付与されている必要があります。To execute sp_configure with both parameters to change a configuration option or to run the RECONFIGURE statement, a user must be granted the ALTER SETTINGS server-level permission. ALTER SETTINGS 権限は、 sysadmin 固定サーバー ロールと serveradmin 固定サーバー ロールでは暗黙のうちに付与されています。The ALTER SETTINGS permission is implicitly held by the sysadmin and serveradmin fixed server roles.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

user connections オプションを構成するにはTo configure the user connections option

  1. オブジェクト エクスプローラーで、サーバーを右クリックして [プロパティ] をクリックします。In Object Explorer, right-click a server and click Properties.

  2. [接続] ノードをクリックします。Click the Connections node.

  3. [接続][コンカレント接続の最大数] ボックスで 0 から 32767 までの値を入力するか選択し、 SQL ServerSQL Serverのインスタンスに同時に接続できるユーザーの最大数を指定します。Under Connections, in the Max number of concurrent connections box, type or select a value from 0 through 32767 to set the maximum number of users that are allowed to connect simultaneously to the instance of SQL ServerSQL Server.

  4. SQL ServerSQL Serverを再起動します。Restart SQL ServerSQL Server.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

user connections オプションを構成するにはTo configure the user connections option

  1. データベース エンジンDatabase Engineに接続します。Connect to the データベース エンジンDatabase Engine.

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。From the Standard bar, click New Query.

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。Copy and paste the following example into the query window and click Execute. この例では、 sp_configure を使用して user connections オプションの値を 325 ユーザーに設定する方法を示します。This example shows how to use sp_configure to configure the value of the user connections option to 325 users.

USE AdventureWorks2012 ;  
GO  
EXEC sp_configure 'show advanced options', 1;  
GO  
RECONFIGURE ;  
GO  
EXEC sp_configure 'user connections', 325 ;  
GO  
RECONFIGURE;  
GO  
  

詳細については、「 サーバー構成オプション (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Server Configuration Options (SQL Server).

補足情報: user connections オプションを構成した後Follow Up: After you configure the user connections option

設定を有効にするには、サーバーを再起動する必要があります。The server must be restarted before the setting can take effect.

参照See Also

RECONFIGURE (Transact-SQL) RECONFIGURE (Transact-SQL)
サーバー構成オプション (SQL Server) Server Configuration Options (SQL Server)
sp_configure (Transact-SQL)sp_configure (Transact-SQL)